東京の合唱(コーラス)の作品情報・感想・評価

東京の合唱(コーラス)1931年製作の映画)

製作国:

上映時間:90分

ジャンル:

3.7

「東京の合唱(コーラス)」に投稿された感想・評価

犬

犬の感想・評価

-
「手放しで泣ける子どもが羨ましい」「熊が逃げ出したって僕等の人生には関わりない」無声ゆえに中間字幕の台詞が痛切ではあるが、最後はちゃんと救いの手を差し伸べてくれる。
桂木

桂木の感想・評価

-
お腹、ケツかく仕草が遺伝してる
子供を外に連れてって奥さんが窓から花火みれたのよい
夫婦で下を向くシーン
RABA

RABAの感想・評価

4.1
好き!!!主人公の顔の彫りが深くてイケメン。少しクスッと笑える。合唱ってそこか!ってなった。失業都市東京。カレーライスが食べたくなります。
1931年の小津安二郎監督のサイレント映画。世界恐慌の不景気が続く中、失業したサラリーマン家族を描いてる。うまくできてるね。本当に小津映画は子どもの描写がリアルでいつも感心する。子役時代の高峰秀子が出てるのも見どころ。ユーモアと悲哀あふれる演出と映像のリズムの良さは見事!

あと、どうでもいいことだけど、ライスカレーがあまりおいしそうに見えなかった。皿の上に平たくご飯を乗せて、その上からルーをかけてて見栄えが悪いよなあ。それに、どう見てもルーの量が少ないような。
yuka

yukaの感想・評価

3.7
なかなか陰気な映画

男は東京での生存競争に敗れ、一家を養うため地方に職を得る

恩師との遭遇と同窓会での懐かしい歌の合唱という流れは後年の小津作品でしばしば繰り返される
てぃだ

てぃだの感想・評価

4.0
サイレントだけど
とても面白かった


コーラスなんて
どこで出てくる?
と思ったらそこかい


奥さん役どっかで見た事あるなぁと
思ったら「その夜の妻」の美人奥さまか


高峰秀子が出てるっていうから
何役だろうと思ったら
まさかの長女役でびっくりした
xxx

xxxの感想・評価

3.6
小津が描く 何かを受け入れた瞬間の人間の表情はとても美しい。
wong

wongの感想・評価

3.5
教育期間で教えを請うたあの時。
教え子は成長し、東京で働く。
あの時の恩師は、細々と飲食店を
営む。立場の逆転のようで、
その飲食の場では教え子達に
また新たな道を示し、教える。

変わったことをシニカルみせつつ
全体の勢力が変わらないことが
とても美しく感じた。
olf

olfの感想・評価

3.7
貧困と家族の話って今も完全にマッチするくらいに昔と変わってないんだな〜〜〜父ちゃんすげえ良いやつだと私は思うぞ〜〜
zhenli13

zhenli13の感想・評価

4.3
家長父制ってまるで大昔からずっとあったみたいに言われるけど、全然そんなことなかったんだろうな。
八雲恵美子は子どもの約束を守れなかった夫を叱責するし、失業しビラ配りをしていた夫へ意見もする。岡田時彦もときに奥さんのかわりにむちむちした赤ん坊を抱え、病床から帰宅した長女と長男と共に車座になり嬉しそうに手遊びをしたりする。
大学出の東京のサラリーマン家庭などは当時の人口比から言ったら一般的ではないかもしれないけど、世界恐慌のあおりか失業者が続出した東京の様子も含め、現代とリンクするものがある。

病院の床に座る父と子の足のショットが好い。ひまわりの咲く竹の柵の前やビル街を歩く姿などを真横からパンしていくショットはカラックス『汚れた血』か。

子どもの勢いある描写にはスケッチやクロッキーのようないきいきとした瞬発力がある。そこに岡田時彦と八雲恵美子も「カロリー軒」の奥さん飯田蝶子もきちんと寄り添っているようすに胸が熱くなる。かぼちゃパンツに腹巻きのデコちゃんはもとより、子役の男の子が一生懸命歌ってる表情見てるだけで泣けてくる。
そのいきいきとした子どもたちの延長上に冒頭の学生時代の体操シーンがある。不真面目ですぐ怠け、権力に対して背中で舌を出すかつての岡田時彦とその仲間たちが描かれる。
教員を辞めた中華そば屋のおやじはどの小津作品だったか…あの東野英治郎は本当に哀れだった。「一皿満腹主義 カロリー軒」を営む元教員の斉藤達雄は教え子たちに受け入れられ、ほんのひと時朗らかに寮歌を合唱できた。
なかなか思うようにならない岡田時彦と八雲恵美子の生活を予見しながらも、飯田蝶子のリズミカルで楽しげなキャベツの千切りと、小麦粉でトロッとして黄色っぽそうなカレーライスが温かな会食を彩る。カロリー軒。いい名前だなぁ。
>|