ドラゴンボール 神龍の伝説の作品情報・感想・評価

ドラゴンボール 神龍の伝説1986年製作の映画)

製作国:

上映時間:50分

ジャンル:

3.1

「ドラゴンボール 神龍の伝説」に投稿された感想・評価

mitakosama

mitakosamaの感想・評価

3.3
DB映画第1弾。Zが基本的に外伝的な物語に対して、無印DB映画は基本パラレル系の物語。

ぶっちゃけZの“オラの悟飯をかえせ”〜“龍拳爆発”までは、物語はマンネリ。テレビ・原作に準じた敵キャラが登場し、戦って勝つ。毎回敵が違うだけで内容は一緒。

それに比べ、無印DB映画は脚本はちゃんとしてる。原作を搔い摘んで取捨選択し、新キャラを投入し物語を再構築している。
実はストーリーは無印の方がずっとシッカリしてるんだよね。

あとは好みの問題。パラレル系の無印映画か、(一応)正伝のZ映画か。

今作は悟空とブルマの出会いと冒険の始まり。ウーロン・ヤムチャ・プーアル・亀仙人との出会い。この辺は原作に準じてる。
コレにプラスして、敵が新規設定に変わってる。グルメス大王が軍隊を引き連れ村を襲い、少女パンジが悟空らに救いを求める。
悟空ら一行とグルメス大王軍とのドラゴンボール争奪戦。

実は劇場用に再編集する際に、最も適切な処置をしたと思う。
映画である以上は、全体を通した敵役を作る必要があるもんな。(原作では兎・人参化や牛魔王やピラフ一味など、敵が分散していた。)

後に作った“最強への道”も映画前編を通した敵をRR軍に変更したが、至極真っ当な変更だと思う。

原作だと「ギャルのパンティおーくれ!」で神龍の願いを叶えるが、これも映画版らしく変更。

グルメス大王や配下のボンゴ・パスタにあまり魅力が無いのが勿体ないが、映画として良く出来てると思う。
駁

駁の感想・評価

3.1
イイ!∑d(・ω・`)リンゴ
でら

でらの感想・評価

3.2
山奥のどっかで暮らしてるシッポの生えた少年の事を何度でも見たい。うまい原作ダイジェスト版て感じ。この頃の雰囲気が永遠に好き。女の子キャラがめちゃくちゃかわいいし悟空が本当にかわいい。
よくある、原作をダイジェストで映画化したパターンかと思ったら
原作序盤のクリリン以外の主要キャラとの出会いを高速でこなしつつオリジナルストーリーに展開していくという力技。しかも全編50分の短編。
そのわりに(原作を知っているからか?)ちゃんとストーリーも入ってくるし、下手に原作をダイジェストでするよりもよく出来てると思う。
ドラゴンボール劇場版の第1弾。

ブルマとの出会いから始まるストーリーを映画オリジナルで進めていく。


東映まんがまつりの作品なので短く、レッドリボン軍も出てこなければ、原作との差異が気になる人には気になるかも。
しかし、悟空というキャラが悟空であるかぎり、DBは面白い。

そしてこの頃の悟空はアニメで見るとよりかわいいな。
まきし

まきしの感想・評価

3.0
2019/07/02 Netflix 827作品目
原作とは違うパラレルワールドでの話で原作にないヤムチャと悟空の剣と如意棒を使う珍しいバトルが観れる。

子供向けだけど普通に面白かった!



amazon prime video1回
アマゾンプライムにて。ドラゴンボール劇場版はパラレルワールド的要素が強いが、こちらは原作要素も有り 悟空とヤムチャの闘いって貴重
kaz

kazの感想・評価

2.0
通勤鑑賞38作目。

劇場版第1作目、らしい。

「ドラゴンボール 最強への道」が本作のリブートなのか?本作と構成がほぼ同じ。しかし、「最強への道」の出来が良過ぎた。

本作がしょーもなく感じる。

当時としては、ワクワクしたのかもしれないが、やっぱり今観ると物足りない。

星は2つ。3つは無いかな。2.8とか。


あと、亀仙人だけはずっとブレずにパフパフ言ってて安心した。こんな爺さんになりたい。
>|