刑事コロンボのドラマ情報・感想・評価・動画配信

刑事コロンボ1968年製作のドラマ)

COLUMBO

製作国:

4.3

あらすじ

「刑事コロンボ」に投稿された感想・評価

製作から約50年を迎えても未だにBSなどで定期的に再放送が行われる大人気ドラマ…

言わずと知れた日本版に脚色され、これまた人気となったのが三谷幸喜作「古畑任三郎」だ

最初から犯人は誰なのかが分かっていて、その犯人を追い詰めていく、いわゆる出落ちドラマの走り…

コロンボの見掛けと、優秀な推察力、粘り(しつこさ)に狡猾で高慢な犯人達を陥落させる様を見せるのが このドラマの真骨頂…根強いファンが居るのも頷ける

見掛けや設定こそ違うが、現在も日本でやっている「相棒シリーズ」の主人公、水谷豊演じる杉下右京も相当にコロンボのキャラクターが反映されていると思う

それにしても名エピソードが多い、犯人役が名優ドナルド・プレザンスの「別れのワイン」は良い
紅茶

紅茶の感想・評価

4.0
0
 こちらスカパーで見てましたw
 犯罪捜査ドラマなんだけど見ごたえあるよね。当時の有名スターが犯人役で出演し、最初から犯人視点なんだよね!
 犯人と同じようにコロンボを迎え入れるんだけど、段々コロンボの追撃がウザくなっていくww(でも好き)
 相棒とかでもおなじみの「あと一ついいですか?」とか「うちのかみさんが」などの名台詞もありますが、なんといっても醍醐味はどこでどうコロンボは気付いたのか、追い詰めるのかですよね!

 また才色兼備頭脳明晰な犯人が追い詰められ、コロンボにどう脱帽するのかも気になってしまう作りです。そして犯人は、とってもスマートでかっこいいエンディングを迎えるんですよねぇw
カステラ

カステラの感想・評価

3.7
0

このレビューはネタバレを含みます

うちのカミさんがねぇ
アンジー

アンジーの感想・評価

3.8
0
自縛の紐、野望の果て、2枚のドカの絵、溶ける糸、仮面の男、あたりかな。小池朝雄の演技が逸品の吹き替え。

このレビューはネタバレを含みます

印象深いシーンを思い出すと、見返したくなる。
「絶たれた音」のチェスのシーンとか
「歌声の消えた海」で船中を走り回るコロンボとか
「祝砲の挽歌」の訓練生たちの告白とか

あとはトリックで覚えてて「あれどれだっけ」で見返したり
「糸をすり替えたやつ」(溶ける糸)
「手袋してたやつ」(二枚のドガの絵)
「ワインの味が変わってて」(別れのワイン)

見てガチはまりしたきっかけは「秒読みの殺人」だけど、一番好きなのはやっぱり「ロンドンの傘」かな、「忘れられたスター」も好き
しょっちゅう変わるけど
nekopug

nekopugの感想・評価

-
0
🤗
ぴい蔵

ぴい蔵の感想・評価

4.5
0
ピーターフォークは色褪せない
すぎもん

すぎもんの感想・評価

5.0
0
私的ランキング

1位:二枚のドガの絵
2位:溶ける糸
3位:断たれた音
4位:野望の果て
5位:逆転の構図
6位:権力の墓穴
7位:祝砲の挽歌
8位:策謀の結末
9位:白鳥の歌
10位:殺しの序曲
人和

人和の感想・評価

4.3
0

このレビューはネタバレを含みます

ダレダレのコートやオンボロ車を見ると、いつも笑ってしまう。
というか、コロンボのやる気のなさ感とマッチしすぎているくらいだ。
グロシーンなどがないため、家族で楽しく見れるドラマだ。
コロンボあるあるの最後に1つだけ質問いいですか?と言いながら2、3回連続で質問する場面はいつ見ても面白い。
ちなみに自分が一番好きな話は、ロンドンの傘。
>|