赤い殺意の作品情報・感想・評価

「赤い殺意」に投稿された感想・評価

小林

小林の感想・評価

4.2
これまたすごい作品
『にっぽん昆虫記』からさらに撮影も編集も鋭くなっていて、鉄道のスピード感と部屋の中に吹き込む煙は圧巻(そしてどこかロシア映画っぽい)
個人的には『にっぽん昆虫記』の方がよかったですが
nagashing

nagashingの感想・評価

4.5
ダイナミックな構図とカメラワークのなかで雪や蒸気のドラマチックな運動を捕捉する姫田真佐久の撮影が最高。鈍重そうに見えながらいっさいがっさいを包摂していく春川ますみの肉感的な身体表現も強烈だし、女の生活に寄りそいながらリピドーもデストルドーもあおってくる蒸気機関車の異様な存在感、暗闇のなかに前照灯で浮かび上がるフォルムの異形さもヤバい。露口茂の泣き言めいた求愛や楠侑子のねちっこい媚態などの粘着的な不穏要素をいっきに霧散させるかのごとく、後者のからだが見事に跳ね飛ばされるさまは爽快ですらあった。
今村本人にとってもベストの一作だったようで、「春川ますみというブサイクなでかい女が、なんか、自己主張はじめるようなところが気にいっている」 らしい。主演女優にたいして率直すぎるもの言いと作った当人にしてはかなり雑な総括が笑える。
たなか

たなかの感想・評価

4.8

このレビューはネタバレを含みます

東北訛りがどうしても雰囲気を真っ暗にしてくれないのは狙っての事なんだろうか(さしはさまれる老婆たちのぶつくさは気色悪くてたまらなかったが)
春川ますみが悲惨な目に会いまくるのだがちょっとコミカルに感じてしまうのはあの豊満なサイズ感のせいなのだろうか

映画館で観たのでブラックユーモアとしてここで笑っていいものか…と苦悶してしまうところが多数あったのだが、内容はやはりキツかった

鉄道はメタファーにうってつけなんだなーとも久しぶりに思いました
路面電車を降りてまた戻る時の映像は、割りと今のご時世的にはありふれてるのかもしれないけど息を飲みました、とても静かで美しかった(そのあとの服を剥いてくところも好きでした)
腿に蚕を這わせるとかも発想すげーなと
トラックに跳ねられるシーンもなかなか唐突で強烈、人形だと分かっててもかなり派手に跳ねられててちょっとビビります


終盤になって急に体型をイジるのは本当ずるいと思います
やっぱりこれも怪作、でも今村昌平が評価される所以がわかりますね
日本映画 匠の技Vol. 4 白黒映画の美学 日本映画黄金時代に到達した、光と影の極みを堪能する11日間
@新文芸坐

凄い。腰抜かした。
今村昌平作品は結構観てきたけど、最高傑作じゃないか。

家の目の前を汽車が走り抜けて行く。煙を吐きながら迫り来る汽車。まるで動物が泣き叫ぶような音を立てて走る汽車。
青年は汽車に乗って東京に行こうとしたけど、雪で止まってしまう。
だけど、女にとっては自分の意思で汽車に乗ることこそが重要なんだ。
序盤で飛び込んで死のうとした汽車に、雪が降る中、飛び乗る。そして人生が加速し始める。
最高でした。



列車から突き飛ばされて闇の中落ちて行くシーンはゲットアウトの催眠術のシーンかと思った!
やはり今村昌平作品は姫田真佐久の撮影が抜群に素晴らしい…
jumo

jumoの感想・評価

4.0
わたしってなんでこんなに不幸なんだろ〜と言いつつエステサロンに爆笑
うっかりおっとりキャラで、すみません〜はい〜で人生ちゃっかり謳歌しちゃってる貞子の図太さが憎めない!あっ、わたし障子開けたんだったじゃあねぇんだわ!
今村サンの映画、それほど見てないけど必ず度肝を抜かれるシーンがある。見世物小屋みたいな驚き
marmelo

marmeloの感想・評価

3.5
春川ますみは特別綺麗じゃないけれども、なんというか妖艶でもないしなんなんだろう、女って、女の身体って魔物だ。あのどんくさいモノローグが効果的。露口茂が素敵だった。
李香卵

李香卵の感想・評価

5.0
ブス顔の春川ますみが演じる薄幸主婦貞子の絶望的状況をシュール極まりない映像で150分描き切った今村昌平らしいブラックコメディの最高傑作。

ガシュガシュと猛スピードで走る蒸気機関車の車輪の超クローズアップから貞子が線路へ身投げするスローモーションカットへと繋がるモンタージュ技法はまさに神業。

序盤の農耕社会を思わせる映像から後半、高度成長期へ移行する過渡期の日本を時にシニカルに冷静に見つめた今村昌平なりの日本人論。暗くもなければ明るくもない、虚無的なのに熱い。

女は犯されて強くなるという毒々し過ぎるメッセージは未だにインパクトがあり、危険極まりないものだ。(その危険さが堪らないのだけれど)
ILC

ILCの感想・評価

4.8
列車が出てくるシーンは全て良い。特に列車に飛び込もうとした時がクソ上がった
buccimane

buccimaneの感想・評価

4.0
長町に住んでたことあるから交通のめんどくささがなんとなく想像できるな。確かに本家のほうから東北大へはやや通いづらい。
汽車の音とか効果音にすごいこだわり感じたしヒソヒソ声をオーバーラップさせるのも効いてた。
殿山さんギタリストの役嬉しかったんじゃないか。
>|