英国王のスピーチの作品情報・感想・評価

英国王のスピーチ2010年製作の映画)

THE KING'S SPEECH

製作国:

上映時間:118分

ジャンル:

3.7

あらすじ

「英国王のスピーチ」に投稿された感想・評価

吃音症の王が、それに立ち向かっていく話。治療を受けるシーンはとてもコミカルで面白かったし、最後にかけてのシーンはとてもとても感動した。そして、シンプルな動きが少ない描写が多く、色も淡い茶色が目立ったのにも関わらず、とても上品で美しくイギリスらしい作品だった。音楽も、Alexandra Despra監修でこれまたそれに拍車をかけていた。コリン・ファースの演技も良く、彼でなければこの作品はここまで評価されなかったように感じるくらいふさわしかった。生涯でとても好きな映画のひとつになった。
ゼロ

ゼロの感想・評価

4.0
吃音に悩まされたイギリス王ジョージ6世の物語。

イギリス映画らしく優雅な感じがあり、起伏は乏しい。淡々と主人公・ジョージ6世のスピーチをするための練習を描いている。言語療法士であるライオネル・ローグが王子と向き合うことにあるが、その二人には仕事ではなく、友情が芽生えていた。

王という職業の大変さを感じることができた。民衆は、王の言葉を真剣に聞いているようで、ボケーっとしている。王の悩みなどつゆ知らず。王が吃音に悩まされていたが、最後の演説には完璧なスピーチをする。そこに、私たちは感動する。

時代背景について深く突っ込むことなく、二人の友情をさっぱりた描いていたので、余計なことを考えず、じっくり観ることができました。
AOI

AOIの感想・評価

4.5
まさか実話じゃないでしょとか思ってたらかなり忠実にキャラクター設定された映画だった
そしてコメディー映画だとばっかり思っていた

ハリーポッターとパイレーツオブカリビアンのキャストが集まってるって心の中思った

バーティ(ジョージ6世)の妻は元エリザベス女王そして長女は現エリザベス女王(エリザベス2世)

凄すぎる
Shelly

Shellyの感想・評価

4.2
英語学の研究のためにみた一本。コリンファースがいい…。イギリス王なのに、どもる。国民の前でスピーチしないといけないのにどもって話せない。どうにか克服するため、必死にスピーチの練習をして克服していくという一見シンプルなストーリー。でもその中にはイギリスの文化や、伝統、階級社会、その中での葛藤、彼の努力の様は応援したくなる気持ちになります。英語を勉強している学生さんにもオススメの一本!
Mac

Macの感想・評価

3.2
イギリス旅行で、英国史にハマっているので、しばらく英国史関連映画を観る。

エリザベス女王のお父さんの話。
るる

るるの感想・評価

3.1

このレビューはネタバレを含みます

以前見たときは冷めた見方をしてしまったのだけども。

魔術師マーリンがアーサー王を導くかのように、王様が王様になるまで、王の息子であり、弟であったヨーク公がジョージ6世になるまでの、古き良き英国王室の物語。

兄王は、いわゆる「生前退位」をしたのだな、などと思ってしまった。

平民に心をほぐされ、その向こうに傷付いた軍人たちの影を見ながら、名実ともに王となる。

政治からは離れた存在だからこそ、抵抗運動のシンボルとなれる…抵抗運動って言い方はどうなんだろうと思いつつ…

でも、ナチスのやってたことって、ヨーロッパ諸国のみならず、世界中に、弾圧と排斥の空気を創り出しかねないことだったんだなあ、ということが最近わかってきた。

当時はラジオが最新技術だったわけだけど、いまはネットで、思想が世界を巡るんだもんなあ…

戦勝国にとって、あの戦争は侵略に対する「抵抗」なんだ…と、なんとなく噛み締めてしまった。

兄贔屓の乳母に虐待された、痛みを知る国王。吃りながらの戦争スピーチ、本当は望んでなかった、と思わせる、しかし、だんだんと力強く。

王室の醜聞よりも、もうちょっと政治的な葛藤を見たかった気がするけど、英国王を人間として描いたという意味で、画期的な映画だったんだろうなということが、今ならわかる。なるほどなあ。

日本では、やっぱり、作りにくいのかなあ…見てみたいけどなあ…
toooooooi

toooooooiの感想・評価

5.0

このレビューはネタバレを含みます

彼と、彼の友人の物語。
軒並みな言葉で申し訳なくなるが、感動した。もう、彼の、その流暢なスピーチが、なにより嬉しいか。何より尊く思えるか。

兄の人妻愛愛好家で自分が王になり、そしてその王である弟は吃音症。でも、なにより王に向いている人。

彼の努力を皆が認め、そして、彼は友人と認めあった。

国が戦争に突入する中、1人のリーダーが目覚める話。
これは修学旅行の前日にパッキングしながら観てました。なので私の頭の中では内容が飛び飛びになってます、、。少し後悔。

コリンファースの演技に引き込まれる一方でした。
吃音症のヨーク公を演じているので、吃音症じゃないのに"らしく"、だけど本当にそうであるかのように素晴らしかったです!

国王の仕事を任され、スピーチの場面も多々ある中でめげずに頑張る夫を支える妻も精神面で強かったと思います。
夫婦の在るべき姿とも言えるでしょう。

イギリスでウェストミンスター寺院に行った時に、映画にも出てた戴冠式用のイスが飾ってありました!これは映画でも見たなと思って感動しました!

また観ます、、。
Deebee

Deebeeの感想・評価

4.8
鑑賞2回目。吃音に悩む英国王を完璧に演じ切ったコリン•ファースは圧巻。

ラストシーン、王が「戦友」であるローグと共に、生放送のラジオで、国民に対してスピーチをするシーンが鳥肌モノ。
スピーチにのせて、ベートーベンの交響曲第7番第2楽章が通常よりとても遅いテンポで流れるあたりもカッコイイ。

ヘレナ•ボナム=カーターが夫を支え、信じ続ける献身的な妻を演じていた。イギリスの王族らしいアクセントも流暢にこなしていて素敵。
>|