菊とギロチンの作品情報・感想・評価 - 2ページ目

菊とギロチン2016年製作の映画)

上映日:2018年07月07日

製作国:

上映時間:189分

3.8

あらすじ

大正末期、関東大震災直後の日本には、不穏な空気が漂っていた。 軍部が権力を強めるなか、これまでの自由で華やかな雰囲気は徐々に失われ、人々は貧困と出口の見えない閉塞感にあえいでいた。 ある日、東京近郊に女相撲一座「玉岩興行」がやって来る。力自慢の女力士たちの他にも、元遊女の十勝川(韓英恵)や、家出娘など、ワケあり娘ばかりが集まった、この一座には、新人力士の花菊(木竜麻生)の姿もあった。…

大正末期、関東大震災直後の日本には、不穏な空気が漂っていた。 軍部が権力を強めるなか、これまでの自由で華やかな雰囲気は徐々に失われ、人々は貧困と出口の見えない閉塞感にあえいでいた。 ある日、東京近郊に女相撲一座「玉岩興行」がやって来る。力自慢の女力士たちの他にも、元遊女の十勝川(韓英恵)や、家出娘など、ワケあり娘ばかりが集まった、この一座には、新人力士の花菊(木竜麻生)の姿もあった。彼女は貧しい農家の嫁であったが、夫の暴力に耐えかねて家出し、女相撲に加わっていたのだ。 「強くなりたい。自分の力で生きてみたい」と願う花菊は、周囲の人々から奇異の目で見られながらも、厳しい練習を重ねていく。いよいよ興行の日。会場には、妙な若者たちの顔ぶれがあった。彼らは「格差のない平等な社会」を標榜するアナキスト・グループ「ギロチン社」の面々で、師と仰ぐ思想家の大杉栄が殺されたことに憤慨し、復讐を画策すべく、この土地に流れ着いていた。「ギロチン社」中心メンバーの中濱鐵(東出昌大)と古田大次郎(寛 一 郎)は、女力士たちの戦いぶりに魅せられて、彼女たちと行動を共にするようになる。 「差別のない世界で自由に生きたい」――その純粋な願いは、性別や年齢を越えて、彼らを強く結びつけていく。次第に中濱と十勝川、古田と花菊は惹かれあっていくが、厳しい現実が容赦なく彼らの前に立ちはだかる。

「菊とギロチン」に投稿された感想・評価

3時間長という長尺だったけど、そんなに長く感じなかった。

勉強不足で大正時代の時代背景はぼんやりとしか理解していなかったのが悔やまれる。観終わった後に色々調べて納得するところが多々あった。

製作陣の熱量、役者の熱量が圧倒的だった。
nanabee

nanabeeの感想・評価

3.7
ちょっとした歴史の勉強しているような感覚、聞き取れない台詞もあるし意味がわからなかったりもしますが180分見入りました、相撲をしたい女達と理想を語り下手な実現の仕方を繰り返す男達。
ギロチン社はクズなのになぜか情けなくて可愛いく見える、かっこいいのは親方だけ相撲のシーンは観客含め本気が伝わりました。



水曜日に見ましたがお客さんは10人ほど、次に上映のカメラを止めるなはお客さんがたくさん待っていて菊とギロチンもぜひ見て〜と思いつつ帰りました。
あぶ

あぶの感想・評価

4.5
井浦新さんの衣装がとても僕のフェティシズムでしてパンフレットにその素敵な衣装の井浦新さんが載ってなかったのだけが残念です…
昔撮った映画に出てくださった女の子が出演されていて凄く嬉しかったです。
mura

muraの感想・評価

4.5
制作が国映か!大作が続く瀬々監督だけど、ピンク四天王としての矜持は忘れないってことか。ほぼ裸が出ないピンク映画を作ったことだけでも賞賛に値する。

女相撲。山形より発祥し、全国で20以上の団体が興行をおこなっていたと。一方でギロチン社。アナーキストの集まりで、ヤクザまがいのことをしながら革命を目指す。女相撲とギロチン社を通して強くなることを夢みる女と男の物語。

大杉栄、甘粕正彦、幸徳秋水に正力松太郎…そして摂政皇太子の暗殺。関東大震災に朝鮮人狩り。なかなか骨太。こういったところをテーマに映画を作り、しかも3時間飽きさせないとは。すごいわ。

舞台は大正時代。地方改良運動の最中、国権の拡張と風紀の粛清を目指す在郷軍人。偽善が爆発する。現在とまったく同じじゃないかと。

それに対する強烈な風刺。映画として素晴らしいとしか言いようがない。

在日朝鮮人に「天皇陛下万歳」と言わせようとする在郷軍人。何の意味があるのか。この国では弱い人間は生きていけないのか。

いや、ホント素晴らしい。
18/09/08 シアタ-セブンにて

この役を 選び 演じた

韓英恵に、

拍手を送ります。
しゅう

しゅうの感想・評価

4.2
この映画、時代小説好きとしては、山田風太郎の明治物を連想した。

史実と奇想が奔放に絡み合うところや、権力・社会体制の非情さとそれに抗う人々のアナーキズムなどは、もし山田風太郎が"大正物"を書いていたならきっとこんな物語になったのでは、と思わせる(もっとも風太郎なら女力士たちはより強くなって男どもを圧倒したかも)。

また、映画としての語り口もとんでもなくエネルギッシュ。巧みな省略や手際の良い話運びなど一切考えず、「それも語るのか!」と驚かずにいられない程あらゆるエピソードについてトコトン描き尽くす3時間には、只々興奮させられた。

役者陣も素晴らしく、特に女相撲の一座は男女全員最高な上にチームとしてのアンサンブルも絶妙で(ギロチン社の男どものバラバラ振りとは対照的)、彼女たちの場面なら何時間でも観ていたい気分。

対して、ギロチン社の男どもでは矢張り東出くんに唸らされた。

先日観た「寝ても覚めても」での抑制された演技とは対照的に、今作ではケレン全開で詩人にしてアナーキストの中濱鐡を文字通り熱演。

序盤では、(その行動も含めて)空疎に響いていた彼の言葉が次第に物語とシンクロしてゆき、終盤に獄中からの手紙としてスクリーンから放たれる檄文には、映画で久々に『言葉』で痺れさせられた。
4時間38分の長編作品「ヘヴンズ ストーリー」以来、8年ぶりに瀬々敬久監督が手がけたオリジナル作品。こちらも3時間9分の長尺だ。このところ、3時間を超える作品には(とくに邦画)、あまりお目にかかることはなかったので、ある程度の覚悟はして劇場に足を運んだが、それは見事に杞憂に終わった。自分のなかでは、観終わった感じは、2時間超くらいのものだった。それだけ、内容がバラエティに富んでいて、テンポも悪くなかったのだ。とにかく、この女相撲とアナキストたちの群像劇にすっかり入り込んでいた。

タイトルからは、ルース・ベネディクトの有名な日本文化論である「菊と刀」を想像してしまうが、「菊」とはどうやら女相撲の新人力士「花菊」のことで、「ギロチン」は大正時代に結成されたアナキストグループ「ギロチン社」を指すものだと認識した。それでも、このタイトルからイメージされるものは、ただの女相撲とアナキストたちの交流を超えたところにある、もっと時代や歴史など大きなパースペクティブを持ったものをも想像させる。「菊とギロチン」という、異質なものを掛け合わせて、青春群像劇を構想した瀬々監督の確信犯的な企画力に感心した。

物語は、新人力士である花菊とアナキストである中濱鐡の恋愛を中心に、その周囲の人間たちをも描いていくという群像劇になっているが、女相撲の一座とアナキストたちの交流は、どちらも世界から疎外された存在として描かれていく。花菊役の木竜麻生、中濱鐡を演じる東出昌大はもちろんのこと、登場する他の役者たちも個性派ぞろいで、これが長編にもかかわらず、飽きることのない要素のひとつだ。とにかく多重的なテーマが底に流れているため、何回も観たい作品となっている。ナレーションの永瀬正敏も絶妙な味わいを感じさせてくれる。
拝一刀

拝一刀の感想・評価

4.0
8月31日テアトル新宿にて鑑賞。
木竜麻生さんや韓英恵さんをはじめ玉岩興行のお相撲さんを演じる女優さん達全員がとてもエネルギッシュで魅力的でした。今後のさらなるご活躍を期待します。
この素晴らしい映画に対して「女相撲で政治を語るな」などという野暮な御仁が出てこないことを切に祈ります。
ちょっと内容的には苦手
でも長い尺を
全然長いと感じなかったのは
作品にのめり込まされてたって事

初映画の寛一郎に◎
キャナ

キャナの感想・評価

3.5
普通を変えるには命をかけなきゃいけない時代。ひとりの女も救えないで、何が国を変えるだ!たしかに。
自分ってふらっと生きてんなー。
あとは、もっち〜〜〜!!!!