菊とギロチンの作品情報・感想・評価 - 2ページ目

菊とギロチン2016年製作の映画)

上映日:2018年07月07日

製作国:

上映時間:189分

あらすじ

大正末期、関東大震災直後の日本には、不穏な空気が漂っていた。 軍部が権力を強めるなか、これまでの自由で華やかな雰囲気は徐々に失われ、人々は貧困と出口の見えない閉塞感にあえいでいた。 ある日、東京近郊に女相撲一座「玉岩興行」がやって来る。力自慢の女力士たちの他にも、元遊女の十勝川(韓英恵)や、家出娘など、ワケあり娘ばかりが集まった、この一座には、新人力士の花菊(木竜麻生)の姿もあった。…

大正末期、関東大震災直後の日本には、不穏な空気が漂っていた。 軍部が権力を強めるなか、これまでの自由で華やかな雰囲気は徐々に失われ、人々は貧困と出口の見えない閉塞感にあえいでいた。 ある日、東京近郊に女相撲一座「玉岩興行」がやって来る。力自慢の女力士たちの他にも、元遊女の十勝川(韓英恵)や、家出娘など、ワケあり娘ばかりが集まった、この一座には、新人力士の花菊(木竜麻生)の姿もあった。彼女は貧しい農家の嫁であったが、夫の暴力に耐えかねて家出し、女相撲に加わっていたのだ。 「強くなりたい。自分の力で生きてみたい」と願う花菊は、周囲の人々から奇異の目で見られながらも、厳しい練習を重ねていく。いよいよ興行の日。会場には、妙な若者たちの顔ぶれがあった。彼らは「格差のない平等な社会」を標榜するアナキスト・グループ「ギロチン社」の面々で、師と仰ぐ思想家の大杉栄が殺されたことに憤慨し、復讐を画策すべく、この土地に流れ着いていた。「ギロチン社」中心メンバーの中濱鐵(東出昌大)と古田大次郎(寛 一 郎)は、女力士たちの戦いぶりに魅せられて、彼女たちと行動を共にするようになる。 「差別のない世界で自由に生きたい」――その純粋な願いは、性別や年齢を越えて、彼らを強く結びつけていく。次第に中濱と十勝川、古田と花菊は惹かれあっていくが、厳しい現実が容赦なく彼らの前に立ちはだかる。

「菊とギロチン」に投稿された感想・評価


手放しに称賛する作品ではないけど、きっちり魅せてる。アナキストと女相撲、この時代にこの題材で、この熱量の作品を残した瀬々監督に感服!
Yuta

Yutaの感想・評価

3.9
女相撲もギロチンの事も全く知らなかった。感情移入できる登場人物がいなくて、3時間はちょっとしんどかった。ヘブンズストーリーのような衝撃はなかったなぁ。

このレビューはネタバレを含みます

木村さん目当てで鑑賞!が!
ほとんど前半部分のみの登場…笑

内容は女相撲と若き革命を起こそうとしている集団達の話だけど、ほとんど全編女相撲のメンバーにスポットが当たっていた。
これもまた女社会が表れてて面白い

でもやっぱり3時間は少し長く感じたかなぁというのが正直な感想。

強くなりたい、変えたいってのは激しく同調。
社会の課題に叫びを上げる手段を問わないギロチン社の革命家、女性差別に晒されながらも力強さを求める女相撲の力士、未熟な社会の犠牲者ほか。

女相撲とギロチン社。
様々な差別と求められる平等。

瀬々監督が「映画は平等」って言ってたっけ。
差別のない世界で自由に生きる。
いお

いおの感想・評価

-
大正期が学生時代の研究背景だったので非常に懐かしい。

この能天気にしか見えない主義者たち
苦労は自分たちだけが背負っていると感じている貧農
正義を振りかざすことの空虚さと
女や植民地が構造としてないがしろにされる社会

激論を交わした先輩たちや同級生の顔も浮かび
内容の把握や感想以前に
ノスタルジー。

映画って厄介(笑)

また、あとで書き足せたらいい。
すごいもの観たことは間違いない。
この時代によくぞ映画館でこれが観れたとも。制作側に敬意と感謝。
暴力夫の元を離れ女相撲の組に入った花菊

時同じくしてギロチン社と名乗り革命を志す面々とも出会う

強くなりたい、自由な力を切望し激動の時代を生きた人達の物語

----------------- -----------------
現代がどんなに平和で自由で豊かあることか
痛切に感じました
今に生まれて良かった

約190分の長旅でしたが迫りくる熱量に圧倒される映画体験でした

みんな何かに抗い闘っている
泥だらけ
結構闘争シーンが多いのでタフな時に見るほうがいいかと
悔しさや悲しさややるせなさが伝わってきた

「いつかなんてない、いつでも今だけなんだ」
「女一人守れないで何が革命だ」

激しく吠える

やっぱり現代に生まれて良かった
恩恵ばかりだ
関東大震災後の、女相撲の力士と世の中を変えたかった男たちの物語。無力感に苛まれていく姿が切ない。現代・近未来の日本を見ているかのようだ。
愚かな思想家も、名もない人々も、国粋主義の元軍人も、善悪や価値の有無だけではその人を規定できない。でも、他人と心が共振する瞬間は、間違いなく誰の人生をも輝かせる。生きるってそういうことなのかな、と思った。
‪ひさびさ劇場で瀬々作品。はい 泣きました。中盤でピークを迎えてから 個々人の決着に向かう。(前半は一般劇場映画っぽく、後半はヘヴンズストーリーさながらのハンディ撮影)‬
‪女相撲一座とアナーキストの青春模様。‬

俳優語りも存分にできます。
o8o

o8oの感想・評価

4.1
東出はやはり苦手だけど後半のナレーション、爆発、接吻、赤いタイトル!
あんな最高の流れはない!

あんなに行き詰まった世界においてそれでも猛々しく吠え、闘い続けるパワー
時には逃げてしまう姿も含め"人"を描いた作品

理想を掲げていても頼りなく情けないギロチン
想いを胸に土俵で勝負し続ける女達
まずこの対比が良く、話が進むにつれ溶け混ざりあっていく

理屈とかそういうものがどうでもよくなる