菊とギロチンの作品情報・感想・評価 - 4ページ目

菊とギロチン2016年製作の映画)

上映日:2018年07月07日

製作国:

上映時間:189分

あらすじ

大正末期、関東大震災直後の日本には、不穏な空気が漂っていた。 軍部が権力を強めるなか、これまでの自由で華やかな雰囲気は徐々に失われ、人々は貧困と出口の見えない閉塞感にあえいでいた。 ある日、東京近郊に女相撲一座「玉岩興行」がやって来る。力自慢の女力士たちの他にも、元遊女の十勝川(韓英恵)や、家出娘など、ワケあり娘ばかりが集まった、この一座には、新人力士の花菊(木竜麻生)の姿もあった。…

大正末期、関東大震災直後の日本には、不穏な空気が漂っていた。 軍部が権力を強めるなか、これまでの自由で華やかな雰囲気は徐々に失われ、人々は貧困と出口の見えない閉塞感にあえいでいた。 ある日、東京近郊に女相撲一座「玉岩興行」がやって来る。力自慢の女力士たちの他にも、元遊女の十勝川(韓英恵)や、家出娘など、ワケあり娘ばかりが集まった、この一座には、新人力士の花菊(木竜麻生)の姿もあった。彼女は貧しい農家の嫁であったが、夫の暴力に耐えかねて家出し、女相撲に加わっていたのだ。 「強くなりたい。自分の力で生きてみたい」と願う花菊は、周囲の人々から奇異の目で見られながらも、厳しい練習を重ねていく。いよいよ興行の日。会場には、妙な若者たちの顔ぶれがあった。彼らは「格差のない平等な社会」を標榜するアナキスト・グループ「ギロチン社」の面々で、師と仰ぐ思想家の大杉栄が殺されたことに憤慨し、復讐を画策すべく、この土地に流れ着いていた。「ギロチン社」中心メンバーの中濱鐵(東出昌大)と古田大次郎(寛 一 郎)は、女力士たちの戦いぶりに魅せられて、彼女たちと行動を共にするようになる。 「差別のない世界で自由に生きたい」――その純粋な願いは、性別や年齢を越えて、彼らを強く結びつけていく。次第に中濱と十勝川、古田と花菊は惹かれあっていくが、厳しい現実が容赦なく彼らの前に立ちはだかる。

「菊とギロチン」に投稿された感想・評価

ロマン汁で構築された大傑作。セリフが聞き取りにくいとか無駄に長いとか(自分も最初の1時間はそう思ってたけど)、そーゆーことじゃないんだよ!!!って気付いた残りの2時間は括目しながら見入ってました。獄中からのポエムは滑稽かつ狂気の美しさ。。。パンク侍、孤狼の血、菊とギロチンと日本映画万歳!なsummer,2018。
alec

alecの感想・評価

3.0
監督の思い入れが強すぎて、3 時間近くの大作だけど逆に纏まりに欠けているのではないか。
大林宣彦監督といい、日本映画は年配の人が撮る作品がパワーある。
天皇陛下万歳‼︎
馮美梅

馮美梅の感想・評価

4.0
関東大震災直後から1年くらいの物語。実際に存在したアナキスト集団「ギロチン社」と女性相撲をうまく絡めて、自由とは?というメッセージをうたった作品。

東出昌大さんがアナキストの中濱鐡を演じていて、珍しく濡れ場や、梅毒にかかったり、全裸姿を披露しております(笑)若干アナキスト集団の人たちが似てて誰が誰やらとなることもなきにしもあらずでしたが…とにかく、登場人物が多いです。

そして女相撲の方は、それぞれいろんな理由で集まった女性たち。多くは旦那からのDVや家族に問題があって逃げてた。弱い自分を相撲によって自立して強くなりたいと願って。

しかし、世の中もなかなか彼女たちの願うようにもいかず、過酷な運命に翻弄される。

とにかく長い。3時間越えの作品。とはいえ、そんなに長くも感じませんでしたし、美術さんの仕事が素晴らしかった。相撲のシーンも色々きっと忠実に再現されていたんではないかと思います。

大正末期、大正モダンといわれる一方で、人種差別、男女差別いろいろあった時代だろうけど、じゃあ今はどうなんだろう?あの頃よりも文明は進化したかもしれないけれど、人の心は、本当に自由に生きているんだろうか?

男女平等、それって本当に平等なんだろうか?いろんなことを思いながら見た作品でした。
TomoHojo

TomoHojoの感想・評価

2.0
具体的なメッセージも個人的には全く伝わらないまま、只々耐え凌ぐ三時間一本勝負。とにかく無駄に長い。。。
大正の時代背景をもう少し理解出来ていれば、それなりに楽しめたのかもしれないが、それでも、何だか瀬々監督のマスターベーション作品プラス演出としてしか捉えられなかった。
女相撲の描写は良かったのに、ギロチン社のやろうとしている意図が全く響いてこなくて、演技も演出も雑。
台詞が凄く聴き取り難いのも減点ポイント。んな訳で伝えようとしているメッセージが益々曖昧に。
いっそ、2つの作品に分けて製作した方が巧く纏まったのでは?と思えてならない。。。
いまの時代に作られるべき作品。震災後に生きる我々への、見事なアジテーション。
テーマ主義に走りそうなテーマではあるが、女相撲というクッションを置くことで、物語としての面白さを増している。3時間という長尺の作品であり、緊張感と言えるものが持続してはいない。しかし、ダレたと思ったら惹きつけるシーンが入るという構成もいい。
ロケセットを含めた美術も評価したい。
時代が生んだ、作らせた傑作!
貧困と統制された社会。
自分の思いに忠実であれ。
ままならないけど…
熱き思いがぶつかる映画でした。
私は疲れた。
ギロチン社と女性力士たちを半ば対にすることで、いまもほとんど変わらない様々な男女格差を滲ませているのは上手い。『64』を撮ってる瀬々さんなので、娯楽性も十分。旧態依然とした価値観も目につくけど、日本においては秀作レベル。
ああ、瀬々監督は私が聞きたい台詞全部言ってくれるな。
『花菊は誰のもんでもない、花菊は花菊や』、『おらの身体だ、自分の身体売って稼いでなにが悪い』、『どうしたらもっと強くなれますか』、『おら、強くなりてえ』
相撲のシーンは圧巻、私も強くなりたい。
菩薩

菩薩の感想・評価

1.1
「構想30年」とは一体なんなのか、30年の間に何を煮詰め、そして焦がし、見失ったのか、監督本人は我らに何を伝えようとしたのか、我らは何を受け取らなければならなかったのか、ひとっつも分からぬまま、ただ地獄のような3時間を過ごした。たしかに「アナーキー」な作品である、そして何より客層がアナーキーである、だがはっきり言ってやむを得ないと思う、この作品に客の集中力を3時間引き止めておく魅力は一切ない。ギロチン社と女相撲、同じ「自由」を追い求める同士だからこその共鳴、なんていうこの作品の根幹があるはずなのだが…いや無くない?エピソードは弱い(ラブストーリー観に行ったんじゃねぇんだわこちとら…)、キャラクターはそれ以上に弱い上に基本使い捨て、困ったら誰かに叫ばせ誰かを殴り、しかもシーンが移り変われば全ての傷が治っている。

画が繋がってねぇじゃねぇか!!!!

なんて瞬間が何度あったろうか。そもそもセリフの90%が聞き取れない、「言葉」を大事にすべき作品だろうにそこが全く伝わって来ない、こっちは常にど真ん中にミット構えてんだ、暴投繰り返してんじゃねぇ。なぜギロチン社で一本、女相撲で一本、それぞれ90分程度に、なんて選択肢を取れなかったのだろうか、混ぜるな危険をまんまと実行して自爆、俺にはそんな風にしか受け取れない作品だった。関東大震災後の戒厳令、阪神淡路大震災後の地下鉄サリン事件、そして東日本大震災から現在に続く社会の混乱、そんな「今」に投げかけるべき物がこの作品には詰まっている!なんて書く気満々で臨んだのに…蓋を開けてみれば何も無かった…。劇中の台詞を借りればいつかやるなんて言う奴のいつかは絶対に来ないのだよ、この映画は何も出来ていないと思う、ただ尺が長いと言うだけで鑑賞料金が200円ほど高い「リャク」には成功しているわけだが、我々は映画の「長さ」にお金を払っているわけではない、「面白さ」に期待しお金を払って劇場に赴くのだ、その点を忘れてはいけない。本当に褒めるべき点が一つも無い、それでもなんとか探せと言うなら、大杉栄役の役者が鎮座DOPENESSに似ていたってくらいだろうか(大杉本人が似てるからな)。似たようなテーマ、そして尺なら吉田喜重の『エロス+虐殺』を観た方がよっぽど有意義、自由と言うのは常に制約の中だからこそ成り立つものだ、この作品の自由は全てがインチキだ、熱さだけで世の中が変わるのであればとっくに変わっている、変わらないからこそ、芸術が訴えるべき事があるのではないか、そんな覚悟が無いならば、容易く手を出していいテーマでは無いと思う。この2年間、積み重ねてきた期待感がもろくも崩れ去った俺は今途方に暮れて街を徘徊している…今目の前に突然ロベスピエールが現れたら、俺は自ら進んでこの首を差し出す、殺せ…殺してくれ…だがその目が見えている内は、俺は憎悪の眼差しを向け続けてやる…。