菊とギロチンの作品情報・感想・評価・動画配信 - 4ページ目

「菊とギロチン」に投稿された感想・評価

かつ

かつの感想・評価

-
メチャうま演技相撲大会だ

あっちゃこっちゃブレながらも体当たりで進もうともがく、正も負もない強烈なエネルギーを、物語も演者もカメラも共有していた
なんかクストリッツァのアンダーグラウンドを思い出したりもしたな
あとは鬼クソ殴られてるのに一回も飛ばない古田大次郎の眼鏡がすごかった
Ryu

Ryuの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

すごい映画だった。相撲という日本の国技でありながら、女性がまわしを巻くことでここまでアナーキーと相性が良くなるとは思わず。途中で天皇陛下万歳と叫ぶシーンは忘れたくても忘れられないような鮮烈なものがあった。強くなることとはどんなことなんだろうか、今一度考えてみたい。
AKIROCK

AKIROCKの感想・評価

3.6
大好きな瀬々監督作品も、なかなか見れずにいた作品をようやく鑑賞。

正直、大正時代のデモクラシー活動と女相撲が題材ということで、取っつきずらさがあったのは否めないところでしたが、見始めたら面白くて三時間超える大作も引き込まれて、あっという間に終わってしまいました。

出てくる皆んなが悩みと問題を抱えていてドロドロで悲惨な状況も、わずかばかりの夢と希望に向かって必死に生きていく姿に胸熱くさせられました。

あまり好きではない東出昌大が今までで一番格好良かったこと、井浦新や渋川清彦や宇野翔平が相変わらず地味にいい味を出してたこと、皆さん最高だったのですが、個人的には寛一郎の真面目で時直で優しさに溢れた演技がピカイチでした!
本当に素晴らしかったです。
女相撲を通して当時の社会情勢を描く志は立派だがさすがに長すぎる。
菫

菫の感想・評価

3.0
大正時代末期、革命を追い求めたアナーキストと、強くなりたいと願った女力士の物語。

身も心も血まみれになりながら闘い続ける彼女たちの姿を見て、心が揺さぶられた。
役者の覚悟に脱帽。

ボロボロになる姿を見て、「お前にもこれほどの覚悟があるのか?」と言われてるような気がして、何も言えなくなった。
私にこんな覚悟がまだまだなくて、アマチュアなことに、悔しくなった。

甘ったれるな。

そう背中を思いっきり叩かれた気持ち。
叩かれたというか、ガリッと爪痕を残された気持ち。
観る方もボロボロになる。

強い。
とにかく強さを感じる映画。

苦手な作品だけど、でも、たまらなく胸の中で握りしめていたくなる作品。

凄かったです。
hyak

hyakの感想・評価

-
中盤ぐらいまで雰囲気も好きで題材も面白くて浜辺のダンスとかも最高だったしけっこう夢中で見てたんだけど 天皇陛下万歳ぐらいから見失ったな…結局なんだったのか…字幕がほしーね
女相撲とか面白そう!と思って観たのだが…
面白いシーンも確かにあった。
とは思うが…体感時間が長すぎん…?

2020/04/15レンタルDVD
まつこ

まつこの感想・評価

3.7
理想と現実。主義と女相撲。性と暴力。
差別のない自由な世界で生きたい。
絶望は滅亡じゃない。

不器用なまっすぐさ。ズタボロになる熱量。思ったよりもあっと言う間だった。女相撲についてわかるのかと思っていたらそうでもなかったけど相澤さんが書いているとしたら納得。閉塞感でいっぱいの大正の出来事が現代とも交わった。

東出くんのボンクラっぷりはやっぱりいいね。熱りが冷めたらまた青臭いロマンを思いっきり叫ぶろくでもない男を演じて欲しい。篠原篤と大西礼芳の存在感はさすが!いつもノックアウトです!

好きな女ひとり守れなくて何が革命だ
emi

emiの感想・評価

1.5
3時間を超す上映時間の退屈で不快な作品。女相撲というテーマが新鮮だが、彼女達とギロチン社にさほど関連性がなく共感できる人物もおらず物語と言えるほどのものもない。日本映画にありがちだがセリフの大半は怒鳴ったり叫んだりでうんざりさせられる。