菊とギロチンの作品情報・感想・評価 - 4ページ目

菊とギロチン2016年製作の映画)

上映日:2018年07月07日

製作国:

上映時間:189分

3.8

あらすじ

大正末期、関東大震災直後の日本には、不穏な空気が漂っていた。 軍部が権力を強めるなか、これまでの自由で華やかな雰囲気は徐々に失われ、人々は貧困と出口の見えない閉塞感にあえいでいた。 ある日、東京近郊に女相撲一座「玉岩興行」がやって来る。力自慢の女力士たちの他にも、元遊女の十勝川(韓英恵)や、家出娘など、ワケあり娘ばかりが集まった、この一座には、新人力士の花菊(木竜麻生)の姿もあった。…

大正末期、関東大震災直後の日本には、不穏な空気が漂っていた。 軍部が権力を強めるなか、これまでの自由で華やかな雰囲気は徐々に失われ、人々は貧困と出口の見えない閉塞感にあえいでいた。 ある日、東京近郊に女相撲一座「玉岩興行」がやって来る。力自慢の女力士たちの他にも、元遊女の十勝川(韓英恵)や、家出娘など、ワケあり娘ばかりが集まった、この一座には、新人力士の花菊(木竜麻生)の姿もあった。彼女は貧しい農家の嫁であったが、夫の暴力に耐えかねて家出し、女相撲に加わっていたのだ。 「強くなりたい。自分の力で生きてみたい」と願う花菊は、周囲の人々から奇異の目で見られながらも、厳しい練習を重ねていく。いよいよ興行の日。会場には、妙な若者たちの顔ぶれがあった。彼らは「格差のない平等な社会」を標榜するアナキスト・グループ「ギロチン社」の面々で、師と仰ぐ思想家の大杉栄が殺されたことに憤慨し、復讐を画策すべく、この土地に流れ着いていた。「ギロチン社」中心メンバーの中濱鐵(東出昌大)と古田大次郎(寛 一 郎)は、女力士たちの戦いぶりに魅せられて、彼女たちと行動を共にするようになる。 「差別のない世界で自由に生きたい」――その純粋な願いは、性別や年齢を越えて、彼らを強く結びつけていく。次第に中濱と十勝川、古田と花菊は惹かれあっていくが、厳しい現実が容赦なく彼らの前に立ちはだかる。

「菊とギロチン」に投稿された感想・評価

思っていた以上に重たい映画。世の中に不条理なことは沢山あるけれどどうそれに向き合うのか?
それを鋭く突きつけられる映画。
大正末期の時代に、自由に生きようとする者たちと立ちふさがる国家権力との闘い、若者どうしの恋愛、若者それぞれの様々な事情などを丁寧に描いた瀬々敬久監督の力作。
189分のドラマを一気に見せる手腕は見事!


物語は、関東大震災直後(大正末期)の日本では、軍部が権力を強めており、閉塞感たっぷりの時代だった。
当時は興行されていた女相撲の一座には様々な事情で女力士になった人が多数。
ここに、花菊(木竜麻生)という女力士もいた。【菊】
一方で、平等社会を目指すアナーキーな者たちは「ギロチン社」を結成していた。【ギロチン】
その中心に中濱鐵(東出昌大)がいた。
彼らの前には、憲兵や厳しい現実が立ちはだかるのだが……
というドラマ。

大正時代の風景や小道具など「美術」が大変だったろうなぁ、と思った。
また女相撲の土俵をアップで撮ったシーンがあるが、土俵も良く出来ていた。

更に、さまざまな歌も歌われるのだが、それらも大正の曲なのだろうか…?

瀬々敬久監督による見所多数、渾身の作品。

<映倫No.121535>
み

みの感想・評価

3.9
長い映画。しかも見てから何日か経ってるけど、色濃く記憶に残るシーンがいくつも。苦しい身の上ながら女力士たちが輝いてる瞬間が素晴らしかった

あと渋川清彦さん凄い素敵だったなー
何言ってるかわかんねえ、、
好きな人ばっかり出てたのに、、
観るのにクラウドファンディングしたくなった、、
ヘヴンズストーリーはいつか観ようかな、、
中本

中本の感想・評価

3.0
テアトル新宿ふらっと。客少なし。長い。トイレ2回。脚本に相澤虎之助!
馴染みはないけど興味深い題材を扱った内容、という事で能動的に臨み、省略可能なのに敢えて過度に描写する挑発にもわくわくしたんですけれども。

時代背景や用語なんかの予備知識を持って臨まないとちょっと入り込めないかしら、物語としては要素が多過ぎてとっ散らかっちゃってないかしら、と。

いずれあたしはその勢いに振り落とされちゃったんですけれども。

そういう役回りが多いのか、本人の資質なのか、脇に居ながらしれっと強い印象を残す山田真歩の安定感はここでも健在でしたね、と。
まだ階級社会の色濃い大正末期、実在した過激派政治結社の面々と、"女相撲"で巡業生活をおくる女性力士たちとの交流をとおして描かれる青春群像劇。

映画の序盤、まるで大学サークルのようなノリでジャレあっているかに見えた"ギロチン社"の活動家たち。そして、そんな彼らが実は人殺しも辞さない過激な連中だったという衝撃。

さらには、酷いばかりの女性差別や人種差別にさらされた挙句、藁をも掴む思いで"女相撲"に活路を見出そうとするウラ若い女性たち。
彼ら/彼女たちが一種のシンパシーを感じ合い、いつのまにか行動を共にしていく流れにも、全く違和感をおぼえない。

鑑賞前、、本作のタイトルから"どこかトリッキー"で"ケレン味たっぷり"の雰囲気を感じた。ところが本編では、凄惨なまでの"リアリズム"が、躍動する若者特有の"みずみずしさ"で語られていくのだ。
そして、、
アナーキスト(無政府主義者)を標榜し、過激に振る舞う主人公たちの姿が、儚くも意外にみずみずしく、我々の目に映る。さらには、彼らと対峙する"体制"側キャラクター造形の繊細さも見事。

これらは結局、、それぞれのイデオロギーや価値観に関わらず、観る者をこの物語に引き込んでいく為の工夫とも言えるのではないだろうか。

本作のレビュー動画を配信中!
https://youtu.be/shScZzsewVs
かなた

かなたの感想・評価

4.5
やっとみた。

親方の「みんな生き辛い中で生きているんだ」てことばが身に染みて

それは花菊たちも今の私たちも同じ
弱いから、守ってください、って流れになりがちな現代だけど
誰かに守ってもらいたいとか、優しい世界かもだけど
そんな余裕ないくらい生き辛くないですか?

だから、強くならなきゃと思った。
自分を守って、誰かに優しくなれるくらい、強くなりたい。
そのための支えを見つけたい。

自分ではなにもしないで、誰かのなにかを期待しているうちは、
なにもしない奴は一生なにもしない、んだよ。
higa

higaの感想・評価

2.0
内容的に自分好みの内容であると感じたが、ただ単に不快になった映画であった。

勿論、不快になるだろうという気持ちは観る前から想定していた事ではあるのだが、内容のみならず、カメラワークや編集に不自然さを覚えて、意味不明なテロップも連続し、まるで園子温がすべったのかと錯覚するほどである。演出の面で不快さを覚えたのである。

映画雑誌は好みそうな映画ではあるし、時代考証をきちんと行なっていたそうなので、勉強になった部分はかなりあったのだが、「みんな、この映画を見た方がいいよ!」とはとてもではないが言えない。
たしかに3時間は長すぎるし、荒削りだったり目敏いカットもあるのだが、「今」を生きる私たちが手放してはいけない、見逃してはいけない瞬間が刻み込まれた、今観るべき、語るべき映画だった。

自由を奪われてきた彼女たち、社会への怒りをどうしようもできない彼ら、土俵の瀬戸際で生きるか死ぬかで戦いもがく姿は、苦しくも眩しい。言葉だけ一丁前で調子のいい中濱と、反して行動にうつすも実らない古田は、他人とは思えない。現代社会の窓のような作品だが、「菊とギロチン」のもう一つの意味がわかるあのシーンで放たれる愛の煌き!胸熱だ。

俳優陣も素晴らしかった!相変わらず東出さんの演技が上滑りしているが、映画が進むにつれて中濱という役にハマっていることがわかるのも面白い。

テアトル新宿