名探偵コナン ゼロの執行人の作品情報・感想・評価

名探偵コナン ゼロの執行人2018年製作の映画)

上映日:2018年04月13日

製作国:

あらすじ

東京サミット開催の地となる東京湾の新施設「エッジ・オブ・オーシャン」。サミットが開催される5月1日には、2万2千人もの警察官が出動するというこの超巨大施設で突如、大規模爆破事件が発生! そこには、全国の公安警察を操る警察庁の秘密組織・通称「ゼロ」に所属する安室透の影があった。サミット当日ではなく事前に起きた爆破事件と、秘密裏に動く安室の謎の行動に違和感を禁じ得ないコナン。その時、現場の証拠品に残…

東京サミット開催の地となる東京湾の新施設「エッジ・オブ・オーシャン」。サミットが開催される5月1日には、2万2千人もの警察官が出動するというこの超巨大施設で突如、大規模爆破事件が発生! そこには、全国の公安警察を操る警察庁の秘密組織・通称「ゼロ」に所属する安室透の影があった。サミット当日ではなく事前に起きた爆破事件と、秘密裏に動く安室の謎の行動に違和感を禁じ得ないコナン。その時、現場の証拠品に残された指紋が、かつて警視庁に在籍していた毛利小五郎の指紋と一致してしまう!これは何かの陰謀なのか。小五郎の逮捕を巡って敵対し始めるコナンと安室。 果たして謎の存在・安室透は、敵なのか、味方なのか?

「名探偵コナン ゼロの執行人」に投稿された感想・評価

安室さんのアムロレイの古谷さんの為の話し。ガンダムリスペクトの青山先生はやっぱりサイコ〜!
公安の話がややこしくて子どもは絶対に意味わからんところはある作品かなと笑
でもそれを打ち消すくらい、クライマックスはテンションあがるし見てて楽しかった。コナンの体幹の強さにびっくりする作品です。
卯月

卯月の感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

友人と鑑賞。観終わると同時にもう一回観ようと話がまとまった。名探偵コナンで相棒でワイルドスピードだった。

原作もアニメも追ってないけど、純黒からこちら友人に誘われて毎年劇場に行っている。その程度のファンとも言えない層だけれど、今年の劇場版は去年一昨年と比べると、彩度がおさえられているように感じた。アニメよりもドラマ寄り。

普段なら、なかば物語の記号的扱いになっている、警察や検察、公安、弁護士や検事などといった役割のキャラクタがメインになるためか、前半〜中盤、ともすれば終盤にかかるまで、淡々とその説明がされている、といった印象。
それはそれで興味を惹かれはしたけれど、もうすこし劇としての部分が見たかったな、と思わなくもない。もちろん、伏線があったり、それなりに人間関係の絡みなどはあったけれど。やはり説明を見ていた、というイメージが強い。

だから、終盤の盛り上がり、アクションシーンは唐突。カーテェイスと爆炎、スケボーとサッカーボールはコナンの様式美なので、畳み掛けてくるそれらの魅せ場に置いてけぼりにされることはなかったけれど。
ともかくと、淡々と進んでいたストーリーが怒涛のように流れる終盤だった。アクションが好きなことも含めて。

そして、安室透、ゼロ。なんだこいつ。かっかいいな! と。
個人的に、彼はガンダムネタからきたキャラ、というのが重要だったので、某シーンの舌打ちを聞いた時にはその方向で興奮した。狙っているのかいないのか。どちらでもいいけれど。安室透、かっこいいな。
日向文

日向文の感想・評価

5.0
なんの予備知識もなく、特に名探偵コナンファンでもない私が、なんとなく入った映画館で時間があったから観た私が、終わって劇場から出たその足で次の回のチケットを買って二回連続、二十四時間のうちの四時間を捧げた素晴らしい映画です。
めぐ

めぐの感想・評価

3.0
10回くらい、んなわけ!!と心の中でツッコミましたが、
これがコナンの劇場版ならではですよね。
(欲を言うと、コナン無双タイムは、瞳の中の暗殺者くらいの感じにおさえてほしいです。)
Runa

Runaの感想・評価

4.0
今までの劇場版で1番複雑な内容だったけどとても深い内容で楽しめた!
安室さんのイッちゃってる顔がかっこよすぎます。
どっちかっていったら赤井さん派なんだけど映画終わった後グッズ買っちゃいました。
もう1回執行されに行きたい。
久しぶりの映画!今までとテイスト違うくて良かったんじゃないでしょか!✨私は嫌いじゃない。99.9のパロディ感すごかったけどご愛嬌やね。笑
Naoya

Naoyaの感想・評価

2.7
劇場版の『名探偵コナン』22作目。東京サミット開催地となる施設で突如大規模爆発事件が発生。コナンたちは、その事件に公安警察に所属する安室透が関わっていると疑い始める。公安警察や警視庁と関わっていくだけあり、暗躍するミステリー要素はある。ドラマが主体になっている感もあり、大人向けにシフト転換されたかのような内容だが、コナン映画史上最高クラスのスペクタクルなアクションとなっていて、盛り上がりがしっかりあります。難しく考えず、気楽に楽しむ内容で、アニメながらの大味だが、娯楽に溢れてます。本作でのキーキャラクターとなる、安室透の存在感は光っており、ファン層向けでもある。
yooooh

yoooohの感想・評価

3.6
心配になるスケールのでかさ
名探偵コナン Tokyo Drift&SkyMission
て感じでした。
ワイスピで最強なのは結局テズなんよな
七央

七央の感想・評価

3.3
警察内部の役割などの事前知識を入れてから観たので理解しながら観れましたが、わりと難しめな内容という印象。

安室さんは格好良かった。
>|