クレヨンしんちゃん ヘンダーランドの大冒険の作品情報・感想・評価

クレヨンしんちゃん ヘンダーランドの大冒険1996年製作の映画)

製作国:

上映時間:97分

3.8

「クレヨンしんちゃん ヘンダーランドの大冒険」に投稿された感想・評価

オトナ帝国が人気ですが、私の中でクレヨンしんちゃんの映画と言えばダントツでコレです!
名シーンや名キャラ多数。
トランプのシーン、マカオとジョマに追いかけられるシーン、抽選会のちょっと怖い感じ等々。もう大好きです。
変だ変だよヘンダーランド〜
嘘だと思うなら
ちょうとおーいーでえーえーえー
って歌しばらく歌ってた気がする
まあや

まあやの感想・評価

3.3
子供の頃の補正があったのか、今見るとそんなもんかなあ、と言う感じです。
ただ毎回クレヨンしんちゃんの映画は何か与えてくれますね。
すげー怖かった
偽トーチャンとス・ノーマン・パーが

おかま戦は最高
スノーマンの忍び寄りはホラー映画の良いお手本。

何気ないシーンでスノーマンが言った「ばあさん、死ぬまで生きろよ!」は名言感が凄いなぁ
ヒルコ

ヒルコの感想・評価

3.5
不気味、の一言に尽きる\(^o^)/ 内容はとにかくいい意味でしっちゃかめっちゃかで飽きさせない作りで魅入っちゃうだけど、なおさら漂うヘンテコな不気味感に苛まれるという不思議映画。雛形あきこの使い方は絶妙でエンディングテーマも良いよ!
幼稚園の頃一番最初に観た劇場版しんちゃん。かなり久々に観ました。鮮明に覚えてるのはヘンダーランドのCMソング、ス・ノーマンのキャラ、風呂場の不気味なシーン。今見返すと幼少期の頃気付かなかった点が沢山有って面白いです。(ス・ノーマンが「矢切の渡し」を歌ってたり、しんちゃんがヘンダーランドに行くまでかなり礼儀正しかったり、おヒナが何度も登場、ギャルみたいな敵役、優雅なオネエキャラの二人とか、妙にお洒落なババ抜き)終わり方はかなりあっさりしてたのが意外ですが、全体を覆うこの独特な雰囲気はなかなか癖になりますね。

このレビューはネタバレを含みます

 ヘンダーランドという遊園地に遊びに行ったしんちゃんたち。したらそこは悪い魔法使いたちがいて日常を侵食しはじめていく。

 序盤は相変わらずのしんちゃんたちの日常でほのぼのしているけど、魔法使いたちが悪巧みしているらしいぞ、としんちゃんが気づくけど。周りの友だちや大人たちは誰も気づかない。
 しんちゃんと観客だけがわかっているのに、誰もわかってくれないという怖さ。家にまでやってくるス・ノーマンというキャラクターの怖さったらないです。みんなからは人気者だけどしんちゃんにだけは怖い存在。
 
 しんちゃんがカードを使って魔法で戦っていきますが、しんちゃんが呼び出すキャラクター3人のやりとりは笑えて面白かったです。豚の侍がすぐ裏切るのが笑えました。
 クライマックスのカタキ役との追いかけっこも面白かったです。

 欲をいえばしんちゃん以外の仲間たちの存在が薄かったのが個人的には残念でしたが、95分、不気味で夕方の遊園地の哀しさが素晴らしいアニメーションでした。
わたしーはトッペーマあなたのしもべっ!
たったーらーたったーらたったーららーみたいなんがずっと頭に残る。
トッペマかわいい
子供の時に観て笑ったシーンで大人になって観ても笑えました。
アクション仮面、ガンダムロボ、ぶりぶりざえもんと協力するシーンと、追いかけっこのシーンが笑えます。
なにも考えないで見れて好きっりしました。
>|