クレヨンしんちゃん オラの引越し物語 サボテン大襲撃の作品情報・感想・評価

クレヨンしんちゃん オラの引越し物語 サボテン大襲撃2015年製作の映画)

上映日:2015年04月18日

製作国:

上映時間:104分

3.4

あらすじ

「クレヨンしんちゃん オラの引越し物語 サボテン大襲撃」に投稿された感想・評価

今度はメキシコにひろしが転勤?!サボテンの輸出を目指す!でも、そのサボテンが人を襲う!

しんちゃん版パニック映画!  

悪役かなと思った人もさそほど悪役じゃなくてびっくり!

ただし、映画の放映時の流行のお笑い芸人が出ているのが時代を時代を感じてしまう
しんちゃん引っ越しちゃったら寂しいだろうなー。パニック映画っぽくておもしろい。ひとりひとりがちゃんと活躍して良かった。
白玉母

白玉母の感想・評価

3.4
クレしん映画には珍しい悪い組織の出ない話だった。
初っ端から野原家のメキシコ進出で春日部防衛隊がバラバラに。
そのおかげで春日部防衛隊の団結が強まった。
別れのシーンに感動。
メキシコでは予想通りの展開で、面白い。
キラーサボテンから逃げる時のお茶碗持つ方の手を思い出すシーンが好き。
やっぱりクレしん映画にはオカマさんが出るのね。
町長嫌な奴だったけど最後は改心。
まあ、珍しいものが現れた途端によってくる人間が信用出来ないってのは当たり前だと思う。
最後はやっぱり春日部防衛隊が窮地を救う。
エンディングとしんのすけの手紙を読む風間くんのシーンが感動する。
meee

meeeの感想・評価

3.6
改めて、クレヨンしんちゃんって
ストーリー能力が非常に高い。

(ドラえもんの映画を見たあとだから、余計にそう感じる。)

映画も毎回毎回、同じテンポ・流れ
じゃなくて、大人も十分に楽しめる。

この作品はギャグ要素が強くて、
本当面白かった。

あとは、町長について、最初本当に
嫌な人間だと思ったけど、
町への愛が強くて、何だが感動。

総合的に面白かった🙆‍♀️
しんちゃん一家が転勤でメキシコに引っ越す話かと思ったら序盤にアッサリ引越しを終えてしまいました。
舞台をメキシコに移してのいつものしんちゃんです。
序盤の引越しでのお別れシーンが良かったです。
普段は正面からの笑顔や泣き顔を見せないしんちゃんの涙を見せるのは反則ですね。
YUKI

YUKIの感想・評価

3.0
しんちゃんが綺麗なおねいさんが脱いだシャツの匂いを嗅いでる描写がウケた。
きのこ

きのこの感想・評価

3.5
大人も子どもも楽しめる感じ
序盤にひろしがメキシコへの単身赴任の事を家族に隠すくだりがやたらリアル
ママン

ママンの感想・評価

2.9
昨日、仕事をサボって観てたやつ(笑)

「池上彰って植物にも詳しいの?」と終始『彼はほんとに必要か?』さを考えさせられた🤨(声も違うし)

クレヨンしんちゃん版『トレマーズ』と言えばいいのか?多分“参考にしてる”のは間違いないだろう。。。

いつもながらふざけたネーミングも面白い☺

スッカリ消えたので忘れていた「ダメよダメダメ」の女芸人たちが遺跡のように発掘される作品となっている⛏

スマホも何かサボテン対策として、突然変身‼️とかして倒してくれるのか?と思えど「せん(しない)」

無理に海外に設定を置いただけで、ちょっとつまらなかったなー。
矢端

矢端の感想・評価

3.5
クレヨンしんちゃんの最近の映画を久し振りに見たんだけど、結構良かった。
b級モンスターパニック映画として一級品
ベタベタの展開だけどセオリーを押さえつつしんちゃんらしさが十二分に発揮されてたのでとても良い

湯浅監督もクレジットされてるのでもろにぽいなーって感じのとこあったり。
特にプロレスラーは湯浅監督のキックハートのキャラじゃん!ってなった
>|