クレヨンしんちゃん オラの引越し物語 サボテン大襲撃の作品情報・感想・評価

クレヨンしんちゃん オラの引越し物語 サボテン大襲撃2015年製作の映画)

上映日:2015年04月18日

製作国:

3.4

あらすじ

「クレヨンしんちゃん オラの引越し物語 サボテン大襲撃」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

パニックホラーやん…しんちゃんにホラーは求めてない!要所要所は面白かったので、人食いサボテンという要素が無ければ面白かったかも…って元も子もないけど笑
テレビで流れているのを流し見していたつもりが、気づけば見入っていた。パニックホラーみたいなノリで楽しかった。
カロリーナ綺麗だった…
ただ、過去のクレしん映画と比べると作りの浅いキャラがたくさん出ているだけ、というイメージは否めない。しんちゃんたちとともに行動する仲間たちに秘められた過去があるわけでもなく、そのままのキャラクターという感じ。
あと引っ越しの描写は、あれだけ予告や売り文句で打ち出している割にはあっさり終わってしまう。
全体的にのどごしが良すぎて逆に印象が薄い。
しかししっかり笑いのシーンもあるなどクレしんらしさは残っている。個人的にはお気に入り。
tamaish

tamaishの感想・評価

3.5
前半は野原一家の引越しに伴うしんのすけと風間くんの感動ストーリー😢
後半はモンスターパニック映画🌵
雰囲気ガラッと変わります。あれ?って思ったけどこれはこれで面白い。
そして今作もひろしが熱い。営業でペコペコしてたかと思えば、後半はゾンビ映画の主人公さながらの活躍っぷり。
やっぱり頑張る親父はかっこいい。
え

えの感想・評価

3.1
まさかのパニック映画だった🌵🏜
風間くんとしんちゃんのシーンは泣ける
くだらな過ぎて良かった。
メキシコ転勤の設定も最初はどうなるのかなと思ったけど、陽気なメキシコ人と野原家があっていて、また面白かった。
まよい

まよいの感想・評価

3.0
風間くん、しんちゃんのこと大好きなんだね、、かわいらしい友情。
今回もみんなで頑張る話!サボテンが追ってくる〜〜
Nozomi

Nozomiの感想・評価

3.3
最初がクライマックス。
メキシコ要素少なめやし野原一家言語習得はやっって感じやったけどテンポ良くて中だるみしなかった。
「踊れアミーゴ」が色々怖いと言われているように、しんちゃん×ラテンは要注意な組み合わせかもしれません。

最近テレビシリーズは観ていないので冒頭では色々なキャラが集まっていて懐かしい感覚が。

メキシコに引っ越して以降は何となく「トレマーズ」を思い出すようなパニック物になり驚きました。
結構良いキャラが次々と犠牲になるのでなかなか怖かったです。「デスペラード」のアントニオ・バンデラスみたいなマリアッチも登場したり結構充実の作品。
.
#映画備忘録 #20180924
#クレヨンしんちゃんオラの引越し物語サボテン大襲撃
監督/橋本昌和
脚本/うえのきみこ
2015/日本/104分
#Netflix #1日1本オススメ映画
#映画部 #映画好きな人と繋がりたい
.
劇場版クレヨンしんちゃん23作目。
ひろしの転勤に伴いしんちゃんが
春日部からメキシコに行くお話。
冒頭、しんちゃんのお見送りシーンで
既に涙腺緩くさせられる。
特に、納谷悟朗さんが亡くなり
園長先生はいないと思ってたのに
まさかの過去収録分からの特別出演。
そこからの風間君としんちゃんの
友情コンボで開幕20分でもう泣いた。
.
相変わらずトラブルに巻き込まれる
わけだけども、今回はもうゾンビ映画。
ぞんび+進撃の巨人だわさ。
目の前で人が捕食されても
いつも通りな5歳児が1番怖いよ。
.
ゾンビ映画鉄板ネタの、1人はんぱなく
うざいヒールがいるとか、
自己犠牲のシーンとか、音を立てたら
だめなのにシーンとかもあって
ハラハラしながら見れる!
あと今回声優で浪川大輔が出てるん
だけど、なんでああもゲイ役が
上手なのか。半分ヒソカみたいだった。
.
敵はサボテンなんだけども
サボテンの走り方とか見てると
ほんとに進撃の巨人の巨人だった。
.
あとパロディなのかわかんないけど
敵の性質が分断しても復活するってのは
T1000っぽいし、それならあの
親指立てながら食われたやつも
T800なのかな?とか思っちゃう笑
.
話も中だるみしないし好きなタイプ。
>|