クレヨンしんちゃん ガチンコ!逆襲のロボとーちゃんの作品情報・感想・評価

クレヨンしんちゃん ガチンコ!逆襲のロボとーちゃん2014年製作の映画)

上映日:2014年04月19日

製作国:

上映時間:97分

3.8

あらすじ

「クレヨンしんちゃん ガチンコ!逆襲のロボとーちゃん」に投稿された感想・評価

劇場で見た公開中しんちゃんがかなり胸きゅんだったのでDVD借りて鑑賞♪今作も感動ノ~切なく泣ける🤖
nununu

nununuの感想・評価

3.9
実はこのシリーズ一度も見たことなかったけど、不覚ながら泣きました笑。
クレヨンしんちゃんいいじゃん。
こむ

こむの感想・評価

4.1
作画も話もしっかりしてた。
しんちゃんはいろんな体験してすごい。
このシリーズは評価高いのを知ってましたが、子供映画だと観てませんでした。
何となく放送されてるのを観ましたが、ちょっとビックリ。映画として良く出来てますね。子供向けと大人向けのバランスよくて、子供の頃に観たロボット映画で感じた、悲哀のような感動を覚えました。
食わず嫌いせずに、他も見てみるかぁー。
nana

nanaの感想・評価

-
たまたまテレビでやっていたのを鑑賞しました。
湯浅監督が久しぶりにがっつり関わっているしんちゃん映画。
序盤のひろし目線で町を移動していくシーンとか、画がぐわんぐわん動いていてそれを見るだけでも楽しい。
そのひろし目線が、終盤でもう1回活きてくるところも素敵です。

現代日本では何かと邪険に扱われがちな、弱い父親達の復権を企てる「父ゆれ同盟」。←何かの略称だったけれど忘れた(笑)
実際に現実にも存在している問題を掲げている割りには、名前とか動きの滑稽さで面白さ、しょうもなさも確保していて、子供にも、連れてきた大人にも楽しんでもらえるような仕組みになっています。

話が深刻になりそうになったら某テレビ番組パロで笑わせたり(しんちゃんのモノマネがかわいい)、最終決戦それかよ!というようなバカバカしさだったり、そして最後はほろりとさせられたり、物語全体のバランスがとても良いと思いました。
「オトナ帝国」「戦国大合戦」の次に名作!と言われているのも分かる気がする。
個人的には凄く好きでした。

主題歌の「ファミリーパーティー」も、ピコピコ音と、ひろしをはじめとするすべてのお父さんに向けた愛のメッセージのような歌詞が、この物語に合ってて良かったです。
y

yの感想・評価

4.1
ひろしはいつでもかっこいいし、いくつになっても笑えるクレヨンしんちゃんは最高!
脚本 中島かずき

つまり、そういうこと。
ラストは涙で溢れた。
だっく

だっくの感想・評価

4.5
クレしん世界ではひろしがロボになることもまあ自然だろうという思い込みを巧みに利用された
オチは予想つく。分かってはいるけれどもジーンとくる。ベストオブひろし。
WOWOW一挙放送にて。

ちょうど帰宅時間にやっているので片手間に何作か観ていたのだけれど、最近でも名作と評判だったので最初から最後までしっかりと観てみた。

ぼーちゃんがボソッと「H2O...」って言うくだりとか、絶対子供わからないだろとか思いつつ、一緒に観に来る大人にも配慮してるんだなと妙に感心。

終盤のバトルも熱かったよひろし。
>|