クレヨンしんちゃん 雲黒斎の野望の作品情報・感想・評価・動画配信

クレヨンしんちゃん 雲黒斎の野望1995年製作の映画)

上映日:1995年04月15日

製作国:

上映時間:96分

3.5

「クレヨンしんちゃん 雲黒斎の野望」に投稿された感想・評価

改めて見ると子供の頃は気付かなかった色々なことが分かって良かった。この作品センスがバチバチに尖ってて本当に好き。ウンチおパンツローリングサンダー!
田最環

田最環の感想・評価

3.7
ネットでの評価は上位に上がる作品。
いろいろなものが詰め込まれた作品。個人的には気に入った。
未来要素、戦国時代という時代、大人しんちゃん登場、シリアスシーン、トラウマシーン、魅力的なヒロイン・敵、ロボバトル、SF要素、殺陣などが見どころである。

吹雪丸と、リングっておそらくどこかしらで血が繋がってますよね。笑
見た目も似てるし、名前もリングスノーストーム、訳すると...。

敵も、殺すなどの台詞を普通に吐くので、新鮮。また黒幕は組織だったり悪事を働く背景を描くことが多いが、今回は単純に未来から来た変人でちゃっかり征服しているという異質さが面白い。

大人しんちゃんの殺陣シーン、無駄にかっこよくて笑う。

子供向け映画作品なのに、SFの設定が妙に凝ってて驚いた。

現代戻ったあとの忍者との戦い、本当に高速戦闘してて笑う。
ロボバトルでは、動力源がハムスター、CPUがシロという想像力に感心した。


吹雪丸の髪を切るところは、父から男して育てられた宿命を受け入れるシーンでもあり、花を見るシーンや温泉でも髪が揺れていたり自分が持つ女を捨てた切ないシーンだと感じた。
でも、子孫がいるあたり子供産んだ可能性も考えられますね。

他にも時代劇などに出てきそうな言葉遣いが良かった。八幡、縁側の蝶→胡蝶の夢とか。
SF、戦国時代、巨大ロボット大戦と盛りだくさんの映画。

SF要素は分からないところもかなりあったが、戦国時代では迫力満点の殺陣や、音楽が素晴らしい。一件落着と思わせ、さらに展開するのも面白い。

雲黒斎陣営も不気味だが、大人しんちゃんもかなり不気味。
リングストームの「時は勝手に流れる、今やるべきことをやればいい」ってメッセージが気に入った。
K

Kの感想・評価

3.5
「世界平和なんてうちの家族には関係ないけど」って言っちゃうひろしいい

戦国時代終わったと思ったら
またパラレルワールドでわけわからんかった
SFって私もよくわかんない
なんかもうずっとちんぷんかんぷん
こんなん子ども理解できるの

ひろしとみさえがおもしろい映画だった
2秒前

2秒前の感想・評価

-
時代劇パートは傑作。話が一本道な活劇だし何より背景美術が素晴らしい。菜の花畑での浪人との戦いが白眉。
雪だる

雪だるの感想・評価

3.1
しんちゃんの映画。
うんこくさい
というタイトルつけるくらいおふざけ!
ハマればハマるのでしょう
まるで安部公房の小説を読んだような
意味がわかるようで分からない
どんな精神状態だったらこんな作品ができるんだ…
エンディングがやたら明るいのも不気味
もはやホラー映画である

(全部褒めてる)
HSK

HSKの感想・評価

3.8

タスケテケスター!!!


今でも言う口癖↑笑

一回元の時代に戻ってきての…もぅ一回って所がミソですよね〜〜!!

ABBAAB→→←
3作目、鑑賞終了!
Kirocu

Kirocuの感想・評価

3.0
劇場版3作目。
これはもう純粋に子供が楽しめる映画だな。アクション冒険活劇コメディという感じ。おもしろかったけど、大人が観ても感動する、という感じではなかったかな。
富山敬さんの声なつかしい。
ヒエールジョコマン好き。
最終戦闘も好き。
だけど、大人しんちゃんはきもい。
>|

似ている作品