クレヨンしんちゃん 襲来!!宇宙人シリリの作品情報・感想・評価

クレヨンしんちゃん 襲来!!宇宙人シリリ2017年製作の映画)

上映日:2017年04月15日

製作国:

上映時間:103分

3.3

あらすじ

「クレヨンしんちゃん 襲来!!宇宙人シリリ」に投稿された感想・評価

mitakosama

mitakosamaの感想・評価

3.0
プリンセス以来の宇宙人ものの今作。
野原家に不時着した宇宙人の子供シリリ。その能力でひろしとみさえの身体を子供に退化させる。
元に戻すため種子島にいる父親の所まで旅をする、という物語。
春日部から九州までを子供達で旅するというロードムービーの体裁をとっている。
まぁでもくれしんでロードムービーって、ヤキニク含め案外あるからなぁ。

それにシリリの父親が、地球制服を狙うために息子を利用していたって設定…
スパイ大作戦で、スパイの娘を親が悪事のために利用していたって内容と一緒だよなぁ。
やっぱり物語自体には新鮮みは無いかしら。
しかもスパイ大作戦と違い、最終的に親が改心しない…

シリリの父親に雨上がり宮迫。インクレディブルの悪役やウルトラマンベリアルなんかを演じてきてるので、安定の上手さ。
あと、ひろし役の藤原啓治が病気療養中で今作だけ声が違う。でも殆どが子供化ているのであまり違和感を感じないね。

面白いのだけど、若干マンネリ化んも感じる内容。
TOY

TOYの感想・評価

3.0
2019年61本目

宇宙人シリリとしんちゃんのロードムービー。
ロードムービー部分まではとても良かったが、ラストへの展開が雑すぎてかなりのマイナス。

ネネちゃんのマサオくんの扱いが面白かった。
kaito

kaitoの感想・評価

3.7

このレビューはネタバレを含みます

感動度はかなり低め。
皆んなと同じ事が出来ないことで周りから劣っているように見えても、その人の持っている個性を伸ばしていけばいい。
シリリの父親が絵に描いたような悪役ではなく、彼なりの教育論を持っている一言で間違っていると言い切れない、なんとも社会派なキャラで考えさせられる。
やはり理想の父親像はひろしだが。
毒親にならないように気をつけましょう。
劇場過去作のキャラクターがチラホラ。
まきこ

まきこの感想・評価

3.0
エンディングに全てが集約されてる


2019年 24本目
buppi

buppiの感想・評価

3.9
自分の身よりも月曜からの仕事を気にする日本人
しんちゃんは眉毛以外みさえ似なんだなと感心した。
父シリの計画めちゃくちゃだけど、シリリがトラウマを抱えないか心配です。
1952

1952の感想・評価

-
大砲で飛ばされても無傷の5歳児やばい
カレン

カレンの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

もっとシリリとの別れのシーンとかお父さんとの仲直りとか見たかったなって思う
でもしんちゃんの、シロは役に立たないけど家族だぞってセリフと、シリリにいい加減だなあって言われた時に、子供だからね、って返したセリフ、どっちも素敵だなあって思った
シリリってネーミングは良い
>|