ほんとにあった!呪いのビデオ45の作品情報・感想・評価・動画配信

ほんとにあった!呪いのビデオ452011年製作の映画)

製作国:

上映時間:60分

ジャンル:

3.0

『ほんとにあった!呪いのビデオ45』に投稿された感想・評価

ユ

ユの感想・評価

3.0
「逢魔時の怪」って別にそんな怖くないけど好きな映像なんよな〜
「逢魔時の怪」
サイズ感が怖い。

「ブランコ」
子供の何でもない動きなのだが不気味。

「秋祭り」
女性の背後を通過する救急車の窓に写ってるのが顔のように思えるけど言及されず。

「鬼子母神」
夜中に3歳児が道端にいたらそりゃ怖い。ガッツリ写ってるのよりも一瞬写る瞬間の方が格段に不気味。

「シリーズ監視カメラ セレクトショップ」
これはわりと怖かった。『リング』の呪いのビデオを彷彿とさせる、小さい鏡に写る長髪の女。

「お別れ会の練習」
若干の「クニコ」っぽさ。正面から写された顔の不気味さ。ノイズ。

「茅の輪くぐり」
うーん。

「首の家」
明らかに異様な場所に顔があるのに振り向くときは普通に人間のありふれた動作だなーと思わせる振り向き方というのがかえって不気味で良い。
えす

えすの感想・評価

2.9
『逢魔時の怪』夕焼けの方にカメラがズームしていって、強くなる影とのコントラストが他界と繋がっていくようで不気味に映る。

これ以外はあまり記憶に残らず。
「逢魔引の怪」怖いというよりかっこいい。なんかゲームの悪役っぽい。

「ブランコ」もっとブランコ揺れてくれ

「秋祭り」これって祭りや出動してる警察はガチですよね。警察出動させる予算無いはずだし。てことは?霊もガチ?

「セレクトショップ」監視カメラに写る鏡に霊が映るという2段映り込み。怖。

「お別れ会の練習」遺影の顔。バチくそ怖い。
「首の家」マネキンの合間にガチの顔がある。くそ怖い。

「鬼子母神」時間かけた割に普通
ブランコ
ナチュラルに子供現れてうわ〜と思ったけど、そのあとのリプレイでどでかく泣き声と字が出てきて笑った。冒頭の小声ピースピースが謎

秋祭り
某ゲームの要潤みたいなのが出てきて爆笑した。ていうか搬送してる様子を撮るなよな。

お別れ会の練習
急に遺影

首の家
見つかっちゃった的な感じのお化け。もし遭遇したら怖いだろうな
marumame

marumameの感想・評価

2.0
『首の家』はなかなか怖い。
マネキンの首の山の中からこちらを見る顔が!!てやつだけど、それが怖いってよりも撮影者と一緒にいる女の人のリアルな怖がりかたがいい。
『鬼子母神』3才の女の子の霊。スタッフが調べていくと虐待されて死んだらしい?ことが判明。川居さんがんばる。あげくのはてにほん呪展開あるあるの自殺?いやーいくらなんでも3才自殺するか?おもろいなほん呪。
Synovu

Synovuの感想・評価

5.0
記録用。2017/3/8
わざと時間を空けて自分を焦らしていた。前回までの菊池さん生還でハードルが上がった不安もあった。しかし全てが杞憂だった。映像はとにかく濃い。強いのではなく濃い。現象も複数起きる。途中の極めて弱い映像は、完全に意図的。画面から岩澤ワールドが迸る。児玉監督の前期までが好きな人は、絶対に好みが分かれる。ここからは広義のホラー好きの領域だな。リプレイの被せ、音響、全て好み。ドキュメンタリーパート「鬼子母神」では、いよいよ生きてる人までリプレイ。ドラマも濃い。僕の中で黄金期再びスタート。
そこまで間延びすることもなくバリエーションもあって悪くない。【逢魔時の怪】人物が奥で幽霊が手前の構図が斬新、首の重さが伝わる落下音も良し。【秋祭り】実際の映像だと集中度が違う。【首の家】マネキンだらけの廃墟にヤバさが漂っている。暗視カメラなのに撮影者の反応速度が速すぎる。【鬼子母神】前後編。幼児虐待に絡めた語り口は良いが、幼児が自殺という推察は無いわ。スタッフの口論は表でやると尺稼ぎに見える。
大木茂

大木茂の感想・評価

2.4
もうここから霊をとらえた瞬間背ける映像0点な

救急車を撮影して映っちゃいましたってやっぱり恐怖と不謹慎って紙一重なんかな

首の家マネキンは不気味でいいねぇ
パニクって1人で逃げたりヒス起こす人物はあんまり好きじゃないけど

なんで大事な取材を下っ端にやらせるんだろうかこの制作者達は…
堊

堊の感想・評価

3.7
ほぼベスト。『首の家』がほんとうにやばい家に行っていて怖いし、『逢魔時の怪』も絶妙なノイズ+昼間+映りすぎてるのが怖い。『お別れ会の練習』、『秋祭り』はホラー部分自体は酷いが、開始1秒で映像そのものの覇気にやられる。『秋祭り』なんて救急患者勝手に撮って呪いの対象にしてるし……
>|

あなたにおすすめの記事