クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶモーレツ!オトナ帝国の逆襲の作品情報・感想・評価・動画配信

クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶモーレツ!オトナ帝国の逆襲2001年製作の映画)

上映日:2001年04月21日

製作国:

上映時間:89分

4.1

あらすじ

「クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶモーレツ!オトナ帝国の逆襲」に投稿された感想・評価

みずき

みずきの感想・評価

4.1
めちゃ泣ける。
バスでのカーチェイスのところは死ぬほど笑えて、昭和の世界観とラストは涙しかない
真子

真子の感想・評価

3.8
昔観た時は懐かしい感覚がいまいちわからなかったけど、今ならわかる気がする。
もう一回観たい
全ての大人に観てほしいクレしん映画第一位
merem

meremの感想・評価

4.2
子供向けアニメだと思って舐めてる人に是非見てもらいたい作品。
ヒロシの回想シーン、しんのすけの全力階段登りに何度泣かされたことか…
空衣

空衣の感想・評価

4.0
「お姉さんみたいなイイ女とデートしたいから!!」
大人になりたいしんのすけのこのセリフは泣いた
モ

モの感想・評価

4.0
久しぶりにみた、カップルが大好きだ
子供のときにやっていた習い事や部活動。呑みながらそのときの仲間と昔のことを話したり、obogとして現役の後輩たちと話したり…
そんなときに感じる「あぁ、、俺ってもうこのときにもどれないんだな。。」感はよくないだろうか?
おそらく観る人のタイミングや立場・状況によって感じ方は違うんでしょうね。今回僕が観たときは上のようなことを感じた。というのは、しんのすけ(たち)ではなく大人たちキャラクターに感情移入したからだ。そしてなによりケンたちイエスタディ・ワンスモアの目線になった…ような気がした。


○昔はどうして懐かしいのだろうか

まだ見えるところだけが自分の世界だったあの若くて、でもなぜか黄金に感じてしまうあの日々たち。そんな頃に戻れるとしたらあなたはそれを望むだろうか?
ちなみに、僕は間違いなく望んでしまう。
「今だったらこーするのにな~…」という後悔から、「そんなんじゃなくて、あれしたほうがいいよ!」という求めていないアドバイスなんかをつい言ってしまいそうになる。あの頃はなーんであんなことやこんなことに気づかなかったんでしょうね~(/--)/

しかし、こんなこと自体を感じること。それは戻れないからこそのある種手に届かないという理想へのあこがれの想いの表れなんじゃないかと考える。
できないからしたいようになりたい。過去に戻れないから戻りたいと想う。そーいうことなんだろな~と。


○ケンは悪者…なのか?

もー覚えてないけど、最初は「おもしろいな~」から、何回か観てテーマとか昔への憧れに浸ってしまうノスタルジー的な大人たちの気持ちがなんとなくわかったりわからなかったり~ 作画やべーよな!とか思ったり、、でも今回(何回目?!)は「ケン(あとチャコもね☆)これから一緒にがんばっていこうぜ!」的な想いで最後を観ていた。
ラストシーンにボスキャラの顔アップシーンがあり、画面の奥に去っていく(しかも画面の左方面に)。しんちゃん映画でこんな扱いのボスキャラって他にだれかいるかな?いたら教えてほしいです(。-人-。)
夢破れたり!でも人生のストーリーてそこからどうスタートするのか!ここがおもしろいんじゃないんでしょうか。この映画の後、2人はどんな選択をし人生を生きていくのか…気になりますね。僕たち今生きている僕らのストーリーでもあるわけですよね~。


○しんちゃんたちにとってのこの恐い世界

映画前半はしんちゃんたちかすかべ部防衛隊のみんなかなりリアルな反応してるなー と。自分たちにはわからないことに、大人たちがどんどんのめり込んで阻害されていく。そら、恐いよね。
僕たちも世界にはまだまだ知らないことがあって、でもそれを知っていて考えたり行動している人がいる。自分にとって身近な人がそんな人になったら?(たとえば親友がいきなりよくわからない宗教団体に入ってまるで別人のようになったときどんな風にその親友をみるだろうか?たとえばやで!)


さて、あなたはどう観ることになるだろうか?(◎-◎;)
>|

似ている作品