1913年製作のおすすめ映画 48作品

1913年製作のおすすめ映画。この年製作された映画には、ルイ・フイヤード監督のファントマや、パウル・ヴェゲナーが出演するプラーグの大学生、ファントマ対ジューヴ警部などの作品があります。

あなたにおすすめの記事

  • おすすめ順

  • List view
  • Grid view

おすすめの感想・評価

「ファントマ」 冒頭、ある夜。パリのパレス・ホテル、公女、医師、滞在する部屋、忍び込み、物色、物音、名刺、金品、投げ…

>>続きを読む

[すべての犯罪はファントマだ!、ファントマと時代の肖像①] 78点 「ファントマ」シリーズはフイヤードの連続映画の最…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

地位の違う伯爵令嬢のあのコに近づくため青年バルドゥイン(VHS表記だとボールドウィン)の悪魔の契約を交わした途端、鏡か…

>>続きを読む

ドイツ初の芸術映画と聞いたので見た。 部屋の中のものを何でも持って行っていい代わりに大金をもらうっていう契約を魔術師と…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

[迷宮都市パリを縦横無尽に駆け巡る追跡劇、ファントマと時代の肖像②] 70点 本作品はフイヤード版「ファントマ」映画…

>>続きを読む

「ファントマ対ジューヴ警部」 冒頭、ある夜。パリのパレス・ホテル、公女、医師、滞在する部屋、忍び込み、物色、物音…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

それは『アッシリアの遠征』なのか、はたまた『ベッスリアの女王』なのか。むしろ『ベッスリアのユディト』ではないのか?と少…

>>続きを読む

これはもう100年以上も前の作品。どちらかというと往年の名作や映画研究の為の作品でもあるが、でもこんな時代にけっこうな…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

[「イントレランス」の原点、社会制度の壁に潰された不幸な母親の受難] 60点 やっと追加されたぜ。シェストレム最初期…

>>続きを読む

どれだけ離れていても、母の愛は通ず。 「スウェーデン映画の父」こと、シェストレムの初期作。 社会派リアリズムの要素…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

[悪は日常生活の目と鼻の先にいる!、ファントマと時代の肖像③] 60点 本作品はフイヤード版「ファントマ」映画群の第…

>>続きを読む

「ファントマの逆襲」 冒頭、ある夜。パリのパレス・ホテル、公女、医師、滞在する部屋、忍び込み、物色、物音、名刺、金品…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

リリアンギッシュが可愛すぎて神。仔犬を抱く姿、働きにいく夫のネクタイを引っ張る姿、内職で得た硬貨を胸元で握り締める姿、…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

めっちゃくちゃおもしろい!!グリフィスすきかも…(←惚れっぽい女風) グリフィス以上に少女を可憐に撮れる人いないかも…

>>続きを読む

インディアンと農場の人々の戦いを撮った映画で、カメラは動かずフィックスのみなるも、カット割りの上手さで魅せてくれますよ…

>>続きを読む

クオ・ヴァヂス(何処へ行く)

製作国:

上映時間:

120分
2.8

おすすめの感想・評価

さすがに何がなんやら分からんww 流しで観て、ストーリーはちゃんとあるんですが理解出来ず。 リメイク作品を観たり内容を…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

世界初の長編を手掛けた女性監督として歴史に残るロイス・ウェバーの傑作短編。 家政婦が出かけて、赤ちゃんと二人だけにな…

>>続きを読む

使用人が去り、一人の不審な男がやってきた。 サイレン期の女性監督のロイス・ウェバーが監督・主演しわずか10分の短編なが…

>>続きを読む

ファントマ/ベルタム事件

製作国:

3.4

真夏の夜の夢

製作国:

上映時間:

22分

ジャンル:

2.8

ファントマ/不思議な指紋

製作国:

4.0

バーニー・オールドフィールドの人生競争

製作国:

上映時間:

16分
2.9

おすすめの感想・評価

監督マック・セネット。線路の上に鎖で縛られたメーベル・ノーマンドを救う為に自動車を疾走させるのは当時の人気カーレーサー…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

デンマークのサイレント映画になります。 ローランド号の沈没がありますが、タイタニックをモデルにしたそうです。 沈没が…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

ほぼ忘れてしまった・・ 海水浴に出かけファッティさんも男らしい水着ではなかった気がする。 印象に残ってるのはチャッ…

>>続きを読む

マックスの写真術

製作国:

上映時間:

13分
1.9

おすすめの感想・評価

 ジョルジュ・サンド『愛の妖精』が原作の映画。わたくしこの原作が好きなんですが、意外に映画化されていないようである。I…

>>続きを読む
>|