1919年製作のおすすめ映画 189作品

1919年製作のおすすめ映画。この年製作された映画には、D・W・グリフィス(デヴィッド・ウォーク・グリフィス)監督の散り行く花や、コンラート・ファイトが出演するカリガリ博士、一日の行楽などの作品があります。

  • おすすめ順

  • List view
  • Grid view

おすすめの感想・評価

ボクサーの父に暴力を受け続ける少女が中国人青年と恋に落ちる、美しい悲劇を描いたサイレント映画の傑作。 少女役は、リリ…

>>続きを読む

【儚くも美しい悲劇】91点 ーーーーーーーーーーーー 監督:D・W・グリフィス 製作国:アメリカ ジャンル:ドラマ 収…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

サイレント映画における「文字」って、時間の経過や場面の転換などの状況説明だったり、あるいは物語を推し進めるための台詞だ…

>>続きを読む

「最古の妄想オチ映画」と言われてますのでネタバレで悪しからず<(_ _)> 原題『カリガリ博士の箱(キャビネット)』 …

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

冒頭家族4人… みんなでお出かけのシーン🎬カチッ! チャップリンの山高帽子をかぶった息子役2人が、彼の歩き方を真似て…

>>続きを読む

チャップリンのショートムービーです。今回は家族で旅行にいくというものでして、自動車のエンジンをかけるところから…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

チャップリンが最初の奥さん、 ミルドレッド・ハリスと スキャンダルにまみれていた時代の作品📽 「チャップリンはうっか…

>>続きを読む

チャーリーの片思い! 「キッド」合間に制作された作品。 初期短編の総集編にもみえる本作。   田舎の宿屋住み…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

リリアンの出演作の中では子供っぽい可愛らしさがふんだんに詰まったメロドラマな作品。 スージーが恋するのは幼馴染の優柔不…

>>続きを読む

涙もろい僕は今までに沢山の映画を観て泣いてきましたが恐らく本作が涙を流した映画で1番古い作品でしょう。 号泣はしませ…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

人間が人形に成りすます? そんな無茶な設定も人形職人が「オッシ2号の完成だ!」と言った時点ですべてがOK。 人形が必…

>>続きを読む

 ドイツ時代のルビッチ作品。ルビッチはすでに有名な映画監督だったが、この年は歴史大作『マダム・デュバリー』(英題『パッ…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

2017年5月13日、シネマヴェーラ渋谷にて鑑賞。(ルビッチ2本立て) この映画、ルビッチのドイツ時代のサイレント映画…

>>続きを読む

渋谷シネマヴェーラにて鑑賞。 ドイツ時代の無声映画。 「ルビッチ・タッチ」の存在だけではないと教えてくれる作品。 本…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

イエスを売るユダ、若き色香から逃れようともがく僧侶、元は忠実なる召使いでありながら保身に走るジャコバン派党員、その妻を…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

上流階級の生活だとみてすぐわかる雰囲気。その中にいた執事のようですが、無人島に漂流してから環境も変わり立場が逆転です。…

>>続きを読む

メモ。 終始メアリの行動があまりにもその場の状況に沿っているからだろうか。面白くない。なにも裏切られない。 都会で…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

これまで敬遠していたシュトロハイムの作品をようやく鑑賞。 冒頭からリュミエールのオマージュも感じられる、無駄の少ない…

>>続きを読む

もう100年近く前の映画ですが、シュトロハイム監督恐るべし。 シュトロハイムといってもジョジョではありません(笑)元ネ…

>>続きを読む

ロイドのブロードウェイ

製作国:

上映時間:

25分

ジャンル:

3.3

おすすめの感想・評価

ハロルド・ロイドによるサイレントコメディ。チャールズ・チャップリン、バスター・キートンに並ぶ3大喜劇王のひとり。丸縁メ…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

フライシャー兄弟によるフライシャー・スタジオはNYにある、元はディズニーの競争相手でもあったアニメーションスタジオです…

>>続きを読む

100年前の作品 ロトスコープという特殊技法を使い唯一ウォルトディズニー社と戦った会社フライシャースタジオ。フライシャ…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

まるで吉本新喜劇を見てるような場面も。おデブのロスコー・アーバックルが怪力男とのやり取りがそうでした。 ロスコー・アー…

>>続きを読む

デブの元で修行中のキートン作品。見世物小屋小間使いキートン達と出演者のドタバタコメディ。 舞台上のキャットウォーク(雪…

>>続きを読む
>|