2020年代製作のおすすめ映画 45作品

2020年代製作のおすすめ映画。この年代には、入江悠監督のAI崩壊や、佐々木蔵之介が出演する記憶屋、犬鳴村などの作品があります。

  • おすすめ順

  • List view
  • Grid view

AI崩壊

上映日:

2020年

製作国:

ジャンル:

-

あらすじ

舞台は、2030年の日本――医療・金融・交通・セキュリティなど、AIが国民の生活を支えるインフラとして欠かせない存在となっている“AI社会”。そんなある日、信頼していた AIが暴走、日本中…

>>続きを読む

記憶屋

上映日:

2020年

製作国:

ジャンル:

-

あらすじ

人の記憶を消せる記憶屋っていう人がいるらしいー。 大学生の遼一は、年上の恋人・杏子と幸せな日々を送っていたが、プロポーズをした翌日から連絡が取れなくなってしまう。そして、数日後に再会でき…

>>続きを読む

犬鳴村

上映日:

2020年

製作国:

ジャンル:

-

あらすじ

常に恐怖体験で名が上がるほどの最凶スポットでもある「犬鳴村」。福岡県の「旧犬鳴トンネル」の先に位置するとされ、「近くの小屋には骸が山積みにされている」「全ての携帯電話が圏外になる」など、日…

>>続きを読む

監督

ファンタスティック・ビースト・アンド・ホエア・トゥ・ファインド・ゼム 4(原題)

5.0

おすすめの感想・評価

シリーズも後半へ…… フィナーレとなる5作目へと繋ぐため、『死の秘宝PART1』のラスト同様、今作のラストも良いところ…

>>続きを読む

ファンタスティック・ビースト・アンド・ホエア・トゥ・ファインド・ゼム 3(原題)

4.1

おすすめの感想・評価

シリーズ中盤…… 作者が伝えたいことは以外と3作目に埋もれているのかも⁉︎ デイビッドイェーツ監督、JKローリング、デ…

>>続きを読む

ファンタオレンジ🍊beastグレープ…はぁ😞💨でしょうね。😢⤵⤵

ファンタスティック・ビースト・アンド・ホエア・トゥ・ファインド・ゼム 5(原題)

5.0

おすすめの感想・評価

シリーズ最終章…… JKローリングが心を変えない限り、今作が本当のラスト! 2024年……この作品が公開される頃には、…

>>続きを読む

なんてこった

おすすめの感想・評価

change.org re-hire James Gunn ↑ ジェイムズ・ガン監督の再雇用を求める署…

>>続きを読む

ガン監督じゃないガーディアンズなんて想像できない

おすすめの感想・評価

ダウニーとジュードが出る以外監督も未定だそうですが、最強のジュードロウ夢女子監督のガイリッチーが続投してくれる事を願っ…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

 冒険と言えば、このテーマ曲! 前作で禁じ手を、ふんだんに盛り込み尚且つファンをガッカリさせる敵のヘッポコ設定が記憶…

>>続きを読む

このために生きる

おすすめの感想・評価

まさか、 フィルロードとクリストファーミラーが監督するとは!!!!!!! これは完全にノーラン節を払拭させるための人…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

今回のアバターもジェームズ・キャメロン監督の脚色が本当に綺麗で独創的な世界観を作っていて 素晴らしい監督だと改めて感…

>>続きを読む

シリーズ最高傑作。 2での伏線がここで回収されるとは思わなかった。最新技術である16K画質の7D映像によって人類は映画…

>>続きを読む

一度死んでみた(仮)

上映日:

2020年

製作国:

ジャンル:

-

あらすじ

大学4年生の野畑七瀬は、野畑製薬の社長である父親の計(はかる)と二人暮らし。研究に没頭する仕事人間で母親の死に際も立ち会わず、何かと口うるさく干渉してくる計のことが大嫌いな七瀬は、「一度死…

>>続きを読む
>|