クレヨンしんちゃん 爆睡!ユメミーワールド大突撃の作品情報・感想・評価

クレヨンしんちゃん 爆睡!ユメミーワールド大突撃2016年製作の映画)

上映日:2016年04月16日

製作国:

上映時間:97分

3.6

あらすじ

「クレヨンしんちゃん 爆睡!ユメミーワールド大突撃」に投稿された感想・評価

mitakosama

mitakosamaの感想・評価

3.4
劇団ひとりが脚本に入ったことが、話題になった様な。ならなかった様な。
でも、タレントが出しゃばったとは思えない、ちゃんとした出来の物語だった。凄いシッカリしてるストーリー構成。

サキちゃんという、横柄で友達を作らない女の子が幼稚園に引っ越してくる。それから春日部の人々の夢が食べられ悪夢になる、という事件が起こる。
サキちゃんの悪夢を見ないよう、父親の発明でみんなの夢が奪われていた。
しんちゃん達の助けでサキちゃんの悪夢の元、母親の死というトラウマを乗り越える。

起承転結が本当に良く出来てる上、キャラクターの心理描写が抜群に上手い!

特にお気に入りなのが、ネネちゃんがサキちゃんに心を開くシーン。かすかべ防衛隊でいつも紅一点のネネちゃんが、珍しく女の子同士の友情を築く場面は思わずホッコリする。キャラクターの配置も実に丁寧。

悪い人が出てこないし、子供の心や大人の愛情などの感情の変化が実に上手に描写されている良作。
あ

あの感想・評価

-
割とおもろい
Yumiboris

Yumiborisの感想・評価

3.3
過去ログ
す

すの感想・評価

4.1
ボーちゃんの地味〜〜な活躍が好き
Shato

Shatoの感想・評価

3.8
2019-039
クレしんにどハマり中❤️

悪夢。小さい子が見たら怖いかも。

エンディングソング、ケツメイシ / 友よ のYouTube
https://youtu.be/IV7usfiEbms
大和田獏
sawak

sawakの感想・評価

3.7
劇団ひとりの(共同)脚本作品だが、「母子愛」というテーマ設定も『クレヨンしんちゃん』シリーズにおいては稀有だし良かった。

加えて「げ・ん・こ・つ」の止め画やギャグ、キャラの描線など、初期作品を思わせるセルフオマージュにファン心をくすぐられて満足度が高い!


恒例?時事ネタはかなりキレキレで、イトカワと渡辺篤史ととにかく明るい安村は笑えます。
misaRY

misaRYの感想・評価

3.0
やっぱりかすかべ防衛隊が活躍する
しんちゃんは大好物だな〜〜!!
と毎回毎回おもうのです。
(最近かすかべ防衛隊映画攻めてます。)
.
ちょっとホラー要素もあったので
小さい子供が見たら怖いかもしれません。
でもハタチの私は大丈夫!!()
これも毎回毎回思うんだけど、
かすかべ防衛隊の絆って本当に強いよな。
みんなタイプがまったくちがうのに
お互いがお互いを補い合ってるかんじ...?
みんな5歳なのにほんとに素晴らしい関係を築いてるんだな〜って。
.
そしてこんな素敵な5人に加えて
今回はサキちゃんが新しい仲間に。
最初は仲間なんていらねぇ!!って感じなのに
しんちゃんやネネちゃんたちの優しさに触れて
徐々に心を開いいきましたね。
.
大切な友達を悪夢から救い出すために
自分たちも大嫌いな悪夢に飛び込む。
大嫌いなものに挑むってとても勇気がいることなのに
友達のためだから、
って果敢に挑んでく姿に泣いてしまいました
(やっぱり泣いた)
ごー

ごーの感想・評価

3.6
しんちゃん映画って、意外と子供に全面向けって感じの映画ではないということが、しんちゃん映画をいろいろと見てきてわかった!
今回のも、こえーよ。って、とこあった。
最後のミサエのところがめっちゃ感動的!
>|