#ヌーヴェルバーグに関連する映画 11作品

  • おすすめ順

  • List view
  • Grid view

おすすめの感想・評価

ハハッ、なんて洒落た作品だ! ゴダールのデビュー作にしてヌーヴェルヴァーグの最高傑作とも言われるこの作品。個人的には…

>>続きを読む

ジーン・セバーグがこの世に別れを告げ、今日で早37年。 その数日後、彼女は変わり果てた姿で発見されるわけですが、本作を…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

ヌーベルバーグとはなんぞ? よくわかった解説が以下↓ 考える水、その他の何か。 〜「ヌーベルヴァーグ」ってなんぞや?…

>>続きを読む

<概説> 言葉を愛する男と感情を愛する女の逃避行。死体、爆薬、幻聴。独特な断片を散りばめながらひとつの結末に収束する…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

 女優に憧れ夫と別れるも夢を掴めないままレコード屋の店員、出会う友人や知り合う男も良くなくいつしか娼婦となったナナ(A…

>>続きを読む

本作に邦題を付つけ直すなら『無情の世界』、英題をつけるなら “You Can’t Always Get What Yo…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

原題の並びが小洒落ているおはなし。 シュールなギャグに、映画の小ネタなど、仕掛けられたギャグのおそらく全てが笑える…

>>続きを読む

なんだーこのゴダールは‼︎こんな明快な映画だとはつゆ知らず。喜劇でした😆 ベルモンドは相変わらず飛んだり跳ねたり男で、…

>>続きを読む

大人は判ってくれない

製作国:

上映時間:

97分

ジャンル:

4.0

あらすじ

フランソワ・トリュフォー監督による最初の長編映画で監督自身の自伝的作品でもある。12歳のアントワーヌはいたずら好きで、成績も悪く教師や両親に叱られてばかり。さらに彼は悪事を働き……。大人へ…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

フランシス・トリュフォー監督による子供の苦悩を描いたジュブナイル映画です。ヌーヴェル・ヴァーグには前衛的で難解なイメー…

>>続きを読む

フランスの巨匠 フランソワ・トリュフォー監督長編デビュー作 トリュフォー自身の少年時代を題材にした自伝的な作品 登…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

「新聞に出るわ。"悲劇の恋人たち"って」って、おいw どうなってるんだろう?1957年フランスw なんだかとってもデ…

>>続きを読む

たまに見たくなるモノクロ映画。WOWOW録画再視聴。 巨匠ルイ・マルの衝撃的な劇場用映画デビュー作。サントラ盤がほしく…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

よい意味で軽い!軽やかというべきか。 フレーミングの鮮やかさ。理屈っぽくない編集のリズム。人物の動かし方。何か起こる…

>>続きを読む

先日リヴェットの二人目の奥さんが来日してたということで久々に見てみたけど、メルヴィル ほどではないもののその切れ味の良…

>>続きを読む

地下鉄のザジ

製作国:

上映時間:

93分

ジャンル:

3.6

あらすじ

レーモン・クノー原作、ルイ・マル監督のヌーヴェルヴァーグ運動が盛んな時期に作られた映画。田舎からパリへやってきた10歳の少女・ザジは楽しみにしていた地下鉄がストで町が混乱している中、パリを…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

パリに遊びに来たザジは一目散に地下鉄へと向かう。 旅の一番の目的は地下鉄なのだ。 ところが地下鉄はストライキの真っ最…

>>続きを読む

再鑑賞。 パリにやって来た少女ザジの冒険を描くドタバタコメディ。 叔父に預けられたザジは家を飛び出し大人たちを振り…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

ジャン=リュック・ゴダール監督の『勝手にしやがれ』に続く長編第2作だが、こんなにも政治的な映画だとは思わなかった😅 …

>>続きを読む

普段は巨匠と呼ばれる監督の作品は全力で避けてるんだけどアルジェリア戦争と関連のある映画は貴重なので鑑賞してみたけど想像…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

[レンブラントの“夜警”の再現]  ストーリィはあるようなないような、監督のジェルジー(イェジー・ラジヴィオヴィッチ…

>>続きを読む

再鑑賞。 ゴダール映画史において第三章に突入した二作目。 この時代になるとゴダールの映像表現は更なる進化を遂げ、新…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

子供の頃、故郷にムサシ無線という電気屋さんがあった 今でいう関西ならJoshinさん、関東ならYAMADAさんとかケー…

>>続きを読む

ロンドンで行われたザ・ローリング・ストーンズのレコーディング風景が収められています。 ブライアン・ジョーンズが在籍して…

>>続きを読む