#内田吐夢に関連する映画 14作品

  • おすすめ順

  • List view
  • Grid view

おすすめの感想・評価

★ はたして“悪”とは何か…?   人間の尊厳に訴えかける重厚なるドラマ 異様な迫力に満ちた作品でした。 現代の視点…

>>続きを読む

【爪】 昭和22年。台風がやってきた。 これにより大型船の転覆事故、さらには別の理由で大火事が発生する。 船からは身…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

今月の「掘出し物映画」はこれ! 私が生まれる前の作品。 父親のDVDコレクションからランダムにチョイスしたんだけど、…

>>続きを読む

気立ては良いが酒乱の主人に仕えるお供の2人、旅芸人の母娘、身売りに出向く父娘、商人、巡礼、按摩、挙動不審の男、そして千…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

三國連太郎さんが他界されてから、今日でちょうど5年が経過。 晩年はもっぱらスーさんの温厚イメージが先行しますが元来は…

>>続きを読む

何度となくレビューに書かせて戴いておりますが、地元KBS京都で年末になると朝から晩まで本シリーズ5本の一挙放送という無…

>>続きを読む

宮本武蔵 一乗寺の決斗

製作国:

上映時間:

128分

ジャンル:

4.0

おすすめの感想・評価

萬屋錦之助『武蔵』の5作め。子供の頃の憧れの剣豪宮本武蔵の生きざまだが、ある程度大人になってから見ると、呆れてしまい、…

>>続きを読む

ようやく4作目にして。冒頭にこれまでの「あらすじ」が入るようになる。 そして各作品ごとに映画のルックが変貌していく。 …

>>続きを読む

宮本武蔵 巌流島の決斗

製作国:

上映時間:

121分

ジャンル:

3.7

おすすめの感想・評価

錦之介 宮本武蔵 最終段。 錦之介 武蔵 VS 高倉健 佐々木小次郎の一騎討ちのクライマックス。決闘シーンは実にイメー…

>>続きを読む

冒頭の総集編はちょっと余計。 「いよいよ」と言うべき最終作。佐々木小次郎との対決…。 しかしながら、意表を突く展開と…

>>続きを読む

宮本武蔵 般若坂の決斗

製作国:

上映時間:

106分

ジャンル:

3.8

おすすめの感想・評価

本日4月26日は内田吐夢監督の生誕120周年記念日! 代表シリーズ「宮本武蔵」5部作の第二弾に当たる『般若坂の決斗』…

>>続きを読む

姫路城の一室にて3年学問に勤しんだ新免武蔵が、名も宮本武蔵と改め修行の旅に出る。沢庵和尚の、野獣から人へという教えを守…

>>続きを読む

宮本武蔵 二刀流開眼

製作国:

上映時間:

104分

ジャンル:

3.7

おすすめの感想・評価

錦之介『武蔵』の3作め。全5作のうちの3作めという位置付けで、大きな盛り上がりもなく、いかにも途中、いかにも続編ありと…

>>続きを読む

シリーズ第3作。 大変面白かった。 これまで描かれてきたキャラクターたちが絶妙に仕上がっている。 冒頭の花の茎の切り…

>>続きを読む

浪花の恋の物語

製作国:

上映時間:

105分

ジャンル:

3.9

おすすめの感想・評価

内田吐夢監督による1959年の作。近松門左衛門の「冥途の飛脚」を脚色(実際に起きた出来事を、近松門左衛門が見守り続ける…

>>続きを読む

近松門左衛門の人形浄瑠璃をベースにした悲恋物。 堅物の飛脚問屋亀屋の養子忠兵衛(中村錦之助)は仲間の丹波屋八右衛門(…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

静かなる狂気。 題名だけ知っていた伝説的名画。ラピュタ阿佐ヶ谷で上映最終日と知って、駆け足で観に行きました。 内田…

>>続きを読む

戦前のリストラ映画。二年前ラピュタで満席で観れなかったがついにリベンジ叶う。不完全なフィルムだが噂通りの傑作。出世とは…

>>続きを読む

人生劇場 飛車角と吉良常

製作国:

上映時間:

109分

ジャンル:

3.8

おすすめの感想・評価

横道に2本逸れての松方さん追悼3本目。 『人生劇場 飛車角』(1963年)から5年後の完全リメイクです。 それも、飛…

>>続きを読む

健さん追悼展とのコラボレーションで 上映されていたところ行ってきました。 健さん目当てのはずが 鶴田浩二に心持ってい…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

後年の「飢餓海峡」を思わせる内田吐夢監督のリアリズム重視の群像劇だった。いつもの時代劇(「大菩薩峠」とか「血槍富士」等…

>>続きを読む

坑内に取り残された五人を救出するため、酸欠というタイムリミットを課せられながら奔走する人々を描いた群像劇。 原作・菊…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

よいです。親に捨てられた三吉が元気いっぱいで最高でした。いい感じにこまんたち三人とうまくいくかと思いきや、悲しい結末に…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

原節子の出演映画(公開9本目)であり、15歳の時のサイレント映画(弁士付き)。  原節子の姿を垣間見ることができるが、…

>>続きを読む

この映画を秀作たらしめているのは、挿入されるドキュメント映像の力だ。

おすすめの感想・評価

後の巨匠監督二人が出演という珍しい映画だ。