クレヨンしんちゃん ガチンコ!逆襲のロボとーちゃんの作品情報・感想・評価

クレヨンしんちゃん ガチンコ!逆襲のロボとーちゃん2014年製作の映画)

上映日:2014年04月19日

製作国:

上映時間:97分

3.8

あらすじ

「クレヨンしんちゃん ガチンコ!逆襲のロボとーちゃん」に投稿された感想・評価

mitakosama

mitakosamaの感想・評価

3.6
今作は公開時に忙しくて劇場で見れなかったんだよな〜。傑作だっただけに無念。

自分の父親がロボットになるというシュール過ぎる内容にも関わらず、なかなか感動出来る良作。

家庭で父親が虐げられる昨今。そんな世を嘆き、父権の復権を目指す組織にひろしがロボットに改造されてしまう(笑)
みさえは最初混乱するが、家事もバンバンこなせるようになり変わらぬひろしの姿に少しずつ受け入れる。

とにかくロボットの身体に一喜一憂する様が可笑しい。機械のギミックもイチイチ変で思わず吹いちゃう。序盤はめちゃくちゃスラップスティック。

するとロボットに改造した一味がカイゼル髭のパーツをロボとーちゃんに装着すると急に封建的に威張りだし女子供に服従を強いるようになる。
世間の肩身の狭い父親を集め“父ゆれ同盟”なる組織を結成。

このご時勢に逆行するように男性上位を敢えてテーマに持ってきたことは本当に攻めていると思う。最終的に男女共存を謳っていることもとても高評価。

それとやっぱりロボ描写は良い。劇中のしんちゃんと同じように男の子心をくすぐられる。
笑えて泣けて,興奮する。色んな感情ごちゃ混ぜで見終わった後の充実感がたんまり味わえる傑作!
流し見の予定がしっかり観賞(笑)
ロボひろしに記憶と感情があるところが切ない。
感情があっても体がロボットならやはり生物と認められないのか。

それを最終的に受け入れなくてはいけないロボひろしに感情移入してしまった。

どちらの「父ちゃん」に対しても、最後まで偏りなく接するしんのすけがすごくいいと思った。
しんちゃんはずっととーちゃんとロボとーちゃんって呼び分けてて、そういうところがいいなぁと…😭

家庭内カーストが下になったお父さんが威厳を取り戻そうとするっていうテーマも良き!
mo

moの感想・評価

3.6
笑えて泣けた。
しんちゃんしっかり者すぎ。強い。
らいた

らいたの感想・評価

4.0
設定はありえないとは思うんだけど、妙にリアリティがあってしっかりと見入った!
アミ

アミの感想・評価

3.7
おもしろかった
最初ロボとーちゃん視点で話進むから感情移入がすごい
クレしん映画はまる
コマ

コマの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

ラストの腕相撲シーンでしんちゃんの掛け声1つで一気にパワーが出るのも、みさえの言った「あなた」が自分に向けられたものではないことを悟って潔く負けるのも、野原ひろしを強く感じさせる

もし自分と同じ人間が急に現れて、あなたは偽物ですと言われて消えなくてはいけなくなったらと考えると心境が計り知れない
レオ

レオの感想・評価

4.0
ナイタ;;
ヒエダ

ヒエダの感想・評価

4.0
腕相撲泣けた
>|