日本統一21の作品情報・感想・評価

日本統一212017年製作の映画)

製作国:

上映時間:82分

3.2

あらすじ

侠和会若頭補佐・氷室(本宮泰風)と侠和会幹部・田村(山口祥行)。西日本睦会々長・福本を乱戦により仕留めたが、氷室を庇った甥の菅谷も命を落としてしまう。甥を失った氷室が失意の中、侠和会では財前による氷室暗殺計画の責任を取り工藤が引退。西日本睦会をも併呑した侠和会は川谷(小沢仁志)が三代目会長となった。丸神連合会長・瀧嶋(津川雅彦)が引退し三田(菅田俊)を二代目とする丸神会と、三代目侠和会とで、日本…

侠和会若頭補佐・氷室(本宮泰風)と侠和会幹部・田村(山口祥行)。西日本睦会々長・福本を乱戦により仕留めたが、氷室を庇った甥の菅谷も命を落としてしまう。甥を失った氷室が失意の中、侠和会では財前による氷室暗殺計画の責任を取り工藤が引退。西日本睦会をも併呑した侠和会は川谷(小沢仁志)が三代目会長となった。丸神連合会長・瀧嶋(津川雅彦)が引退し三田(菅田俊)を二代目とする丸神会と、三代目侠和会とで、日本極道会を二分する勢力が発足した。そんな中、刑務所から丸神会理事長補佐・棟方(樋口隆則)が刑期を終え刑務所から出てくる。兄弟分である川谷と氷室は出所を出迎え、昔を思い出す。それは、氷室がまだ幼かった頃、棟方が氷室と、病に臥した氷室の母に付き添っていた過去だった・・・。そして侠和会は新体制へ!川谷の口から氷室へと告げられた驚愕の言葉とは・・・!!

「日本統一21」に投稿された感想・評価

日本統一に向けての新体制となったものの、内部での揉めごとの予感も。組織の上に立つ人間のいろいろは面白いし、凄いなーといつも思わされる。胃がいくつあっても足りない。それが器量とか度量なのだろうか。