日本統一29の作品情報・感想・評価・動画配信

日本統一292018年製作の映画)

製作国:

上映時間:86分

ジャンル:

3.7

あらすじ

「日本統一29」に投稿された感想・評価

藤原喜明筆頭に北陸勢は特にいいとこ無し。
一方、ジョー樋口JRはリアルファイト馴れを彷彿とさせるボコで魅了も‥

馬場役の桑田昭彦の活躍がめざましかったのに轢き逃げであっさり死亡。

パワハラ女性議員に、赤ちゃんプレイ議員。
ギミックも楽しや。

カジノ利権をめぐり、いよいよ関東丸亀連合との全面対抗戦スタート。

〜〜

今日の一曲

内部抗争はショッパ過ぎる展開に終始した

salt & stone / レキシ

https://m.youtube.com/watch?v=nQmQIHi3Zxw

レキシのフェイバリットはこれ

狩りから稲作へ

https://m.youtube.com/watch?v=yAt1LBR2pJo
きたの

きたのの感想・評価

4.8
エンディングの曲が哀愁漂っていて良い。
蓮司兄弟なんて遺書なんてやり切れねえよな。
会長の情け。
‪内部抗争もついに終了!元工藤組残党しつこかったけどあっという間の幕引きだったな。‬

‪そして氷室が幼い頃から面倒見てくれた棟方さんの決断…‬
‪これはやっとこさ関東丸神会との激戦は避けて通れまへんなぁ!!‬

あと時事ネタで秘書に厳しい議員ワロタ
MaRi

MaRiの感想・評価

-
【2020年14作品目】
豊川議員、、笑った。
秘書に暴行、"このハゲー"の暴言で有名になった豊田議員そっくりの"豊川議員"の登場。
目にアザのある秘書に"このデブー"と叫び、報道で秘書に暴露されるオチもなかなか笑

それに比べてりゅうさんとの別れ...。
kebin

kebinの感想・評価

3.5
宗方〜〜❗️
そう叫ばずにはいられない。
最後は、親兄弟関係なく自分の気持ちに正直になって、貫いた宗方に天晴❗️
能戸淳

能戸淳の感想・評価

5.0
「重責を担う」という言葉がある。
で、今回のエピソードは重責を担う男の生き様を重厚に描いた胸に迫る素晴らしい話だった。

組織の中で役職を背負う人間は、その役職ならではの重い責任を担うことになる。
軽い責任の人間は組織の中ではフワフワと行動できる。しかしその分、やはり組織の中での立場はフワフワなわけだ。

一方で、今回の主人公の男はまさに重責を担うべく苦悩する男だ。そしてその責任を果たせない先にあるのは「ケジメ」という一言のみ。
厳しい世界だからこそ突きつけられる重責、その描き方に観ていてえらく感銘した。

ということで、今回は小沢アニキでも、泰風サマでも、祥行アニキでもない、俳優さんの素晴らしい演技に終始胸を打たれた「ニットウ」史上1,2を争う素晴らしいエピソードだったね。
Thomas

Thomasの感想・評価

3.7
予想通りの結末の北陸編がアッサリと終わった後の展開が素晴らしい。
エンディングの曲は蓮司の心を現すような哀愁漂うギターリフが印象的。

このレビューはネタバレを含みます

元工藤組から侠尽会までのずっと続いて積み重ねてきたものが一気に決着、それぞれが相応の目にあって、特に倉本社長のジタバタぶりはよかった。しかし、棟方…その苦しみ、それぞれの思いを受けて選択しながらも、既に心を決めていたのかと、それまでの胸中を思うととてもやるせない。
Hiroki

Hirokiの感想・評価

5.0
北陸編が妙にあっさり終わった(散々やらかしてくれた倉本社長の死様のエグさ)と思いきやそこからでした。(そこからが凄すぎて馬場の叔父貴の策のまさかに驚いたの忘れてた笑)

丸神会と侠和会の間で揺れる棟方とそれを案ずる氷室の辛さ。

棟方と鶴見がサシで飲むシーン好きなんだよなぁ。

今回もしっかり親父、氷室、田村、姐さんのほんわか絡みあって大満足だー!と思った矢先のラスト。

いよいよ30。どうなるのかな…