クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦の作品情報・感想・評価

クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦2002年製作の映画)

製作国:

上映時間:95分

4.0

あらすじ

「クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦」に投稿された感想・評価

mitakosama

mitakosamaの感想・評価

4.2
こちらもクレしん映画の記念碑的な1作。オトナ帝国と今作が続けて作られたことは奇跡と言っていいでしょう。

戦国時代にタイムスリップした野原一家。雲黒斎の野望と同じシチュエーションながら作風が大幅に違う。
かたやタイムスリップというSFマインドにチャンバラアクションを混ぜた娯楽作なのに対し、今作は合戦劇と身分の違う大人の純愛をドラマティックに描いた意欲作。

しかも しんのすけが先に合戦の現場に行き、当時の侍と合い春日城の城主や姫と交流する。
何が凄いって、しんちゃんのコミュ力の高さよ。誰が相手でも物怖じせず話が出来て打ち解ける。(これはドラ映画の太陽王伝説での のび太にも通じること。)
今まで大人にズケズケとモノを言いPTAから睨まれていたしんちゃんの魅力がココで発揮した。下品さもあるが、それ以上に優しさと強さを兼ね備えたキャラクターの魅力。

そして史実を調べ上げ時代考証に徹底的にこだわったという点では“この世界の片隅に”にも通じる。コレ見ると実写の時代劇の合戦描写とかが如何にテキトーかがわかる。

しんのすけを追って、ひろしとみさえが来てからがまた良い。
二人は合戦の結末を知っているが、しんちゃんは知らない。憂いを帯びた雰囲気の中で、又兵衛や廉姫の優しさが染みる。
人の持つ心をキチンと丁寧に扱ったドラマだからこそ、この映画は名作になり得たのだ。

たかがクレしん、されどクレしんを世に示した名作!
何回見ても泣く

最後の青空のシーンがいい
たべ

たべの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

初めて見たときは「抱きしめ返したらいいのに 両思いなのに 照れてんの?」とか思ってたけど、改めて見ると好きでも言えない関係だとか大人向けだな〜と感じた。

初見は自分が幼くて2人の関係を全然理解してなかった事がわかった。
minari

minariの感想・評価

4.3
だれ、撃ったの!!😡😭
よね

よねの感想・評価

4.5
リアルタイムで9歳の時に見た時と、15年後の24歳で見た今では本当に感じ方が違うし、なのに細かいシーンは鮮明に覚えてるのが不思議だった。

戦、争いからは何も生まれないことを
1番知っているのは子供だった。
だからこそしんちゃんの又兵衛への台詞、痺れました。

第二次世界大戦verでも作って欲しいです、どんどんあの戦争を知っている方々が亡くなられて平和がいかにありがたいことか忘れている人ばかりになっている今こそ、こういう映画が必要。

限りない先人の犠牲が礎となって
築かれた平和な今に感謝しなければ
ならないし私たちはそれを
後世に残す義務があると思います。

しんちゃんとは思えぬ真面目な
レビュー失礼致しました、ただ
それだけ胸にくる名作です。
piko

pikoの感想・評価

4.0
シンプルにどストレートで良い話でびっくりした。
なんなんでしょう、このギャグと真面目のバランスのよさ。

大人でも満足して観れる、長すぎない尺の中にあるストーリーの無駄のなさと素敵なキャラクターと心に刺さるセリフ。

「しんのすけのいない世界に未練なんてあるか!?」

ヒロシ、、(T ^ T)
おもしろかった〜〜
ラストは泣いた…
yyy

yyyの感想・評価

4.2
なんども観たくなる
大人も子供楽しめる作品
>|