クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦の作品情報・感想・評価

クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦2002年製作の映画)

製作国:

上映時間:95分

4.0

あらすじ

「クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦」に投稿された感想・評価

あゆみ

あゆみの感想・評価

4.2
しんちゃんかっこいい!
最後は本当に本当に涙なしで見られない。
家族って素晴らしいと想う作品でした。
mitakosama

mitakosamaの感想・評価

4.2
こちらもクレしん映画の記念碑的な1作。オトナ帝国と今作が続けて作られたことは奇跡と言っていいでしょう。

戦国時代にタイムスリップした野原一家。雲黒斎の野望と同じシチュエーションながら作風が大幅に違う。
かたやタイムスリップというSFマインドにチャンバラアクションを混ぜた娯楽作なのに対し、今作は合戦劇と身分の違う大人の純愛をドラマティックに描いた意欲作。

しかも しんのすけが先に合戦の現場に行き、当時の侍と合い春日城の城主や姫と交流する。
何が凄いって、しんちゃんのコミュ力の高さよ。誰が相手でも物怖じせず話が出来て打ち解ける。(これはドラ映画の太陽王伝説での のび太にも通じること。)
今まで大人にズケズケとモノを言いPTAから睨まれていたしんちゃんの魅力がココで発揮した。下品さもあるが、それ以上に優しさと強さを兼ね備えたキャラクターの魅力。

そして史実を調べ上げ時代考証に徹底的にこだわったという点では“この世界の片隅に”にも通じる。コレ見ると実写の時代劇の合戦描写とかが如何にテキトーかがわかる。

しんのすけを追って、ひろしとみさえが来てからがまた良い。
二人は合戦の結末を知っているが、しんちゃんは知らない。憂いを帯びた雰囲気の中で、又兵衛や廉姫の優しさが染みる。
人の持つ心をキチンと丁寧に扱ったドラマだからこそ、この映画は名作になり得たのだ。

たかがクレしん、されどクレしんを世に示した名作!
モモ

モモの感想・評価

4.1
《記録》
また観たい ★★★☆☆
1人で観る ★★☆☆☆
恋人と観る ★★★★☆
友達と観る ★☆☆☆☆

・感動あり

ひろしの戦闘シーンは爆笑だけど全体的に感動、、、
最後のシーンはやっぱり悲しいけどグッとくる場面が多い作品。
実写見たし、こっちも見たくなって見た✌️🎶

しんちゃん最高‼️
こっち見て分かったけど実写も意外と再現してました笑笑

こっちは昔の良き手描きアニメです‼️
変なCGアリのアニメじゃなく手描き‼️
そこだけでもグンと良いのにプラス
圧倒的な合戦模写。
リアリティありすぎる😃

クレヨンしんちゃん映画から抜きん出てるのは 一目瞭然💪

よし、オトナ帝国見よ笑笑
Ayuminnie

Ayuminnieの感想・評価

3.9

このレビューはネタバレを含みます

こちらも、クレしん映画で名作と名高いですね。

史実に沿っているわけじゃないけど、大方あの時代の史実に似た部分だったり、沿っている部分は少し有る。雲黒斎の野望よりは時代背景が明確。


そして何より驚いたのが、クレしん映画初じゃないかな?登場人物の死。
しかも、味方の死。

最後の最後、帰路についている途中で味方兵の誤射により又兵衛が射殺されて死んでしまうんだよね。
この作品最大の山場、と言うか、泣けるシーンはここじゃないかな。

又兵衛と廉姫は、心は結ばれていても身分の差で結ばれることは無かったけど、ここで永遠に結ばれることがなくなってしまった。


大人が観ても子供が観ても、間違いなくいろんな感情で涙が出るのがこの作品、


クレしんで人の死を描くことに対して、制作側はかなり意見が割れたらしいけど、この作品のインパクトはここにあって、ここで人の死を扱ったことは正解。
それだけ人に与えた衝撃も、印象も強くなったし、それによってリアリティが増した。


とてもドラマティックな展開の、泣けるクレしん映画の中でも逸脱した、万人に観てもらいたい作品です。
hiko

hikoの感想・評価

4.1
クレヨンしんちゃん
シリーズでは第10作目

ずるい!これは泣ける
アニメで泣いたの久々....
サムライ魂がかっこいい
廉ちゃんに最後まで想いを伝えなかった生き様にしんのすけが大きな涙を流してるシーンに、心打たれた

クレヨンしんちゃんは大切なことを
教えてくれるアニメでもある!
ワカ

ワカの感想・評価

3.0

クレヨンしんちゃんなのに
まさかのとっても感動する。
ありがちなタイムスリップ系だけど
あれ?しんちゃんってこんな泣けたっけ
とふと思う作品。
愛と死…クレヨンしんちゃんには珍しく、この二つの要素が盛り込まれています。

お姫様と武士の身分の違いによる叶わない恋というありがちな設定ですが、クレしんらしくコミカルに描かれていて良かったです。

父ちゃんの頑張りにも注目。オマタのおじさんを助けようとするしんちゃんを止めに入る父ちゃんは命がけ…

合戦の様子も細かく描かれていて、作りこんでいるという印象。

大人でもすごく面白いと思える作品です!
ちい

ちいの感想・評価

4.0
本当に大好きな映画のひとつ!

当時上映してた時に映画館でみて
最後のエンドロールで
涙がぽろぽろ出てきて
まわりも静かに泣いてたのが
思い出されます(*^_^*)

笑って、泣けるいい映画です!
>|