ドラえもん のび太のパラレル西遊記の作品情報・感想・評価

ドラえもん のび太のパラレル西遊記1988年製作の映画)

製作国:

上映時間:90分

ジャンル:

3.5

「ドラえもん のび太のパラレル西遊記」に投稿された感想・評価

ふじこ

ふじこの感想・評価

3.1

このレビューはネタバレを含みます

ストーリー好き。昔ビデオテープを持ってて繰り返し見てたなぁ。
しかし今見るとのび太の身勝手さにイラっとすることもしばしば。

金閣と銀閣の胸に(キ)(ギ)って書いてあって思わず笑った。そこ漢字じゃないんだなぁって。

見間違いかもしれないけど、4人で学校から帰ってるシーンの十字路で全員別の道に帰っていた気が…見返せばよかったな…。
「危険が危ない!」も「ん?」てなったけど、これは調べたら間違いではないらしい。

エンディングもいい。


結論:ドラえもんはやっぱり面白かった
イーサ

イーサの感想・評価

3.5
普通にこわいなと思ったところもあった。
普通に楽しめました。
もも

ももの感想・評価

3.2
妖怪化した世界怖すぎてびびった。序盤ののび太ほんとうに馬鹿でヌァーーー!ってなる。エンディングのそれぞれみんなママと抱き合うシーンうるっときた。
キング

キングの感想・評価

3.9
夢幻三剣士に次ぐトラウマ映画。
トカゲのスープ、ママの足音、先生の怪物化…
何よりも一番怖いのは、オドロオドロした雰囲気ですね。
牛魔王の城に乗り込むシーンで流れる「君がいるから」には思わず鳥肌。
この作品は藤子先生が関わっていませんが、とても良くできたストーリーだったと思います。
しずかちゃんがハンバーグを食べていた映画
時間を行ったり来たりしているので子供には理解しずらいかもしれない。
面白かった
sawak

sawakの感想・評価

3.3
「現在→過去→現在'(歴史改変後)→過去(再度、歴史修正)→現在(修正が“正史”として社会に流布)」ってタイムトラベルものの典型フロー、やっぱロマンあって好き。
TRB

TRBの感想・評価

3.2
のび太のワガママとドラえもんの道具不始末により歴史が改変。

妖怪の世界になった学校で、先生キレて変身。
ママの階段の音や声のトーンに震えた記憶が蘇りました。

紅孩児が何故か憎めないアンチキショウ。
miudora

miudoraの感想・評価

3.5
のびちゃぁん、いるの?
階段をぎしっ、ぎしっ、と登ってくる角の生えたママ、、
あの恐怖は忘れないです。。

これ、なにが楽しかったかよく分からないけど、異色だったってことだけ覚えてます。

ワクワクよりはヒヤヒヤ観てたかな、、
海杜

海杜の感想・評価

2.4
これは酷い 笑笑
この映画は藤子先生がまだ存命中で唯一他の人に脚本を任せた映画。
そんなことするからこのざまだわ。

シリーズの中では異色の作品で、めっちゃ怖い。めちゃくちゃ怖い。
そして犠牲が出てるのに何事もなかったかのように安心して帰る猫型ロボット。

やっぱりドラえもんは藤子先生だなと気づかされる作品。
旧劇場版ドラえもんのオープニングテーマが流れる瞬間は今でもワクワクしてしまうにやける
>|