ドラえもん のび太のパラレル西遊記の作品情報・感想・評価

ドラえもん のび太のパラレル西遊記1988年製作の映画)

製作国:

上映時間:90分

ジャンル:

3.5

「ドラえもん のび太のパラレル西遊記」に投稿された感想・評価

YS

YSの感想・評価

4.2
1988/3/12
配給 東宝

小学生の頃、映画館で観てドラえもんなのに怖かった記憶がある。
日本が、ママやパパ、先生や出木杉くんが、妖怪に乗っ取られているっていうのに本気で恐ろしくなったのだと思う。

西遊記は好き。
今回のテーマは身近な人の大切さかな?

再見
amazon prime
2018/11/7
孫悟空は実在すると信じ、タイムマシンで過去に行ったのび太が見たのは、なんと彼そっくりの孫悟空。

一方、ドラえもんのアイテムから飛び出たゲーム内の悪役たちが現実の西遊記の世界に影響を及ぼし始め…
アヤネ

アヤネの感想・評価

3.2
プライムでドラえもんがいっぱい見放題終了になるから勝手にドラえもん週間。
ドラえもんのビデオいっぱい持ってたけどこれは見たことなかった😌
お話の流れは中途半端感が少しあるかなあ
ラスボスがあっけなさすぎるかんじ。、
ドラミちゃんかわいい

このレビューはネタバレを含みます

孫悟空の伏線とか、現代の妖怪世界とかの不気味テイスト、最後はドラミがなんとかしてくれるというところから魔界大冒険と似たものがある。個人的には魔界大冒険の劣化感が否めない。ドラミ解決が魔界大冒険より強引な気がするからかな
あの頃のビデオテープで何度も観た。何か変だって変わってから不気味で恐い。エンディング曲もエンドロールもいい。好き。
03

03の感想・評価

3.7
目だって緑だし素質あるなと思ってたら、突然バトルモードになってリンレイかっこよかったな、
KH

KHの感想・評価

2.5

このレビューはネタバレを含みます

wowow史上最強の映画ドラえもん祭り録画消化9作目

【悲報】ドラえもん、道具の管理の杜撰さにより過去改変を起こしてしまう
【朗報】でも映画特有のタイムパトロールにはスルーされ捕まらず
っていうストーリー

なぜかこの作品だけ脚本が藤子・F・不二雄先生ではない。
そのためかどうかは知らないがED曲の自己主張が激しい。(10分の間に3回も流れる)
また歌、武田鉄矢じゃないのかと思っていたら作詞が武田鉄矢だと知って不思議な気持ちに。。
話としては特に面白いシーンもなくつまらなくもなく普通。
あと個人的に冷める夢オチ立場のドラえもん映画で言う唐突なドラミオチ(ドラミオチが悪いわけではない、伏線とかがあれば良い)なのもこの映画の印象を下げている。
ドラえもん自体機械なのに、ドラえもん一人でテレビゲームするってのが一周回ってちょっと面白かった。

唄ってるこおろぎ'73のwiki調べてみたら本当はバンド名を便所こおろぎにしたかったって事実が一番面白かったです。
原作者の存命中、原作者以外の人が脚本を描いた唯一のドラえもん映画。

ドラえもんが「三人の危険があぶない!」なんていうセリフからもわかるが、全部が中途半端。
イスト

イストの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

妖怪に侵食された世界の雰囲気は、劇場版ドラえもん映画の間では、魔界大冒険と並ぶおどろおどろしさ。
西遊記の人間が食べられるという改変、先生の妖怪化、ママの頭の角。羅刹女の高笑い。
個人的にはヒーローマシンのテーマ音とセットで軽いトラウマとなっている。

ドラ映画の中ではスローな展開かな?
藤子先生が病気のため藤子プロのみで制作した1作目。
気配アラームを準備するも、目覚まし時計と勘違いするあたり、平和ボケの感ある。

終盤タイムマシンでド派手に登場するドラミを観世音菩薩と間違える三蔵法師。
大人になって初めてわかる小ネタ。
劇を劇で救う。
じゃあぼくたちで本物の最遊記をやるってこと?!
そういうこと。
>|