ドラえもん のび太の宇宙小戦争(リトル・スター・ウォーズ)の作品情報・感想・評価

ドラえもん のび太の宇宙小戦争(リトル・スター・ウォーズ)1985年製作の映画)

製作国:

上映時間:98分

ジャンル:

3.6

「ドラえもん のび太の宇宙小戦争(リトル・スター・ウォーズ)」に投稿された感想・評価

鏡餅

鏡餅の感想・評価

3.9
特に前作で大活躍してた「取り寄せバッグ」が出なかった作品だなーなんて思ってたけどもしかして、盗まれてたら場所がわからないから取り寄せられないんだろうなぁ。

処刑のシーンは、『ボケて』などでたまにお題に上がってる、エドゥアール・マネの『皇帝マキシミリアンの処刑』チックなカットのドラえもんの場面で、「あ〜、この作品だったんだー」って思える。

主題歌最高。
YN

YNの感想・評価

3.5
実はスターウォーズよりはるかに前にパロディ作品のこれを見ていた。
ドラえもん映画の中でも一番好きな作品。
スターウォーズを見るようになって、「リトルスターウォーズってめっちゃスターウォーズだな」って思ったので久々に再見。

ストーリーの骨子はホントにスターウォーズで、独裁者とそれに反対する同盟の戦い。
小人の星ピリカ星の前大統領パピ(10歳!)は独裁者ギルモアの企みによりその座を追われ、ギルモアに抵抗する自由同盟軍の手によって星から逃れた。
行き着いた先の地球でドラえもんたちと出会うが、ギルモアの軍隊が追って来て…。
ここに、ピリカ人と地球人の身体の大きさの違いがもう一つのレイヤーとしてうまく作用して、筋はかなり面白いと思う。
まあオチの部分に関しては、他の道具でなんとかなるくない?って思っちゃうけど、ドラえもんは結構道具ケチるから、多分きっとひみつ道具って使い捨てで、今ビッグライトとかガリバートンネルとか、使えるやつのストックがなかったんじゃないかな笑

見所はスネ夫の葛藤としずかちゃんの決意。このタッチのアニメで「死ぬのが怖い」っていうのを切実に入れたの結構新鮮だと思ってる。
しずかちゃんの「このままやられるのは惨めだから」という行動原理も胸熱だよなー。

主題歌「少年期」も名曲。
Sattsy

Sattsyの感想・評価

3.0
最後がまさかの解決方法だったけど、パピとの友情には泣けます。
はに

はにの感想・評価

3.8
のび太達と宇宙人の子が交流を経て別れるシーンはよく覚えてるしすごく泣いた
ドラえもんの映画は出会いと別ればっかりだなぁ……
そりゃ毎回泣くよね
まめら

まめらの感想・評価

3.3
 ポップな作品。作画もポップ。のび太のかわいさも溢れてる。それにオープニングが映画好きにはたまらないって感じでよい。でも窮地を乗り越える方法がそれ!? と思わなくもない。ビッグライトとかガリバートンネルじゃダメだったのかな。まあこういうのは逆転劇が楽しいのだし、それを言ったら野暮かな。
 それとパピくんの声が潘恵子さん! いい声だなあ。あとエンディングの「少年期」がけっこう好き。
 あと来週の日曜日に遊びに行くっていうのが、なんだか夢があって切なくなる。
原作も読了。友人達とワイワイガヤガヤ原作読んで、映画観て楽しんでいた。
キよ4

キよ4の感想・評価

-
初めてのドラえもん映画
マンガもTVアニメもまともに見たことがないのでホントに初めてのドラえもんです
ピリカ星はギルモア将軍のクーデターが勃発
大統領の小人パピは地球に脱出
ドラえもんたちの知恵と勇気と友情をかりてピリカ星の平和奪還へ旅立つ物語
全てが小さいスモールワールド ドラえもんたちはスモールライトで大活躍
愛と夢と友情と冒険の大スペクタクル
おしゃべり犬ロコロコうるさい
悪人ドラコルル長官(なかなかのキレ者?)とギルモア将軍
宇宙戦艦クジラ?
スネ夫のラジコン戦車軍団
しずかちゃんのヌード
ジャイアンの勇敢さとスネ夫の頑張り
面白すぎてドラえもんがやみつきになりそう
gen

genの感想・評価

4.0
リトル・スターウォーズっていうサブタイトルと、主題歌の少年期が好き
c

cの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

戦車のシーンのBGM
敵有能すぎ
しずかちゃん勇敢
ロコロコの話律儀に聞いてたのかわいい(笑)

ミニチュアの家で牛乳風呂🛀🛁🥛

鉄矢の少年期いいな
あ〜ぼっくは〜どうして大人になるんだろう〜

時間が子供でいることを許してくれなくなるんやでってコメあって悲しくなった…
この

このの感想・評価

4.0
ミニチュアの家で牛乳の風呂とか心くすぐりすぎか。
武田鉄矢の歌が最高にあってるんすよ。
パピとか最初きもいとおもったけどイケメンだった。すき。
>|