ドラえもん のび太と雲の王国の作品情報・感想・評価

ドラえもん のび太と雲の王国1992年製作の映画)

上映日:1992年03月07日

製作国:

上映時間:100分

3.7

「ドラえもん のび太と雲の王国」に投稿された感想・評価

toolbox

toolboxの感想・評価

3.5
これはなかなか重い話だった。環境問題がテーマ。暗い雰囲気が終始ただよっている。

ドラえもんの映画を観てワクワクしたいが、現に環境問題は全く改善されず悪化している。むしろ人間は増え過ぎ、場所を取りあい愚かにも戦争までしている。子供の頃は『世界が平和になりますように』と思っていたのに。
Chisato

Chisatoの感想・評価

3.8
劇場版第13弾!
ここ最近
ずっとドラえもん観てて
ツッコミどころ満載だなぁーと
思いつつ
(レビューでクドクドと書いてしまってるが)
やっぱり懐かしいなぁ
正直、大山のぶよのドラえもんが
やっぱり好きなんだよなぁ
大山のぶよたちのドラえもんが
観てて安心する。
これがやっぱドラえもんなんだよなぁ。

今回は雲に王国をつくる。
夢あるんだよなぁ。
個人的にふしぎ使い、STAND BY ME ドラえもんと合わせて記憶に残るドラえもん映画の1つ
伝えたいことの方向性がいつもと違う感じ
自分だったら、、、とちょっと想像してみる笑
(再)トランク,ブリキンホテル,ピエロ・ウサギ・ヒゲ,荷物運び用お荷物,スポーツカー,マイハウス,テニス,野球,栄養ドリンクホッカイロ,ジャイスネ追いかけっこボート,チャーハン,ドンジャラ村,小人宴会,宇宙人,ホログラムミュージカル,洪水,ガスタンク突っ込み,キー坊助太刀
子丸666

子丸666の感想・評価

3.5
ドラえもん達ってこんなに可愛かったっけ。
昔のアニメって早口で好きです。
雲の王国というタイトルなのに、地球環境問題に言及している意外感。
愚かな人類の行く末はのび太たちに託された!


雲の上に天国があることを信じていたのび太。ある日、それをみんなにバカにされてしまう。
そんなのび太にドラえもんが一言。

「ありもしない天国を探すよりいっそ自分で作っちゃったら?」

そんなこんなで、ドラえもんの道具を使って、雲の上に王国を建国。でもそこに謎の勢力が接近してきてーーー  というお話。

環境問題に鋭く切り込んだ中々の意欲作だった。
強力な兵器に対して、強力な兵器を持って交渉しようとする、株のやりとり、天罰の描写、などなど、子供向けの物語にしては踏み込んだ内容で、今見ても十分に楽しめた。

ドラえもんやしずかちゃんのさりげない鬼畜なセリフが個人的には好きだったりするので、そこも注目して欲しい。
友蔵

友蔵の感想・評価

3.6
雲の王国憧れたな〜^ ^

故障したドラえもん、最後のドラえもん、見せ場多し👍✨

当時は映画館に行くとドラえもんのオモチャが貰えて、それが楽しみだった思い出◎
まさき

まさきの感想・評価

3.8
すんごい久しぶりに見た。
雲の王国に憧れすぎて昔夢に見たんだよね。
大人になって改めて見ると、結構重いテーマ。
この映画が公開されてた時から環境問題は問題視されてたんだね、、、
深すぎる、、、
ドラちゃんの声に癒されました。
muda

mudaの感想・評価

-
印象的な鼻声についての話を友達としたときに教えてもらう。大山のぶ代さんの声が鼻声らしい。
環境問題に今度は取り組んでるやん!!
これもリメイクされとー??
なかなか難しい題材で、雲☁☁
雲の上~お空~みたいな話ではないw
初めてちょっと眠くなったw
>|

あなたにおすすめの記事

似ている作品