ドラえもん のび太と雲の王国の作品情報・感想・評価

ドラえもん のび太と雲の王国1992年製作の映画)

製作国:

上映時間:100分

ジャンル:

3.7

監督

主題歌/挿入歌

「ドラえもん のび太と雲の王国」に投稿された感想・評価

Tatsuya

Tatsuyaの感想・評価

3.8
ドラえもんの映画の中では結構好きな映画。

株の発想で国を作るとかのび太天才かよって思った笑

この映画はキー坊出てきたりするから、ドラえもんをよく知ってるとより一層楽しめる。

地球を大切にしなければならないっていう強いメッセージが込められた作品です。
ws

wsの感想・評価

5.0

このレビューはネタバレを含みます

途中、結構絶望的な展開になって子どもながらに不安を覚えた記憶がある。そして、そこからのキー坊の登場に歓喜したことは言うまでもない。
ドラえもんの大切さがわかる映画。
……天上人怖すぎ。発想が地上人と大して変わらない。でも…地球を多様性のある星のまま維持するのは人間の使命だよね。
Oscar

Oscarの感想・評価

3.6
当時のことは知りませんが、ドラえもんを通して環境問題を訴えるほど、当時の日本は酷かったのでしょうね…
かといって今の日本は胸を張って大丈夫だよと言えないのが何とも悲しい。
当時の子たちはこれを見てちゃんと環境問題を考えるようになったのかしら…
WOWOWドラえもん祭りに乗じて観る劇場版ドラえもん第十三作目。

子供の頃に劇場で観た二作のうちの1つ。細かなところは忘れてたけど感動ポイントはバッチリ覚えてた👌("忘れる"が特技のあたしには非常に珍しいこと!)

でもやはり悲しい哉、泣けなかったよ今回は。昨日のパシリム2とダンガルとで涙が枯れたのか違うのか…

環境問題、特に絶滅危惧種を題材にしてるあたりが子供の頃とっても好きだったポイントだったんだよなー。学校でちょうどその時期にそんなリサーチ課題を課されてたのを思い出した。

ドンジャラ村の件はコミック版を観ていないとわからない話だって事が25年超経って初めてわかった。そーゆーの入れちゃダメでしょ^^;

それにしても、劇場版ドラえもんはなんでいつも武田鉄矢が主題歌歌ってて、どれもなんか的外れな感じなんだろか…
どーにも好きになれない……
ゆ

ゆの感想・評価

4.7

このレビューはネタバレを含みます

(観た日忘れてしまいました、、、)

劇場版で上位に入る大好きな作品です
なんだかんだ言って優しいドラちゃん、、、
大株主のくだりが好きです笑
あと密猟者の顔がTHE·悪者で個人的にツボりました笑
これも 環境の大切さを教えてくれる作品。ドラえもんには学ばせてもらうことばかり、、、

雲の王国なんてほんとにあったらいいなあって。ドラえもんはどの作品も夢を見させてくれますね◎
chaooon

chaooonの感想・評価

3.4
子供の時に映画館で一回だけ鑑賞。それ以来何年かぶりかに鑑賞。

天国はあるのか、のび太の素朴な疑問から始まる展開。ドラ映画は今見ると何気に子供の疑問を上手に導いて学べる感じがいい◎
自分たちの町や王国を作る系は結構多いけど、これも夢がある。

子供の時見たときは、キー坊の登場やドラえもんの自己犠牲、環境問題への提起など泣ける大作だったという印象だったけど、今見るとちょっと説教くさい。自然を守ろう!みたいなセリフがなんかダイレクト過ぎて…アニマルプラネットくらいの物語の中に問題提起が盛り込まれてるくらいがちょうどいいなぁ。

キー坊とかドンジャラ村の小人たちとか、過去キャラクターの再登場、見てる人にはより感動を誘う形なのだけど、知らない身からすると、ふーんという感じになってしまう。

ドラえもんがイカれるとこは大好き。
ネジ

ネジの感想・評価

3.9
大人になってから観ると、ツッコミどころと、説教臭さと、ドラえもんの道具の凶悪さがとても気になる。
王冠ヤバ過ぎる。

序盤の王国作りのワクワク感、武田鉄矢のED曲、そして自分の初めて観たドラえもん映画ということで、自分の中でこの映画がドラえもん映画の最高傑作であることは揺るがない。
さとう

さとうの感想・評価

3.8
対等に会話するために同程度の抑止力を持とうという考え方。ひとたびそれが使用さればどんな結末が待っているのか。メッセージ性の強い教育映画だった。地球を救ったというのに親に叱られることを恐れるラストはほんわかで日常を取り戻したことを実感させられる。映画ドラえもんとして全く正しい作品だろう。


まさかまさかあれが‼︎
王国に帰る手助けになるとは!
いや〜〜笑った笑った!
数々の名言と
オープニングのふっるい3Dと
懐かしくて懐かしいオリジナルの声
楽しめました

オレたちにもう一度猿になれってゆーのかよ‼︎

言ってみたいなぁこのセリフ笑
>|