1948年製作のおすすめ映画 329作品 - 5ページ目

1948年製作のおすすめ映画。この年製作された映画には、ノーマン・マクラーレン監督のブーギー・ドゥードゥルや、クロード・レインズが出演する情熱の友、灰色首の野がもなどの作品があります。

  • おすすめ順

  • List view
  • Grid view

ブーギー・ドゥードゥル

製作国:

上映時間:

4分
3.5

おすすめの感想・評価

楽しい、楽しい、楽しい〜(o^^o) 映像と音楽が、こんなにマッチしているなんて…♪ 色遣い…本当に「美しい」…♡…

>>続きを読む

今作もダイレクトペインティングのアニメーション。ノーマン・マクラレンとブギウギピアノの父アルバート・アモンズのセッショ…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

ポール・トーマス・アンダーソンが『ファントム・スレッド』を作る上で参考にしたという作品。音楽のジョニー・グリーンウッド…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

怪我によるハンデや親と離れた悲しさの中でも現状に立ち向かう子ガモの姿につい応援したくなる優しいアニメーション。冬毛でモ…

>>続きを読む

冬がやってきて鳥たちは一斉に暖かい場所へと移動する。 しかし、子ガモのグレイは親ガモとはぐれてしまう! グレイの運命は…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

Chinese Cinema 戦後の中国メロドラマ。色恋で揺れる人妻のどうでもいい話だが、時代背景をよく学んだ上で観る…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

変人だけどお人好しの幾何学者の青年と、わがまま系ハリウッド女優の、ドタバタ珍道中系ライトラブコメ。「世界一の美男」の代…

>>続きを読む

アメリカの人気女優の電話の会話を勘違いして、幾何学博士が彼女を救うためローマまで一緒に逃避行。 ミシュリーヌ・プレール…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

南北戦争の英雄オーウェン大佐(グレン・フォード)は帰郷し判事に任命されるが、悲惨な戦争の現実を目の当たりにしたことで心…

>>続きを読む

うぅ~ん…。制作当時この映画がどう受け止められてたかわからないけど、いわゆる“娯楽西部劇”とは違いました。 南北戦…

>>続きを読む

オランダの7つの教訓

上映時間:

79分
-

おすすめの感想・評価

原節子は、笑顔や上目遣いの悪戯顔より、下目遣いの蔑み顔や冷静顔の方が美しい。故に、成瀬巳喜男作品の彼女が一番好きである…

>>続きを読む

原節子「わたしをキズモノにしてぇ」やはり私の中で原節子は綺麗って言うよりコメディ色強め。腹抱えて笑う。脚本、新藤兼人。…

>>続きを読む

花ひらく 眞知子より

製作国:

上映時間:

85分
3.1

おすすめの感想・評価

市川崑第一回監督作品、とクレジットされる。 ピアノ演奏会から帰ろうとする眞知子(高峰秀子)は、勝手に設定されたお見合…

>>続きを読む

何なのこのホラーテイスト。。アトリエとキチガイ病院と何より関さん(上原謙)ただのオバケやん。 この時代の恋愛には恋を…

>>続きを読む

ドナルドの夢の声

製作国:

上映時間:

7分
3.5

おすすめの感想・評価

デイジー登場〜嬉しい〜♡ …ドナルドのやる気をおこすのは、やはり彼女…♡ ドナルド…頑張っていたのにね…(涙) …「…

>>続きを読む

さぁコンプレックスを克服して男を見せるんだ、ドナルド! 山ちゃん吹替えは芸達者!英語版は別声優の美声に切り替わるが山ち…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

わざわざ映画館に行って観ようとしたわけでもなく、どんな映画であるのかも分からずに、ただ、なにげなく観た映画が、いつまで…

>>続きを読む

修了式の日に首を吊った教師のテュルロ。 運良く生徒のルコックに見つけられ助かった。 首を吊った理由には校長の娘コレット…

>>続きを読む

三百六十五夜 東京篇

製作国:

上映時間:

78分
3.2

おすすめの感想・評価

高峰秀子、上原謙、山根寿子という3人を軸に、市川崑監督が描いたメロドラマ。 1948年という戦後まもない頃に作られた…

>>続きを読む

11月23日 東京編と大阪編を一本にした総集編をDVDで鑑賞 原作は当時人気だった恋愛小説だという、市川崑最初期のメ…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

リチャード・ウィドマークの悪役時代。 むごい笑い声などらしさ満点の演技で、話をかっさらっていく。とても純朴だったが故に…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

まさかの潜入捜査もの。 超絶イケメンのガスマンが女をスケコマシまくり利用しまくりポイ捨てしまくる。 でもそれが痛快に描…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

物語は、アーサー・ピーボディー(ウィリアム・パウエル)が「不調の原因を医者に相談するように」と妻ポリー(アイリーン…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

 大学の図書館にて観賞。おそらく最初のアウシュビッツ映画。  映画としてはそんなにおもしろくはないが、1948年にこの…

>>続きを読む