今話題のおすすめ映画 - 584ページ目

今Filmarksで話題になっているおすすめ映画。直近のユーザーの注目度やアクションを元に集計しています。

  • おすすめ順

  • List view
  • Grid view

不滅の女

上映日:

2018年11月23日

製作国:

上映時間:

101分
3.8

あらすじ

イスタンブールに休暇でやってきた男は、白い車を乗り回す謎の美女と出会う。“夢の国”トルコでのアバンチュールを楽しむが…。従来の「劇映画」の概念を大きく逸脱した過激な語り口が世の驚愕と憤怒を…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

‪「不滅の女」‬ もーね、待ちくたびれたにも程がある…遂にアラン・ロブ=グリエの傑作集がBD BOXで2ヶ月連続発売…

>>続きを読む

1963年、アラン・ロブ=グリエ監督作。 20世紀の世界文学を揺るがした革命的なムーヴメント「ヌーヴォー・ロマン(新し…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

追悼 井上真樹夫様 石川五ェ門、ハーロック そしてスレッガー・ロウ、 ※劇場版ですが… そのどれもが魅力的な 役柄で…

>>続きを読む

ルパンシリーズでは何気に多い忍者もの。五ェ門が百地三太夫の弟子だし,過去にも風魔一族の陰謀もやってるからね。 今作も…

>>続きを読む

Fキャラオールスターズ大集合 ドラえもん&パーマン 危機一髪!?

製作国:

3.3

おすすめの感想・評価

【追悼:肝付兼太さん】藤子不二雄ミュージアムのFシアターで上映された短編アニメ。ドラえもんたちがパーマン世界に行くお話…

>>続きを読む

パーマン生誕50周年ということで、Fミュミニシアター限定公開していた作品が、まさかの地上波、2016年「大みそかだよ!…

>>続きを読む

ショコラ 君がいて、僕がいる

上映日:

2017年01月21日

製作国:

上映時間:

119分
3.6

あらすじ

20世紀初頭のフランス。白人芸人フティットと黒人芸人ショコラによるかつてないコンビがサーカスで人気を呼んでいた。パリの名門ヌーヴォー・シルクの専属となった彼らは一世を風靡するが、人種差別の…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

ひとりよりもふたりが良い 倒れれば ひとりがその友を 助け起こす 📖旧約聖書コヘレトの言葉 📖第4章9,10説より …

>>続きを読む

ひとりよりも、ふたりがいい…… ロシュディ・ゼム監督 2015年製作 主演オマール・シー、ジェームズ・シエリー …

>>続きを読む

映画プリパラ み~んなのあこがれ♪レッツゴー☆プリパリ

上映日:

2016年03月12日

製作国:

上映時間:

60分
3.7

あらすじ

いつでも楽しいライブがい~っぱいのアイドルテーマパーク「プリパラ」 世界中の女の子たちが、神アイドルをめざして毎日おおもりあがり♪小学6年生のらぁらも、チームメイトのみれぃ、そふぃたちや…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

うっわぁ… こいつ大人の癖に女児アニメのレビューしてるよ… わかります。あなたが抱いた嫌悪感。だって私だって女児ア…

>>続きを読む

(書き直しというか追記というか) プリパラに疎い友人とプリパラに疎い俺という、なんでそうなったんかよくわからんペアで…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

ブラック『アメリカン・グラフィティ』な元祖フッドムービー。登場人物のファッションがみんな洒落てる。 公開は75年だが…

>>続きを読む

なにが良いってファッションが最高、1963年舞台の1975年製作、裕福でもなんでもないし優等生でもなんでもない奴がシャ…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

ゴダール、ジャン・マレーらのインタビューなどもありあの時代の映画好きな人にはたぶん面白い。コクトーの映画がいくつか意味…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

ブライアン・デ・パルマ監督の大傑作ロックミュージカル『ファントム・オブ・パラダイス』の原点映画か?…と思って、本作を鑑…

>>続きを読む

活弁上映で初めて鑑賞。 名作『オペラ座の怪人』、最初の映画版といわれている作品。白黒映画で今回は終盤、一部パートカラ…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

タイトルはニルヴァーナの"come as you are"が元ネタの美しい青春映画。 markを演じたストレンジャーシ…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

韓国の伝統芸能“パンソリ”。 このパンソリ初の女流唄い手である、チン・チェソンさんの半生を描いた実話です。 まる…

>>続きを読む

朝鮮時代末期、女人禁制とされた伝統芸能「パンソリ」で女性初の唄い手となった女性と、彼女を育てた師匠の数奇な運命を描いた…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

どうか この世界が ひとつになれませんように。 何てステキな言葉なんだろう。。(↑今回のキャッチコピー) 銀杏BO…

>>続きを読む

高校時代どれだけ銀杏BOYZの音楽に救われたか分からないわたしにとっては、感情が揺さぶられる激動の4時間だった。 1…

>>続きを読む

ディアスポリス DIRTY YELLOW BOYS

上映日:

2016年09月03日

製作国:

上映時間:

115分
2.9

あらすじ

東京にいるとされる約15万人の密入国異邦人・不法就労外国人たち。国を追われた難民たちですら、日本政府から難民認定を受けるのは至難の業。まともな仕事に就けずに生活は困窮する一方、犯罪に巻き込…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

原作漫画は好きで連載中欠かさず読んでました。 TVドラマは松田翔太のキービジュアルみてスルー。アフロもしない白シャツベ…

>>続きを読む

 東京のどこか(ロケ地は赤羽!!)にある廃墟のような雑居ビル。昭和を感じさせる縦書きのカタカナによる「キャバレー」の懐…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

日本でのDVD化希望! ノーザンライツフェスティバルで観た、ベルイマン追悼ドキュメンタリー。 ベルイマン作品名シー…

>>続きを読む

イングマール・ベルイマンという多くの映画監督たちに多大な影響を与えたその人のことを知ったのはこのドキュメンタリーを観た…

>>続きを読む

ラスト・タンゴ

上映日:

2016年07月09日

製作国:

上映時間:

85分
3.8

あらすじ

伝説のアルゼンチン・タンゴペアで、世界的なタンゴの普及にも貢献したマリア・ニエベス(80歳)とフアン・カルロス・コペス(83歳)。14歳と17歳で出会い、時には愛にあふれ、時には憎しみを伴…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

‪‬ここのところ、何故か、ダンスダンスダンス、、⁈ アルゼンチン・タンゴに革命を起こした伝説のダンサー、マリア・ニエ…

>>続きを読む

2017年242本目、10月13本目の鑑賞 アルゼンチン映画 ドキュメンタリー作品 タンゴを題材とした作品 公開…

>>続きを読む

園子温という生きもの

上映日:

2016年05月14日

製作国:

上映時間:

97分
3.3

あらすじ

時間がない!生きることを出し惜しみするな。映画監督・園子温その人を捉えたドキュメンタリー映画が登場!

おすすめの感想・評価

自分はオーソドックスな園子温ファンだと思う。「愛のむきだし」でなんじゃこの映画は?!となり、「冷たい熱帯魚」でエゲツな…

>>続きを読む

ぶっ飛んでいて常人に理解出来ないのは、園子温という別の生きものが作り出すものだから。 そのことがよく分かった。 映画監…

>>続きを読む

MARS ただ、君を愛してる

上映日:

2016年06月18日

製作国:

上映時間:

98分
2.7

あらすじ

「MARS」(マース)—それは戦いの神の名。 愛をかけて運命と戦う、究極のラブストーリー 海で奇跡的に出逢った零とキラ。過去に心の傷を抱えながら孤独に生きてきた2人は惹かれあい、恋…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

「甘い恋愛なんて、くだらない」 藤ヶ谷太輔と窪田正孝目当てで観ました(笑) 惣領冬実の同名コミックを実写化したテレビ…

>>続きを読む

◎窪田正孝のサイコ演技が堪能できる 表向きは学園スターながら内に闇を抱えたレイ(藤ヶ谷太輔)に狂喜じみた執着を抱くマ…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

隠れた名作か(『髪結いの亭主』のフェティッシュバージョン?)。

おすすめの感想・評価

どっかの企業の会長が社内報に「生殺与奪の権利は私が握っている」やらなんやら書いて世間から白い目を向けられていたが、生殺…

>>続きを読む

冒頭北野武にぜひ観てもらいたい。 オープニングクレジット出るまでが模範的解答であり傑作確定。 大寺字幕あやしいからちゃ…

>>続きを読む

だれかの木琴

上映日:

2016年09月10日

製作国:

上映時間:

112分
3.1

あらすじ

夫と娘と郊外に引っ越したごく普通の主婦の小夜子は、新しく見つけた美容院で少し髪を切る。海斗と名乗った若い美容師からその日のうちにお礼の営業メールが届き、それに返信したことから小夜子の日常は…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

ありふれた日常の中で誰にでも 起こりうる狂気。ある意味ホラー。 『最近聞きませんね“狐憑き”って』 『名前が変わっただ…

>>続きを読む

常盤貴子さん演じる主婦小夜子が美容院に行き若い美容師海斗にストーカーを繰り返すストーリー 小夜子の海斗の事それ程惹か…

>>続きを読む