#日活ニューアクションに関連する映画 27作品

  • おすすめ順

  • List view
  • Grid view

おすすめの感想・評価

浦安のチンピラ松田優作と仲間たち。 昔(カラーの昭和映画)の日本映画の好きなところ。 今と全然違う街並みと変わらな…

>>続きを読む

「21グラム」で印象的だったワッツの赤パンツ姿。なぜそこ赤?なぜそこ強調?と思ったが、更に上ゆく物を見た。 真っ赤な…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

渡哲也追悼上映会の後半戦でございます😀 前半はお客少なかったんですけどね、後半は満員でしたよ🙌 後半は映画だけでな…

>>続きを読む

渡哲也主演「無頼」シリーズ第1作。 監督舛田利雄。 輸入Blu-ray boxにて。 “人斬り五郎”こと藤田五郎(渡…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

監督の澤田幸弘は〝日活ニュー・アクション路線〟から映画界の衰退により、テレビ界へ活路を見いだす。 印象的なのは松田優…

>>続きを読む

ハードボイルドとか、いぶし銀とか漢の背中で語る映画とか。 正味こういう映画苦手な部類です なので任侠とかチンピラ映画…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

 刑期を終え、ようやく出所した男を待ち構える1人の男。はぐれもの同士の2人の間には、守るべき仁義などありはしない。この…

>>続きを読む

「冒険者たち」の影響を強く感じる日活ニューアクションの傑作 フランス映画の名作「冒険者たち」(1967年)の影響下を…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

スカパーにて。裕次郎の赤い波止場のリメイクだそうな。主役を渡哲也にして軽快な作品に仕上がってるね。 冒頭が羽田空港。…

>>続きを読む

ジャン・ギャバンの『望郷』を翻案した裕次郎主演の『赤い波止場』をさらにリメイクした作品だ。 「無国籍アクション」と「ニ…

>>続きを読む

侠花列伝 襲名賭博

製作国:

上映時間:

93分
3.6

おすすめの感想・評価

梶芽衣子が日活入りし、ちょうど「太田 雅子→梶芽衣子」と名前を変えた頃。この頃から日活側は梶をスターとして売り上げるた…

>>続きを読む

・2017/08/04  1969年・日活。小沢啓一監督作。  昭和初期の上州鹿沢を舞台に、貸元の許嫁の芸者(松原…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

自分の無軌道な言動が仇となりヤクザの標的にされてしまったフーテンの若者たちが、一寸先が闇の修羅場を切り抜けていく。70…

>>続きを読む

一応、夏純子の相手役に清宮達夫が用意されているが、いまいち魅力の無い役だし、仲間の小野寺昭や岡崎二朗のほうが目立ってい…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

愚連隊のリーダー・矢田を演じる藤竜也にとって、この役は初めて俳優としての手応えを感じた転換地点らしい。 長谷部安春の演…

>>続きを読む

 長谷部安春のドライな暴力描写が頂点を極めたのはロマンポルノ時代(『暴行切り裂きジャック』〜『レイプ25時 暴姦』)だ…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

無頼シリーズ第2作。。 監督は前作でチーフ助監督だった小沢啓一。これが監督デビュー作。ちなみに今作のチーフ助監督は澤田…

>>続きを読む

いやー、日本のプログラムピクチャーでここまで画面が影で満ちている映画あったか?っ感じ。黒い黒い。 カメラマンはジョセフ…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

全体的には別にどうということもない話だけど、OPとクライマックスが最高すぎる。 ニヤけた郷鍈治が唾を吐き飛ばすととも…

>>続きを読む

今までに何度も観たような何の意外性もないストーリー展開…けど傑作。中盤、宇田川組事務所でのゴッタゴタのセット撮影と、す…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

基本的にはやくざ映画によくある「3兄弟モノ」。 この兄弟がお上に反逆するという筋書きだが、主人公達も単なる善玉侠客では…

>>続きを読む

1967年・宍戸錠主演ハードボイルド三部作。 巨大な組織に刃向かう三兄弟。 縄張りを巡って争うストーリーは、ヤクザと…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

いっそ渡哲也の役を削ってしまった方が、ジャンル映画としても「日陰者のやくざ稼業にもカビがはえてきた」(作中の中村竹弥の…

>>続きを読む

あの精悍な藤竜也がゴンむくって感じで 肥えてる?の?なんか良い。 松方先輩に吉川晃司成分を混ぜるとあの顔になるな…とか…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

出所した小林旭が、藤竜也、岡崎二郎、川地民夫といった濃いメンツを集め、さらに敵同士だった穴戸錠を加え、2つの組織暴力の…

>>続きを読む

傑作~。『野獣の青春』スタイルな策士の立ち回りと汚ねえ新興ヤクザへの怒りの殴り込みのハイブリッドで、味方も女もバンバカ…

>>続きを読む

無頼 殺(バラ)せ

製作国:

上映時間:

85分
3.6

おすすめの感想・評価

シリーズ6作目で自分が見たのはこれで3本目。 今までではいちばん面白いか。画面は相変わらず黒黒としており魅力的。 敵の…

>>続きを読む

最終作にふさわしく、これまでの総決算的内容。 冒頭の水島道太郎の立ち回りからしてテンションが高い。 中盤のサウナプー…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

前作『関東幹部会』にあった情緒的なノワールは消え失せ、ハードでシビアな抗争が描かれる。 暴力描写においても、当時の東映…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

 「俺にはジュクで三国人の肩をたたっ斬ったのが、つい昨日のことのように思えるがな。」 今ではこんなセリフ、即自主規制さ…

>>続きを読む

東映映画の模倣をやりすぎて平凡化。 渡哲也と扇千景をめぐる物語は露骨に『沓掛時次郎』だし、敵役も渡辺文雄、名和宏、内…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

出所したヤクザ。組も色々変わっていて裏切られたり。 女優さんが綺麗。

>>|