#こたつん社ミステリー文庫に関連する映画 36作品

  • おすすめ順

  • List view
  • Grid view

白ゆき姫殺人事件

上映日:

2014年03月29日

製作国:

上映時間:

126分

ジャンル:

3.3

あらすじ

誰もが認める美人OLが惨殺された。この不可解な殺人事件を巡って、一人の女に疑惑の目が集まる。同期入社の地味な女性【城野美姫】。テレビのワイドショー取材により、美姫の同僚・同級生・家族・故郷…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

どうも、お久しぶりです!(デジャブ) W杯を満喫しすぎているミーハー日本代表でございます( ¯ᒡ̱¯ )ง いや〜、…

>>続きを読む

映画と学問、第2弾! メディア専攻ということで授業で鑑賞!! しぐれ谷の公園で発見された死体。 それは化粧品会社に勤…

>>続きを読む

暗黒女子

上映日:

2017年04月01日

製作国:

上映時間:

105分
3.4

あらすじ

セレブ女子高生たちが通う、聖母マリア女子高等学院。ある日、学院の経営者の娘で、全校生徒の憧れの的だった〈白石いつみ〉が謎の死を遂げる。校舎の屋上から落下したのだが、自殺か他殺か、それとも事…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

原作は小説・漫画ともに未読。 ただ自分もミッション系の女子校に通っていたので、学内の雰囲気や校舎の内装、聖堂の上の鐘す…

>>続きを読む

清水富美加(現 千眼美子 以下省略)ってすごく存在感のある女優だと思っていたので、実は機会があったら観たいと思ってい…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

──カミングアウトします。 ──私、ノーマン・ベイツを愛してしまいました…♡ 『ベイツ・モーテル』最終章を全話見…

>>続きを読む

【ヒッチコックを思い出そう週間】 『ジャネット・リン』さんを覚へていますか?⛸ 当時、私はまだ小学生でしたが、それな…

>>続きを読む

キサラギ

製作国:

上映時間:

108分

ジャンル:

3.7

あらすじ

『探偵はBARにいる』の古沢良太脚本、『累』の佐藤祐市監督作。小栗旬、ユースケ・サンタマリアなど豪華俳優が共演。自殺したアイドル・如月ミキの一周忌に集まったファンの男たちが彼女の自殺の真相…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

Filmarksを利用してる皆さんなら何度も経験しているであろうこの質問。 「1番好きな映画はなんですか?」 僕は…

>>続きを読む

【監督佐藤祐市、脚本古沢良太。有名なのに今まであんまり知らなかった良作】 〜あらすじ〜 アイドル如月ミキの一周忌に追…

>>続きを読む

犬神家の一族

製作国:

上映時間:

146分

ジャンル:

3.6

おすすめの感想・評価

さぁ! ここでミステリー映画の大傑作「犬神家の一族」の殺害トリック &金田一探偵の素晴らしい推理の 一部始終をご紹介…

>>続きを読む

そして『犬神家の一族』 角川映画初作品であり、あまりにも有名な作品である(スケキヨ) 故にレビューなんか要らないかもし…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

慎重に深読みしていたのですが、しきれませんでした。 惜しいところまでいけたのが嬉しかったです。そういう人多いんじゃない…

>>続きを読む

2003年作品、ということは15年も前なので今更だけど、ネタバレを一切見ないで鑑賞が必須! 縁がなく初見だったが、予備…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

実に面白い。とても60年前の映画とは思えない。古い映画を敬遠する人も、ぜひ観て欲しい。 どんでん返しが、数回、起きる…

>>続きを読む

かつて伊集院光さんが「週末TSUTAYAに行ってこれ借りよう!」で本作品のチャールズ・ロートンを評し、「過去にこんな人…

>>続きを読む

シャレード

製作国:

上映時間:

113分

ジャンル:

3.8

あらすじ

『雨に唄えば』のスタンリー・ドーネン、オードリー・ヘプバーン主演のサスペンスコメディ。夫と離婚しようとパリに戻ったレジーナは夫が殺されたことを知る。そして葬儀に来ていた3人の男から付きまと…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

私の最初の車はダイハツの初代シャレードでした。 この音楽に乗って「イエス、シャレード」って言うCMです。 燃費がすこぶ…

>>続きを読む

「エレガンススリラー」という枠らしい。 なんて素敵な響き! エレガンスとスリラーなんて同居しなそうなカテゴリーなのに、…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

リメイク版に続き、オリジナル版をLDで再視聴。 やはり、サスペンスの名作です。 ストーリーが展開するにつれて、だん…

>>続きを読む

【鍵】 非常に面白かった。 流石ヒッチコックと言ったところか。 個人的には『裏窓』の次点で好き。 両方グレイスケリー…

>>続きを読む

プリズナーズ

上映日:

2014年05月03日

製作国:

上映時間:

153分
3.9

あらすじ

アメリカ国民の誰しもが愛する家族と幸せなひとときを過ごす感謝祭の日、幼い少女が消えた。平穏な田舎町に突如訪れた惨劇。手がかりは少なく、警察(ジェイク・ギレンホール)の捜査は錯綜する。そんな…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

"子供のために。やるか、やらないか。" ヒュージャックマン×ジェイクギレンホール主演。監督は、ドゥニヴィルヌーヴ。行…

>>続きを読む

ヒュー・ジャックマンが愛する娘を誘拐され、自力で犯人を捕まえようと行動を起こす父親を演じるクライム・サスペンス。ヒュー…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」 は絶対に観ない作品だと思うので、皆様の話題についていけないのが悲しくて1人でふ…

>>続きを読む

サスペリアシリーズ関係無いのにサスペリアの呼称はあまり使いたくない派の人間だけど、それはさておきベルトルッチがサスペン…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

原作は、宗教ミステリの傑作と呼ばれる。 ・規律 ・信仰 ・異端審問 ・性愛 テーマはこんなものだろうか。 …

>>続きを読む

ため息が出るほどの重厚感。そして渋さ満開なショーン コネリーが演じるウイリアムの神々しさ。 作品が古すぎて映像も暗いシ…

>>続きを読む

インビジブル・ゲスト 悪魔の証明

上映日:

2017年03月25日

製作国:

上映時間:

106分
3.9

あらすじ

実業家のドリアは、殺人容疑で起訴されていた。ある夜、凄腕弁護人のグッドマンが訪ねてくる。3時間後には法廷で審理が開始される。それまでに反証の準備をしなければならない2人は、事件の再検証を開…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

何名かのフォロワーさんが大絶賛しているのを読んで、ずっと気になっていた作品。 大まかなあらすじを見ただけでもグイグイ興…

>>続きを読む

【これまたFilmarksの掘り出し物良作!! フォロワーさん絶賛の訳が知りたかった作品】 これはなかなか…いや凄い…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

ここにきて、エンゼルハートについて、同年代の方々が熱く語られており、これは参戦しないとと思った次第。 (「ヘレディタ…

>>続きを読む

(エンゼル・ハート)です。 あの1987年の作品です。 歴史的に重要なあの87年ですよ。 僕がガシガシ映画を見始める…

>>続きを読む

悪魔の手毬唄

製作国:

上映時間:

144分
3.6

おすすめの感想・評価

由良家と仁礼家の二大旧家がしのぎを削る鬼首村(おにこべむら)で起こった、20年前の殺人事件(時効成立済み!)の解決のた…

>>続きを読む

岸恵子さんはあまり好きな女優では無い。 しかし映画が始まると、彼女のいつもと変わらぬ芸風に、いつのまにか吸い込まれてい…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

ミア・ファローーーーーー!!!! そんな映画だった~(*´ω`*) (この人何言ってるの?) ミア・ファローと言えば…

>>続きを読む

ケネス・プラナーの「オリエント急行殺人事件」の最後でナイルのフリがあったし、BSで放送していたので録画鑑賞。 いやあ…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

2017年にリブートされたアガサクリスティ原作のミステリー。1974年に公開されアカデミー賞6部門にノミネートされた名…

>>続きを読む

どうも、クリスティ運が悪いらしく、アクロイド殺しもオリエント急行もネタバレを食らってしまったので、(ミステリファンにあ…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

数十年ぶりに観賞。 市川崑×石坂浩二の金田一耕助シリーズ3作目。『犬神家の一族』(1976年、角川春樹事務所)はまあ…

>>続きを読む

市川崑監督の金田一耕助作品第三作。 前作『悪魔の手毬唄』からなんと同じ年に公開された本作。 横溝正史原作のなかでも…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

またもや自分好みの傑作を見つけてしまった…やはり80年代作品は裏切らない♡面白い仕掛けがたくさん!!サントラに合わせて…

>>続きを読む

★ ミステリ×ボードゲーム÷映画=?? ボードゲーム『Clue』。 このゲームは“犯人を捜す”ことが目的。 サイコロ…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

当時は中井貴江さんがどうしても綺麗に思えなかった。 今回見てもやっぱり同じだった。 本作は制作順に言うと4番目の作…

>>続きを読む

市川崑監督の金田一耕助作品第四作。 恐らく三部作で終わらせる目論みだったんだろうけど、普通に作られてしまう四作目。…

>>続きを読む
>>|