#邦画をめぐるに関連する映画 19作品

  • おすすめ順

  • List view
  • Grid view

湯を沸かすほどの熱い愛

上映日:

2016年10月29日

製作国:

上映時間:

125分
4.1

あらすじ

死にゆく母の熱い想いと、想像もつかない驚きのラストに、涙と生きる力がほとばしる家族の愛の物語。 銭湯「幸 さちの湯」を営む幸野家。しかし、父が1年前にふらっと出奔 し銭湯は休業状態…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

ごめんなさい。今回はいつも以上にわかりにくいです。自分のフィーリングだけ、を書きます。 公開前から非常に評価が高かっ…

>>続きを読む

双葉は夫が失踪してから銭湯を閉め、パン屋でアルバイトをしながら高校生の娘と暮らしていた。ある日バイト中に倒れ検査をする…

>>続きを読む

舟を編む

上映日:

2013年04月13日

製作国:

上映時間:

133分
3.8

おすすめの感想・評価

「右」という言葉を説明できるか? そんなセリフから始まるもんだから、思わず自分だったらどうやって説明するかなーとマ…

>>続きを読む

これは日本にしか作れない作品だと思った。 言葉は自分が思っていることを伝えるための手段である。 その前提を持ちながら…

>>続きを読む

彼らが本気で編むときは、

上映日:

2017年02月25日

製作国:

上映時間:

127分
4.1

あらすじ

優しさに満ちたトランスジェンダーの女性リンコ(生田斗真)と彼女の心の美しさに惹かれ、すべてを受け入れる恋人のマキオ(桐谷健太)。そんなカップルの前に現れた、愛を知らない孤独な少女トモ(柿原…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

一人ぼっちの小学生、トモがリンコにぎゅっと抱きしめられる度に涙が出ちゃう。 そこに愛がいーっぱい溢れているから。 本当…

>>続きを読む

この作品のタイトルが、何故「、」…で終わっているのか… 本編を観て分かった(ような気がする)…(涙) 「普通って、何…

>>続きを読む

かもめ食堂

製作国:

上映時間:

102分

ジャンル:

3.8

おすすめの感想・評価

雰囲気映画と言ってしまえばそれまでだが(汗)それだけじゃない作品である。 フィンランドのヘルシンキにサチエが開いた“…

>>続きを読む

約10年前の作品とは言え、一つ一つのカットに描かれる日常は優しい色彩に溢れ、悠々自適なフィンランドでの生活に憧れを抱か…

>>続きを読む

あん

上映日:

2015年05月30日

製作国:

上映時間:

113分
4.1

あらすじ

縁あってどら焼き屋「どら春」の雇われ店長として単調な日々をこなしていた千太郎(永瀬正敏)。そのお店の常連である中学生のワカナ(内田伽羅)。ある日、その店の求人募集の貼り紙をみて、そこで働く…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

桜の季節、ひとりでどら焼き屋を営む"千太郎"のもとに、"徳江"と名乗るおばあちゃんが現れ、ここで働かせてほしいとお願い…

>>続きを読む

わたしの祖母はあん作りが上手だった。甘過ぎず、どちらかというとホクホクしていて食べ飽きない。子供の頃のおやつと言えばそ…

>>続きを読む

七人の侍

製作国:

上映時間:

207分

ジャンル:

4.3

おすすめの感想・評価

圧倒的知名度を誇る“世界の黒澤”監督による不朽の名作。この作品にインスピレーションを受けた監督は世界に数知れず。かの有…

>>続きを読む

多くの人が傑作と位置づけているこの映画 すみません、初めての観賞です。 何を今さら、私ごときが格段申し上げることも…

>>続きを読む

滝を見にいく

上映日:

2014年11月15日

製作国:

上映時間:

88分
3.7

あらすじ

紅葉の山々へ向かう一台のバス。それは幻の大滝を見にいくツアーの一行だった。ツアーガイドの菅(黒田大輔)を先頭に7人のおばちゃんたちが山道を登っていく。しかし、山道をしばらく進んだ菅の様子が…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

地味。とにかく地味。もうホントに…とりとめもなく地味(笑)。若い方や、刺激的なものを求めるときには向かないですね。 …

>>続きを読む

おばさん7人が滝を見にいくツアーに参加して遭難。というとってもシンプルで一歩間違えればかなりつまんない危険な作品に仕上…

>>続きを読む

最高殊勲夫人

製作国:

上映時間:

95分

ジャンル:

4.2

おすすめの感想・評価

「優越感に幸せを求めるのは、人間の悲しい本能さ」 好きだ~好きだな~。 増村さんの映画は敬遠していたのですが、これ…

>>続きを読む

1959年の作品なんですが、評価も高く、この物語のオチとなってる2人の結婚写真も可愛らしくて惹かれたので、見てみること…

>>続きを読む

椿三十郎

製作国:

上映時間:

98分

ジャンル:

4.1

おすすめの感想・評価

問答無用、文句なしの5兆点のやつ。緊張と緩和、飴と鞭、甘いのしょっぱいの(チョコの後のポテチ)の使い分けが巧みすぎて永…

>>続きを読む

ひたすら面白く 見せる話だから すんなりできあがった。 黒澤明が如何に娯楽 映画の巨匠であるか、 解る後述である…。 …

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

明けましておめでとう ございます(^^) 遅ればせながら本年 一発目のレビューは やはり大好きな作品から…。 黒澤明…

>>続きを読む

これが世界のクロサワか… あぁ映画を観た!わたしは映画を観た!という充実感に包まれた。 子供取り違え誘拐から始まる前…

>>続きを読む

幕末太陽傳

製作国:

上映時間:

110分

ジャンル:

4.1

おすすめの感想・評価

古典落語がてんこ盛り。 すごい面白かったなぁ。 はじめ、江戸の早口言葉が聞き取りにくくて、日本語字幕付きで見直そう…

>>続きを読む

「幕末太陽傳」 1957/7/14公開 日本作品 2017-153 TSUTAYA CINEMA Handbook 2…

>>続きを読む

キューポラのある街

製作国:

上映時間:

100分

ジャンル:

3.5

おすすめの感想・評価

前から気になってた作品。 この作品で、吉永小百合の人気が爆発したので、アイドル的なものかと思えば、かなり硬派な社会派…

>>続きを読む

「あたしさ、勉強しなくても高校に行ける子に負けたくないんだ」 母とTSUTAYAに行ったときのこと。 私は木下監督の…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

ドンゴロスの布地に浮かぶタイトル。 心洗われるような音楽。 ああ、久しぶりに小津映画を観たなと嬉しくなりました。 …

>>続きを読む

永久に愛せると云えるなんて、やっぱり小津ドラマは愛おしい。 秋なので選んでみました。 未亡人の母と年頃の娘が結婚を機…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

「自分で、自分の幸せを探しちゃ いけないんでしょうか」 ア〜おもしろかった! やっぱり小津さんの映画はステキ! 笑え…

>>続きを読む

@シネ・ヌーヴォ 久しぶりに観ました(スクリーンでは初めて観ました)が、案外細かいところまで覚えているものです。 小…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

小津安二郎監督作品を、角川シネマ新宿の「大映女優祭」で初鑑賞。真正面を向いた人物のバストショットがやたらに多いなあと思…

>>続きを読む

1ヶ月ぶりの小津さん、ただいま。 小津さんっぽさと、全然小津さんじゃないところが共存していて、ちょっぴりドキドキ。…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

先月末は岡山 倉敷へ日帰り一人旅。 そして今日は京都の伏見稲荷with母! 伏見はもっと遠いイメージがあったのですが…

>>続きを読む

【ヒューマニズム】 今までの小津作品は家族をメインにストーリーを展開していたが、今回は会社関係を含めつつあるサラリー…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

1962年間度の作品。 主役?の坊やは、ちょうど自分と同世代。 私が生まれ、育った日本が映し出される。 「随分と遠い昔…

>>続きを読む

「僕が生まれて最初に見たものは、ぼんやりとした影だ。影は絶えずチラチラと動いていた」 私には子どもがいない。夫がいな…

>>続きを読む

淑女は何を忘れたか

製作国:

上映時間:

72分

ジャンル:

3.7

おすすめの感想・評価

女中を雇いろくに家事もせんと旦那の稼ぎで飯を食い、日がな気の知れた友人とペチャクチャお喋りに花を咲かせ、週末には旦那を…

>>続きを読む

今年は日本映画120周年記念だそうですね! 京都文化博物館のフィルムシアターでは邦画の古典・名作映画特集でいろいろな…

>>続きを読む

あの手この手

製作国:

上映時間:

92分

ジャンル:

3.5

おすすめの感想・評価

市川崑監督。 大阪が舞台で旦那が大学講師、奥さんが新聞社勤め。旦那は奥さんに頭が上がらない普通の家庭で、伊勢志摩から旦…

>>続きを読む

「アコのアの字はどんな字書くんですか?」 「アホのアの字。アハハハッ!」 偶然TSUTAYAで見つけた今作。 「淑女…

>>続きを読む