#邦画をめぐるに関連する映画 26作品

  • おすすめ順

  • List view
  • Grid view

湯を沸かすほどの熱い愛

上映日:

2016年10月29日

製作国:

上映時間:

125分

ジャンル:

4.1

あらすじ

死にゆく母の熱い想いと、想像もつかない驚きのラストに、涙と生きる力がほとばしる家族の愛の物語。 銭湯「幸 さちの湯」を営む幸野家。しかし、父が1年前にふらっと出奔 し銭湯は休業状態…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

杉崎花が気になって鑑賞。お母さんはプロのロック歌手なんですな。鶴瓶の番組では自ら「母子家庭」と言ってました。後、本作の…

>>続きを読む

『湯気のように 店主が蒸発してしまったので しばらくお湯は沸きません』 まるで落語家さんが言いそうな内容の貼り紙から…

>>続きを読む

勝手にふるえてろ

上映日:

2017年12月23日

製作国:

上映時間:

117分
4.1

あらすじ

私には彼氏が2人いる──突然告白してきた暑苦しい同期のニと中学時代からの片思いの相手イチ。 「人生初告られた!」とテンションがあがるも、イマイチ、ニとの関係に乗り切れないヨシカ。一方で、…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

やっと見れました 笑 愛は文化的な温度差(趣味の違いという意味でなく)さえも超越するのか?という映画です。少なくとも僕…

>>続きを読む

2018年の映画初めは、早く観たくてしょうがなかった本作から。 ポップでオシャレでサブカル臭。 そしてきゅんきゅんポイ…

>>続きを読む

夜は短し歩けよ乙女

上映日:

2017年04月07日

製作国:

上映時間:

93分
3.7

あらすじ

クラブの後輩である“黒髪の乙女”に思いを寄せる“先輩”は今日も『なるべく彼女の目にとまる』よう ナカメ作戦を実行する。春の先斗町、夏の古本市、秋の学園祭、そして冬が訪れて...。 …

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

アニメの「四畳半神話大系」の独特な世界観が好きだったので、リンクしている今作を期待を持って鑑賞。 したのですが、声優…

>>続きを読む

新しい土地に引っ越して、今週はずっとドタバタ忙しくしていました。そんな初めての週末、新しい住処で確認しなければならない…

>>続きを読む

舟を編む

上映日:

2013年04月13日

製作国:

上映時間:

133分
3.8

おすすめの感想・評価

チョベリグっ!! 長期出張中にやる事ねー!ひまだー! そんな時に観て、とっても豊かな気持ちにさせてくれた思い出の1本…

>>続きを読む

「感謝という言葉以上の言葉がないか、あの世があるなら用例採集したいと思います」 小説既読。二度目の鑑賞。 この映画を…

>>続きを読む

彼らが本気で編むときは、

上映日:

2017年02月25日

製作国:

上映時間:

127分
4.1

あらすじ

優しさに満ちたトランスジェンダーの女性リンコ(生田斗真)と彼女の心の美しさに惹かれ、すべてを受け入れる恋人のマキオ(桐谷健太)。そんなカップルの前に現れた、愛を知らない孤独な少女トモ(柿原…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

ちんこで始まりおっぱいで終わる映画。 これ本当ですからね!!! 私…嘘ついてませんからね( ¯•ω•¯ ) タ…

>>続きを読む

ラストシーンでぐわあっと来るね。 そこまで描いていたのか。 平均レビュー点の高さの割にかなりの癖のある映画で、正直…

>>続きを読む

あん

上映日:

2015年05月30日

製作国:

上映時間:

113分
4.0

あらすじ

縁あってどら焼き屋「どら春」の雇われ店長として単調な日々をこなしていた千太郎(永瀬正敏)。そのお店の常連である中学生のワカナ(内田伽羅)。ある日、その店の求人募集の貼り紙をみて、そこで働く…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

2018年鑑賞no.30 病み上がりで、やっと映画を観る体力が回復してきたので鑑賞。 何か無いかとGYAOで探して…

>>続きを読む

原作は、ドリアン助川の小説。 あまり予備知識なしで見ましたが、ハンセン病を描いた映画だったのですね。 本作では、樹木希…

>>続きを読む

かもめ食堂

製作国:

上映時間:

102分

ジャンル:

3.8

おすすめの感想・評価

雰囲気映画と言ってしまえばそれまでだが(汗)それだけじゃない作品である。 フィンランドのヘルシンキにサチエが開いた“…

>>続きを読む

約10年前の作品とは言え、一つ一つのカットに描かれる日常は優しい色彩に溢れ、悠々自適なフィンランドでの生活に憧れを抱か…

>>続きを読む

七人の侍

製作国:

上映時間:

207分

ジャンル:

4.3

おすすめの感想・評価

かの迷作『七人のオタク』と比べればその差は僅差かもしれないが(そんな事無いと思う)、平成のノブシコブシと比べれば昭和の…

>>続きを読む

これが世界の黒澤と名を轟かせた作品か!凄すぎる!黒澤監督の作品は以前「羅生門」を鑑賞したが、本当にこの人の作品は時代差…

>>続きを読む

羅生門

製作国:

上映時間:

88分

ジャンル:

3.8

おすすめの感想・評価

わかんねぇ。さっぱり、わかんねぇ。 黒澤明 監督 1950年製作 主演 三船敏郎、志村喬、京マチ子 ただいま帰…

>>続きを読む

「一体 正しい人間なんているのか」 朽ちかける羅生門の下、止まない雨を眺める男が三人。 「わかんねぇ、さっぱりわか…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

チョビ髭を生やしたミフネが、一介の靴職人から大企業の重役にまで身をなした正義感の強い男を演じる。身代金目的の子供の誘拐…

>>続きを読む

「私のアパートの部屋は、冬は寒くて寝られない。夏は暑くて寝られない。その三畳の部屋から見えるあなたの家は、天国みたい…

>>続きを読む

椿三十郎

製作国:

上映時間:

98分

ジャンル:

4.1

おすすめの感想・評価

まさか自分が白黒映画を観る日が来るとは思わなかった モノクロでの、お歯黒の美しいことに驚き。 そうか、歯って口の造形に…

>>続きを読む

言うことなしに面白い。 エンタメ要素ありまくりの痛快時代劇といった感じ。 ある一家のお家騒動を、椿三十郎が解決しよう…

>>続きを読む

用心棒

製作国:

上映時間:

110分

ジャンル:

4.1

おすすめの感想・評価

2018/1/27 TOHOシネマズ日劇にて「さよなら日劇ラストショウ」として鑑賞。 極力、映画は映画館で観たい派…

>>続きを読む

「地獄の入り口で待ってるぜ」 痺れる…。 黒澤映画はどれも迫力があり、一度劇場で観てみたいと思う作品ばかり。 今回…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

2018/4/15 12:30 東京国立近代美術館フィルムセンターが国立映画アーカイブとなりました。そして元々「大ホー…

>>続きを読む

「自分で、自分の幸せを探しちゃ いけないんでしょうか」 ア〜おもしろかった! やっぱり小津さんの映画はステキ! 笑え…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

麦秋(ばくしゅう) 麦の収穫時期で秋と言う表現になり初夏の5月の梅雨前の季節にあたるらしい。夏の季語。 ネット情報 …

>>続きを読む

北鎌倉で暮らす間宮家の長女紀子は周りが結婚していく中でも未だ独身で”売れ残り”だと冷やかされていたが… 『晩春』『東…

>>続きを読む

滝を見にいく

上映日:

2014年11月15日

製作国:

上映時間:

88分
3.7

あらすじ

紅葉の山々へ向かう一台のバス。それは幻の大滝を見にいくツアーの一行だった。ツアーガイドの菅(黒田大輔)を先頭に7人のおばちゃんたちが山道を登っていく。しかし、山道をしばらく進んだ菅の様子が…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

地味。とにかく地味。もうホントに…とりとめもなく地味(笑)。若い方や、刺激的なものを求めるときには向かないですね。 …

>>続きを読む

おばさん7人が滝を見にいくツアーに参加して遭難。というとってもシンプルで一歩間違えればかなりつまんない危険な作品に仕上…

>>続きを読む

幕末太陽傳

製作国:

上映時間:

110分

ジャンル:

4.1

おすすめの感想・評価

何百年脈々と続く、日本の舞台芸術の粋の一つが、ここにあるのかもしれません。 みどころ: 娯楽として至高の群像劇 極上…

>>続きを読む

落語好きを自認しておきながら未見だったこの作品。 いやぁ~、面白かったです! 古典落語の郭噺(遊郭ネタ)を織り混ぜ…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

ドンゴロスの布地に浮かぶタイトル。 心洗われるような音楽。 ああ、久しぶりに小津映画を観たなと嬉しくなりました。 …

>>続きを読む

永久に愛せると云えるなんて、やっぱり小津ドラマは愛おしい。 秋なので選んでみました。 未亡人の母と年頃の娘が結婚を機…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

〜新文芸坐「モノクロ映画の美学」特集〜 ダークサイドオブ小津安。 と、までは言わないにしても、初見の本作は意外な発見…

>>続きを読む

先月末は岡山 倉敷へ日帰り一人旅。 そして今日は京都の伏見稲荷with母! 伏見はもっと遠いイメージがあったのですが…

>>続きを読む

ニッポン無責任時代

製作国:

上映時間:

86分

ジャンル:

3.8

おすすめの感想・評価

「俺はこの世で一番 無責任と言われた男」 ア~笑った笑った。 マルクス兄弟の映画を観るノリでウキウキ観始めたけ…

>>続きを読む

「どうせやるなら、楽しく」…最近読んだ『書店ガール3』(碧野圭・著)のヒロインの書店員が、仕事上のトラブルに遭遇するた…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

昨年見逃した大映女優祭が出町座でかかると知り、行ってきました! 廃校を利用した映画館・立誠シネマが老朽化に伴い(だ…

>>続きを読む

ほとんど女性だけで構成される、非常にかしましい映画。 兄(船越英二。頼りなくダメな感じを演じさせたらやはり絶品)嫁を…

>>続きを読む
>>|