#邦画をめぐるに関連する映画 50作品

  • おすすめ順

  • List view
  • Grid view

勝手にふるえてろ

上映日:

2017年12月23日

製作国:

上映時間:

117分
4.0

あらすじ

私には彼氏が2人いる──突然告白してきた暑苦しい同期のニと中学時代からの片思いの相手イチ。 「人生初告られた!」とテンションがあがるも、イマイチ、ニとの関係に乗り切れないヨシカ。一方で、…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

この映画が武器だとして、残念ながら対僕用の武器ではないから、特殊効果を除いたその鈍器としての性質だけでガンガンと殴られ…

>>続きを読む

最初にこのタイトルを目にした時、自分の観るタイプの映画じゃないな〜と勝手に敬遠してたんですけど、皆様のレビューを目にす…

>>続きを読む

湯を沸かすほどの熱い愛

上映日:

2016年10月29日

製作国:

上映時間:

125分

ジャンル:

4.1

あらすじ

死にゆく母の熱い想いと、想像もつかない驚きのラストに、涙と生きる力がほとばしる家族の愛の物語。 銭湯「幸 さちの湯」を営む幸野家。しかし、父が1年前にふらっと出奔 し銭湯は休業状態…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

"湯を沸かすほどの熱い愛" タイトルが足りすぎる事もなければ、もちろん不足している事も一切ない。 まっすぐ過不足なく…

>>続きを読む

夫に逃げられ一年余り、気の弱い娘と二人暮らしをする主人公。しっかり者で毎日朝から晩まで働きづめていたある日、突然倒れ、…

>>続きを読む

桐島、部活やめるってよ

製作国:

上映時間:

103分

ジャンル:

3.5

おすすめの感想・評価

今回は特別に、「桐島、部活やめるってよ」の続編、「バローロ、人間やめてるってよ」の公開前脚本をみなさんにお晒しいたしま…

>>続きを読む

痛い!これは痛いぞ! 胸がいたーい映画の最高峰だぁ! 実際、まさにこんな高校生活だった 改めて俯瞰で自分達を見て…

>>続きを読む

海街diary

上映日:

2015年06月13日

製作国:

上映時間:

126分

ジャンル:

3.7

あらすじ

父が死んで、鎌倉の家に、腹違いの妹がやってきました―。 海の見える街を舞台に、四姉妹が絆を紡いでいく。 深く心に響く、家族の物語。 両親を許せない長女と、自分を許せない四女。 それ…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

個人的に初是枝監督映画。 海辺の街かー。 折々の四季、一日24時間、一体どんな空気してんのかなぁ。 旅行とか合宿で…

>>続きを読む

2018年3月26日、BSプレミアムのプレミアムシネマで鑑賞。 いや、贅沢すぎる… なんて贅沢な作品なんだろう。 主…

>>続きを読む

夜は短し歩けよ乙女

上映日:

2017年04月07日

製作国:

上映時間:

93分
3.7

あらすじ

クラブの後輩である“黒髪の乙女”に思いを寄せる“先輩”は今日も『なるべく彼女の目にとまる』よう ナカメ作戦を実行する。春の先斗町、夏の古本市、秋の学園祭、そして冬が訪れて...。 …

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

「私は彼女に首ったけである。」 ちょっと気取ったレストラン。 結婚式の二次会に出席したメンバーが集まっていました。 …

>>続きを読む

原作小説が大好きな自分にとって至福の93分(映画化のための改変は全く気にならず)。独特な世界観と独特なセンスの言葉遣い…

>>続きを読む

舟を編む

上映日:

2013年04月13日

製作国:

上映時間:

133分
3.8

おすすめの感想・評価

多分邦画で一番好きかもしれない。1本の映画としても実写化作品としても素晴らしいと思います。原作が好きで何回も読んでるけ…

>>続きを読む

チョベリグっ!! 長期出張中にやる事ねー!ひまだー! そんな時に観て、とっても豊かな気持ちにさせてくれた思い出の1本…

>>続きを読む

ツレがうつになりまして。

製作国:

上映時間:

121分

ジャンル:

3.5

おすすめの感想・評価

暗く重くなりがちな題材を扱っているはずなのに、終始ほんわか温かな空気に包まれていて、いつまでもどこまでも2人の日常を観…

>>続きを読む

鑑賞前、勝手なイメージで宮崎あおいがウツになるのかと思ってた。全く逆だった。堺雅人の方か。真面目でこだわりが強く、繊細…

>>続きを読む

七人の侍

製作国:

上映時間:

207分

ジャンル:

4.3

おすすめの感想・評価

午前十時の映画祭にて。 7月7日に7人の侍を観れるとは、粋な計らい。 映画好きを自称していながらようやく初見。まだま…

>>続きを読む

これが七人の侍!これが日本映画の宝…! 観ながらたくさんの作品が頭をよぎった。 今作に影響を受けた映画や小説、アニメ…

>>続きを読む

それでもボクはやってない

製作国:

上映時間:

143分

ジャンル:

3.5

おすすめの感想・評価

99.9。 満員電車で痴漢と間違われた男。駅員も警察も、検察にさえもまともに話を聞いてもらえずに起訴されてしまい、長…

>>続きを読む

痴漢冤罪の裁判もの。陰湿な感じの予感がしたので期待せずにみたのだけれど、とても引き込まれる話だった。事件、警察尋問、拘…

>>続きを読む

かもめ食堂

製作国:

上映時間:

102分

ジャンル:

3.8

おすすめの感想・評価

雰囲気映画と言ってしまえばそれまでだが(汗)それだけじゃない作品である。 フィンランドのヘルシンキにサチエが開いた“…

>>続きを読む

約10年前の作品とは言え、一つ一つのカットに描かれる日常は優しい色彩に溢れ、悠々自適なフィンランドでの生活に憧れを抱か…

>>続きを読む

あん

上映日:

2015年05月30日

製作国:

上映時間:

113分
4.0

あらすじ

縁あってどら焼き屋「どら春」の雇われ店長として単調な日々をこなしていた千太郎(永瀬正敏)。そのお店の常連である中学生のワカナ(内田伽羅)。ある日、その店の求人募集の貼り紙をみて、そこで働く…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

ほのかに紅をつけた桜が綺麗に咲いていた。桜にとても惹かれるのは、その美しい佇まいはもちろんなのだけど、すぐに花が散って…

>>続きを読む

レンタル新作100円セールで 借りてみたシリーズ第2弾 原作既読 冒頭 二日酔いと思われる倦怠感のなかタバコを吸う…

>>続きを読む

シコふんじゃった。

製作国:

上映時間:

103分
3.6

おすすめの感想・評価

いい! なんもなくていい!平和だ〜。 やばい、最近はこんなレビューばかりだ笑。当たり障りのない映画が心地よい。完全に疲…

>>続きを読む

あるミーハーな学生が卒業単位と引き換えに、部員不足で廃部寸前の相撲部へ入部する物語。 『オールナイトフジ』みたいな女…

>>続きを読む

彼らが本気で編むときは、

上映日:

2017年02月25日

製作国:

上映時間:

127分
4.1

あらすじ

優しさに満ちたトランスジェンダーの女性リンコ(生田斗真)と彼女の心の美しさに惹かれ、すべてを受け入れる恋人のマキオ(桐谷健太)。そんなカップルの前に現れた、愛を知らない孤独な少女トモ(柿原…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

「彼らが本気で編む時は、」その続きはなんだ…と気になって視聴。ネタバレ注意。 母子家庭で貧乏な生活を送る小学生・トモ…

>>続きを読む

トランスジェンダー。 個人的にLGBTなどを題材にした作品のなかでは比較的差別描写も激しくなく、そこまで胸が抉られる…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

「ラヂオの生本番!二転三転する脚本に翻弄されるドタバタコメディの傑作!」 「カメラを止めるな」の上田慎一郎監督も大き…

>>続きを読む

何となく全部の展開を予想してから観た。すごくありありと想像できてしまった、鈴木京香のぶち切れる様。番狂わせのドタバタは…

>>続きを読む

羅生門

製作国:

上映時間:

88分

ジャンル:

3.8

おすすめの感想・評価

世界的評価が高い名作中の名作と《黒澤明》監督作品『羅生門』を鑑賞。最小人数で多彩な人間描写を観れたのは役者の演技力が巧…

>>続きを読む

びっくりするくらい面白かった。内容は言うまでもないだろうから、観るに至った経緯を。 『去年マリエンバートで』という…

>>続きを読む

椿三十郎

製作国:

上映時間:

98分

ジャンル:

4.1

おすすめの感想・評価

初期の頃の 編集の荒さがなくなり、 監督の美学が漏れる。 無駄とタルミを取り除き、 映像、台詞、挿入音が 互いに際立…

>>続きを読む

午前10時の映画祭にて4Kリマスター版鑑賞。 やはりメチャクチャ面白いですね。 「用心棒」の続編的な物語でお決まりの…

>>続きを読む

12人の優しい日本人

製作国:

上映時間:

116分

ジャンル:

3.7

おすすめの感想・評価

「THE三谷幸喜脚本!有罪か無罪かを巡るワンシチュエーションコメディ」 映画「12人の怒れる男」をオマージュした三谷…

>>続きを読む

【12人の流されやすい日本人】 刑事裁判の場合って『被告』じゃなくて『被告人』なのよね。 みんな『被告、被告』言うん…

>>続きを読む

Shall We ダンス?

製作国:

上映時間:

136分

ジャンル:

3.6

おすすめの感想・評価

ミュージカル映画『王様と私』の代名詞ともなっている、ロジャース&ハマースタインの手によるオリジナル曲のカヴァーとなる、…

>>続きを読む

【邦画名作を巡る 1】 なんか涙あふれる邦画が観たくて~ 名作を!! ならばと。。。 日本アカデミー関連作品 追ってま…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

いつぶりかの再見。 「生きる」ということはなんなのかということに、こんなにもまっすぐ向き合った映画はない。 主人公があ…

>>続きを読む

まだ黒澤明監督の映画は5本しか見てなく、そのどれもが安定していますが、これはちょっと別格ではないかと感じました。涙は流…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

「ドリフ大爆笑」の最高傑作のひとつである階段落ちのコントは、おそらく本作のクライマックスが元ネタ。両者を見比べると、背…

>>続きを読む

誰もがきいたことがあるような名曲から始まる本作は、とにかく頭から賑やかでドタバタでベタベタな今後の展開を予想させる空気…

>>続きを読む
>>|