#溝口健二に関連する映画 9作品

  • おすすめ順

  • List view
  • Grid view

山椒大夫

製作国:

上映時間:

124分

ジャンル:

4.1

おすすめの感想・評価

フェリーニ『道』にどことなく似てるなぁと思って観ていたらどちらも1954年作だった。白く輝くススキ野原の描写は『大地の…

>>続きを読む

すべてが美しいがゆえに残酷は深まる。 そんな一言が浮かんできた。 田中絹代が演じる母は、元国主の妻らしく、落ちぶれても…

>>続きを読む

西鶴一代女

製作国:

上映時間:

137分

ジャンル:

4.1

おすすめの感想・評価

ある女が辿る魂の遍歴。 一瞬の弛みも許さない完璧主義で造り上げた、鳥肌が立つほどの最高芸術。世界に誇れる日本映画の名…

>>続きを読む

5月16日は黒澤や小津と並び、日本映画史にその名を刻む巨匠・溝口健二の生誕119周年記念日に当たります。 17世紀、…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

赤線吉原の「サロン 夢の里」で生活を凌ぐ女達の群像劇。 溝口健二の遺作。 3人の名女優の華麗な共演。 京マチ子演ず…

>>続きを読む

昭和32年に施行された売春禁止法成立の前夜。吉原にある一娼家「夢の里」で働く5人の娼婦(やすみ(若尾文子)、より江(町…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

この世とあの世の境界線が揺らぐ 戦国時代で、死者はすぐ近くにいた時代 自分もいつ死者になるかわからない時代 果…

>>続きを読む

1953年 イタリーヴェニス國際映画コンクール 最優秀外國映画賞 栄冠獲得 誇らしく輝かしくオープニングを飾る。 …

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

粋とか奥ゆかしさといったものが一貫して感じられ、自然と背筋が伸びる。 例えば本作は稀有な"うちわ"映画だと思うのだけれ…

>>続きを読む

第二次大戦下、「風と共に去りぬ」を鑑賞した日本軍が、あまりの完成度に腰を抜かして敗戦を確信したというエピソード…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

日本映画の巨匠 溝口健二 1954年の作品 傑作の誉れ高いこの作品、何度も観るチャンスはあったのですが、私的にはタイ…

>>続きを読む

本日8月24日は日本が世界に誇る名匠・溝口健二監督の没後61年目に当たります。 本作は浮世草子作家・井原西鶴の「好色…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

京都観光の折に、島原に行かれた事はありますか? 新撰組の屯所があった壬生から南に下って行きますと、有名な輪違屋や角屋が…

>>続きを読む

どこまでも男をクズに描くなぁと作品ごとにその感覚が増す溝口作品。彼は男という生き物をこの様に思って生きていたのかと聞き…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

《社会に抗いまた従い、彼女らは生きる》 おおきに。すんまへん。おたのもうします。『舞妓はレディ』で舞妓必須三単語とし…

>>続きを読む

祇園の舞妓の生き様を悲喜交々に活写した傑作!ワンショットワンショットの優美さ、清澄さ、演出の艶っぽさ!見てる間じゅう、…

>>続きを読む

新・平家物語

製作国:

上映時間:

108分

ジャンル:

3.6

おすすめの感想・評価

監督 溝口健二 原作 吉川英治 主演 市川雷蔵 撮影 宮川一夫 大映カラー總天然色映画 屋外ロケ、膨大なエキストラ、…

>>続きを読む

「祇園精舎の鐘の聲、諸行無常の響あり」の冒頭文で知られる平家物語を吉川英治が小説にしたものを原作に、溝口監督が映像化。…

>>続きを読む