#文芸映画に関連する映画 64作品

  • おすすめ順

  • List view
  • Grid view

羅生門

製作国:

上映時間:

88分

ジャンル:

3.8

おすすめの感想・評価

芥川の原作は既読だったので、あれをどう90分に落とし込んでくるのか…。 と思って見たら、序盤と終盤こそ要素はあれど、全…

>>続きを読む

殺人事件現場、検非違使(裁判所)、羅生門の3箇所を舞台に、殺人事件を巡る人間模様、エゴ、嘘等を立体的に描いた、黒澤明監…

>>続きを読む

はなれ瞽女おりん

製作国:

上映時間:

117分

ジャンル:

3.8

おすすめの感想・評価

流れるように生きてきて、人知れず息絶えた命、寂しからずや。耳に残る三味線の音と懐かしい波の音。赤い古着物はまだ哀しく木…

>>続きを読む

2015.04.24 DVD DVDで観ても宮川一夫の撮影の美しさがすばらしくよく分かる。おりんと平太郎が小屋で火…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

この世とあの世の境界線が揺らぐ 戦国時代で、死者はすぐ近くにいた時代 自分もいつ死者になるかわからない時代 果…

>>続きを読む

1953年 イタリーヴェニス國際映画コンクール 最優秀外國映画賞 栄冠獲得 誇らしく輝かしくオープニングを飾る。 …

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

マチ子最高! 本作は3回見て3回とも最高!!!って思ったけど、見るときの年齢によって、惹かれるとこが変わっていってる。…

>>続きを読む

老齢の骨董鑑定士(中村鴈治郎)、その美貌の妻(京マチ子)、娘(叶順子)、婿候補の医者(仲代達也)の4人が繰り広げる愛憎…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

寒村で暮らしている竹細工職人の青年が、年季明けの元遊女(若尾文子)と結婚するのだが、竹細工の名匠だった亡き父が嫁の情夫…

>>続きを読む

あやや映画祭にて。 学生のころあややの映画は結構観ていた。今回ほどの規模じゃなくてもあやや特集とか増村保造特集、川島雄…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

盲の化け物が暴走。 写真展とアトリエの造形は気合充分。 増村保造の指示を全うしたであろう美術さんの仕事っぷり、お疲れっ…

>>続きを読む

闇の中でお互いの肉を喰らいあう…それが盲獣。 江戸川乱歩御大の原作を大幅にアレンジしながらも、グロテスクでエロチックな…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

七十二年目の終戦の日に鑑賞。 2年前に公開され話題となった塚本晋也監督の「野火」と同じ大岡昇平の原作を、市川崑監督が…

>>続きを読む

本日2月13日は市川崑監督の没後9年目に当たります。 生きていれば御年101歳。 市川崑といえば金田一耕助シリーズが…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

日本映画の巨匠 溝口健二 1954年の作品 傑作の誉れ高いこの作品、何度も観るチャンスはあったのですが、私的にはタイ…

>>続きを読む

本日8月24日は日本が世界に誇る名匠・溝口健二監督の没後61年目に当たります。 本作は浮世草子作家・井原西鶴の「好色…

>>続きを読む

見出された時-「失われた時を求めて」より-

製作国:

上映時間:

163分

ジャンル:

4.1

おすすめの感想・評価

【『失われた時を求めて』の時間を捉えてみる】 先日TSUTAYA渋谷店に行ってVHS漁りをしていたら貴重な作品を見つけ…

>>続きを読む

原作を読了すればもっと歓びを享受できるような作品だと思う。 長い話の最終章なので、この作品だけ見ても全体を把握するのは…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

いやぁ…「忠臣蔵」見て、思わず泣いてしまった。 何度も映画化された「忠臣蔵」の中でも、1958年に大映で作られた本作…

>>続きを読む

メリークリスマスですが、忠臣蔵です。GYAO配信が今日までだったので。これ書いたら、うちの子達専用サンタになってきます…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

怪談という日本文学 ※どれも有名な怪談話なので、このレビューにはネタバレが含みますのでご理解ください。 「黒髪」「…

>>続きを読む

全四話で構成される小泉八雲原作の怪談話。 日本の自然風土に展開する生きる者とそうでない者に纏わる怪しい談。 やたらとオ…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

卍卍卍卍卍 岸田今日子の独白。 旋律のように耳に心地よい声色と抑揚。 年老いてからは妖怪風味としか見てなかったけれど…

>>続きを読む

愛のない生活を送っている弁護士夫人(岸田今日子)が、美術学校で出会った娘(若尾文子)と同性愛の関係になる。谷崎潤一郎の…

>>続きを読む

妻は告白する

製作国:

上映時間:

91分

ジャンル:

3.9

おすすめの感想・評価

滝川彩子は、夫とその仕事仲間の若い男、三人で登山に出かける。道中、転落事故に遭い、三人は一本のザイルで繋がれる。夫はザ…

>>続きを読む

偶に名作でも観とくか…なるヤツ 今回は「2000人の狂人」でも「私はゾンビと歩いた!」でも無くちゃんとした名作を選んだ…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

オープニングの工場のカット。 物語のイントロダクションからタイトルクレジット、そしてナオミの日記とフォトグラフ。 流石…

>>続きを読む

どうも最近の若者はかつての「ナオミよ」でお馴染みのナオミ・キャンベルのごとき痩身を夢見がちだが、真に男を魅了し狂わせ虜…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

【燃える国宝】81点 ーーーーーーーー 監督:市川崑 製作国:日本 ジャンル:ドラマ 収録時間:99分 ーーーーーーー…

>>続きを読む

三島由紀夫原作の『金閣寺』を 映画化した本作。 1950年に実際に起こった金閣寺の 放火が元になった作品です。 主演…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

家族の生計を支えるために隠居の妾となっていた女性(若尾文子)が、帰郷先にて村八分にされてしまうが、兵役から帰ってきた模…

>>続きを読む

平成の妖艶、真木よう子についてレビューで触れたが、昭和を代表する妖艶な女優といえば、若尾文子が筆頭に来るだろう。中でも…

>>続きを読む

女は二度生まれる

製作国:

上映時間:

99分

ジャンル:

3.9

おすすめの感想・評価

画面又は空間の仕切りとして、手前に物を配置したり襖で別けたりする多種多様なアイデアが面白い。後処理で分割してないから空…

>>続きを読む

若尾文子の色っぽさに頼りっきりで、「女は二度生まれる」というタイトルが活かされなかった作品。  カラー映画なので、綺麗…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

増村保造、若尾タトゥー、蜘蛛が男を呼んでいる 原作谷崎潤一郎、脚本新藤兼人、監督増村保造。 刺青背負った若尾文子…

>>続きを読む

背中に“女郎蜘蛛”の刺青を彫られた女が、その女郎蜘蛛に心まで浸食されていく怪談映画。 谷崎潤一郎の原作だからか『卍』と…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

①あんな嫁・姑のいる家でも暮らせる、心臓に毛が生えてる方の割合 1% ②喜久ぼんぐらい遊んだら何か真理を悟れる確率 推…

>>続きを読む

山崎豊子さんの同名小説を映画化した作品。 制作は1960年です。 ぼんちとは、お坊ちゃん、ボンボンというような意味。…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

【脆弱の中の光】 島崎藤村の原作『破戒』を〝炎上〟や〝野火〟〝犬神家の一族〟の市川崑が描く切ない物語。 信州飯山の…

>>続きを読む

今尚色褪せる事ない大作でした。 部落民を非難し自らの優位性を保つ社会的風土感の中で、自らが部落民であるという戒律を背負…

>>続きを読む
>>|