ボリビアのおすすめ映画 23作品

ボリビアのおすすめ映画。ボリビア映画には、ホルヘ・サンヒネス監督の鳥の歌や、ガエル・ガルシア・ベルナルが出演するSalt and Fire(原題)、地下の民などの作品があります。

製作国で探す

あなたにおすすめの記事

  • おすすめ順

  • List view
  • Grid view

おすすめの感想・評価

16世紀にボリビア(アンデス社会)がコンキスタドール(スペインの征服者)に制服された過去の歴史を批判的に捉える映画の撮…

>>続きを読む

ホルヘ・サンヒネス監督作品! 現代アートハウス入門・ネオクラシックをめぐる七夜 昨年も、とても楽しませてくれた特集…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

トロント国際映画祭にて。北米プレミア。 真面目か!からの珍作ふうへの振りきりに笑った。 環境問題というか自然災害を…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

【死ぬために踊る男】 特集上映「ボリビア・ウカマウ集団制作 革命の映画/映画の革命」にて。 今回みた7本の中で、桁…

>>続きを読む

インディオである自らのアイデンティティを捨て帝国主義に迎合し資本主義に魂を売り渡した青年が死刑宣告同様の扱いを受け追放…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

南米ボリビア アンデス高地 ウユニ塩湖 真っ白な大地に鉈を降り下ろし 黙々と塩を切り取る親子 夕日が地平線にかかる…

>>続きを読む

元町映画館上映最終日。松下俊文監督が来場されており、急遽上映後にミニトーク開催とのことで、予告を飛ばして、本編スタート…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

【復讐のケーナはいつ響く】 特集上映「ボリビア・ウカマウ集団制作 革命の映画/映画の革命」にて。 ウカマウ集団の長…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

ホルヘ・サンヒネス監督。 南米のボリビアの映画。亡命中のウカマウ集団が制作を行っている。 「ウカマウ」は、ホルヘ・サン…

>>続きを読む

牛を盗んだ地主に対し直談判に行った農民が首を刎ねられ殺されたもんで、怒った農民達がこの地主を吊し上げるも、地主に買収さ…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

とにかく 凄い景色。高原、リャマそして地平線! 富士山より高いボリビアの高地にある小さな村は標高4,000メートルを超…

>>続きを読む

サンダンス映画祭にて。 何だこの既視感は?と思ったら「アンデス、ふたりぼっち」に似ていた。 Utama = Ou…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

【先住民大統領誕生までの屍たち】 特集上映「ボリビア・ウカマウ集団制作 革命の映画/映画の革命」にて。 これが(当…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

【平和部隊という名のアサシン】 特集上映「ボリビア・ウカマウ集団制作 革命の映画/映画の革命」にて。 米国人医師団…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

ドキュメンタリーのハシゴ、2本目は「湖の娘:アンデスの水を守る」。 ペルーのカハマルカでは、多国籍企業による大規模な…

>>続きを読む

ペルー北部カハマルカ県におけるコンガ金鉱山プロジェクトに対する、先住民及び農民コミュニティが中心に行っている抗議運動の…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

ホルヘ・サンヒネス監督。 ゴミを漁る人。重労働者。物乞い。浮浪者。 団結し、石を、鉄器具を、銃を手にとれ! 子どもた…

>>続きを読む

厳しい労働、貧しい子供達、鎮圧される暴動、銃殺される労働者達、なんかのモンタージュが続く。ボリビア国内のありのまま姿を…

>>続きを読む

ここから出ていけ!

製作国:

上映時間:

102分
3.5

おすすめの感想・評価

【福音派という名の悪魔】 特集上映「ボリビア・ウカマウ集団制作 革命の映画/映画の革命」にて。 米国の医師団が、ボ…

>>続きを読む

ただひとつの拳のごとく

製作国:

上映時間:

92分
3.5

おすすめの感想・評価

トライベッカ映画祭にて。 刑務所から出所し、娘の信頼を取り戻そうとする父親の話。 「アルコール」という本人の告白と…

>>続きを読む