ユーゴスラビアのおすすめ映画 83作品

ユーゴスラビアのおすすめ映画。ユーゴスラビア映画には、エミール・クストリッツァ監督の黒猫・白猫や、ダボール・ドゥイモビッチが出演するジプシーのとき、パパは、出張中!などの作品があります。

製作国で探す

  • おすすめ順

  • List view
  • Grid view

おすすめの感想・評価

車をバリボリ貪る豚、アヒルで糞尿ふきふき、死体を吊り下げてシーソーゲーム、テントウムシと呼ばれた小さな女は切株に隠れて…

>>続きを読む

その昔、大変評判の良かった「アンダーグウンド」でウトウトしてしまったことで、その後すっかり遠ざかっていたクストリッツァ…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

YEBISU GARDEN CINEMAの特集上映「ウンザ!ウンザ!クストリッツァ!2017」で鑑賞。心優しいジプシー…

>>続きを読む

ジプシーとして生まれた少年は貧しくてもしあわせだった。 大好きな祖母と妹、ろくでもない叔父。そして愛する彼女。 祖母か…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

11月24日は旧ユーゴスラビアが育んだ名匠エミール・クストリッツァ監督の63歳のお誕生日です! おめでとう!ウンザ!ウ…

>>続きを読む

気になる監督、クストリッツァの作品に久々に接した。最後に見た「ジプシーのとき」は私にはイマイチだったので、期待と不安の…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

マカヴェイエフ監督『スィートムービー』と本作の2作品はホドロフスキー監督に於ける『エル・トポ』『ホーリーマウンテン』に…

>>続きを読む

前衛作家マカヴェイエフのモキュメンタリー作品。WRとはフロイトの弟子のヴィルヘルム・ライヒのこと。 ライヒ博士は人間…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

第二次大戦中、チトー率いるユーゴのパルチザンは、枢軸軍の大勢力に押され、ネレトバ川付近の谷間に追い詰められる 人的に不…

>>続きを読む

パルチザンの国によるパルチザンな映画は珍しい。たいがいドイツが敵な映画でちょい役で出ている程度ですから。 最近やっとD…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

よく覚えてないし今見たらどう思うかわからないけど、見た当時は衝撃を受けた。こんなにおもしろい映画が世の中にあるんだ!?…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

スーザン・ジョージが夫サイモンと作った独立プロで製作した戦争ドラマで、あるいは君がいた夏。舞台は第二次大戦中のユーゴス…

>>続きを読む