1935年製作のおすすめ映画 376作品 - 2ページ目

1935年製作のおすすめ映画。この年製作された映画には、溝口健二監督の折鶴お千や、セルゲイ・コマロフが出演する宇宙飛行、幽霊西へ行くなどの作品があります。

  • おすすめ順

  • List view
  • Grid view

おすすめの感想・評価

池袋・新文芸坐で鑑賞。  活弁士は澤登翠さんの「活弁士付き上映」であり、非常に楽しい映画鑑賞であった。  作品は、溝…

>>続きを読む

山田五十鈴の只者じゃなさを実感した。 常に妖艶で美しく、ラストの怪演ぶりは鳥肌もの。 心を無くし、悪事に加担し裕福に…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

オールナイトで鑑賞ですが、午前4時にサイレント映画を持ってくるって、鬼畜すぎません? 甘美なクラシック音楽は、時として…

>>続きを読む

古典SFならラング『月世界の女』より断然こっち派!冒頭の宇宙センターのエスタブリッシュショットが最高にカッコいいし、ミ…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

1935年。ワァーおもしろかった。18世紀のスコットランド、戦場に出向いた名家のスケベ息子がいきなり爆死。時を同じくし…

>>続きを読む

間抜けに爆死したスコットランド豪族が幽霊になって城を彷徨っていたらアメリカ人に城ごと買われて船でお引越しする話 最初の…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

メリークリスマス🎄 🎉🤶 近所の「クリスマスコンサート」から帰宅…☆ 大人〜な演奏で、心地良かった…♪ さてさて…

>>続きを読む

Youtubeのディズニー公式チャンネルより。 タイトルは『ミッキー』とついていますが、 ディズニーキャラが大勢集合…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

小さい頃ずっと見てた。 【卒論アンケートご協力のお願い】 https://goo.gl/forms…

>>続きを読む

観ている人に…楽しんで欲しい、笑顔になって欲しい…そんな想いが伝わってくる短編アニメーション作品…☆ アイデアが凄い…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

この映画の秀逸なところは、フランス映画にもかかわらずキスシーンが一度も出てこないこと。クレジットのメロディでウィーンが…

>>続きを読む

酒に酔った皇太子が破天荒すぎて笑った。流石は天下のハプスブルク家ですね! 皇太子と男爵令嬢の身分を超えた恋。周りから…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

白黒無声映画を、昔、学校の授業で観たのだが、、 子宝に恵まれたけど、恵まれすぎて7人目。 失業中で生活費も無いのに、…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

第4弾であり、最後のグレタガルボシリーズです😊 最後のグレタガルボのアンナカレニアは、淀川長治の解説が無く、なんか寂し…

>>続きを読む

映像化にあたって鬼のように端折られ、この短尺で視聴者に物語を納得させるために登場人物の為人が改変されているのは、原作が…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

成瀬真骨頂。 古きと新しきのあいだ 老人と若者のあいだ 恋愛・結婚・家の価値観の交差点を、姉妹を主人公に語らせたら本…

>>続きを読む

邦江(千葉早智子)と紀美子(梅園龍子)の異母姉妹は美しい。姉妹の相克。乙女ごころから比べると人間の哀しみに焦点が当てら…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

本作のあまりの出来の悪さに、監督のジョージ・キューカーと主演のキャサリン・ヘプバーンがプロデューサーから「もうお前たち…

>>続きを読む

ケーリー・グラントもキャサリン・ヘプバーンもホントに良く動く。 脱いだグラントに慌てて逃げるヘプバーンが小屋から飛び出…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

成瀬初トーキーということで歌曲が盛りだくさんだがむしろ湿度高めの大袈裟なメロドラマ。テンポはまだサイレントの触感。科白…

>>続きを読む

成瀬初のトーキー作品。 一作目と云うこともあり、言葉よりも仕草や表情が先行する姿勢が残っており、トーキーの扱い方を模索…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

1685年のイギリス。 反逆者の治療をしたとして島流しになった医師のブラッドが、共に流刑に遭い奴隷となった仲間たちを…

>>続きを読む

負傷 1685年、英国 医師のピーター・ブラッドは反逆罪により、英国の植民地ポート・ロイヤルへと送られる そこで奴隷…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

【聖書に忠実な物語】 ーーーーーーーーーーーーーーーー 監督:ジュリアン・デュヴィヴィエ 製作国:フランス ジャンル:…

>>続きを読む

 スタイルやジャンルに余りこだわらない量産ぶりが逆に災いしてか、今では忘れられた感のあるジュリアン・デュヴィヴィエ監督…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

映像表現においてトーキーはサイレントに劣るというようなことをマルグリット・デュラスが述べていたが、特にサイレント時代活…

>>続きを読む

スランプのため妻と一緒に田舎に帰った作家(ゲーリー・クーパー)と隣家のポーランド娘(アンナ・ステン)は惹かれ合うがが、…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

ナポレオン戦争の時代のロンドンを背景に、富裕層社会の人々と、孤児から上流を目指して欲望をむき出しに生きるベッキー、そ…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

この映画のタイトルをネット検索すると、人生は42歳からはじまるんやて……というTシャツの画像が大量に出てくるが、本編で…

>>続きを読む

リンカーン 1908年、パリ イギリスの召使いラグルズは、アメリカ人のエグバートと妻エフィのもとで働くことになるが.…

>>続きを読む

春琴抄 お琴と佐助

製作国:

上映時間:

110分

ジャンル:

3.2

おすすめの感想・評価

小説でははっきりしなかったシーンをこの映画は示している。春琴と佐助が肉体関係をもつことをはっきりと書かなかった谷崎の春…

>>続きを読む

原作発表から二年後の映画化だから、当時の倫理観や社会の空気を感じることができた。 妊娠のエピソードとラストの針の描き方…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

噂に違わぬ、出てくる人が全員不幸になる結末。 いや、不幸の上になりたつハッピーエンドか、、。 名作!というほどではない…

>>続きを読む