放送映画批評家協会賞 最優秀SF/ホラー映画 受賞映画作品 6作品

放送映画批評家協会賞 最優秀SF/ホラー映画 受賞作品。これまでにジョーダン・ピール監督のアスや、エミリー・ブラントが出演するクワイエット・プレイス、ゲット・アウトなどが受賞しています。

映画賞で探す

  • おすすめ順

  • List view
  • Grid view

アス

上映日:

2019年09月06日

製作国:

上映時間:

116分

ジャンル:

3.6

あらすじ

アデレードは夫のゲイブ、娘のゾーラ、息子のジェイソンと共に夏休みを過ごす為、幼少期に住んでいた、カリフォルニア州サンタクルーズの家を訪れる。早速、友人達と一緒にビーチへ行くが、不気味な偶然…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

いやぁ、ごめん、わかんなかった。 大体さぁ、ミラーハウスに閉じ込められるとか、もう一人の自分とかって、仮面ライダーと…

>>続きを読む

「私たち(Us)はアメリカ人だ」 アメリカの格差社会を描く社会派ホラー作品。 《あらすじ》 1986年カリフォルニア…

>>続きを読む

クワイエット・プレイス

上映日:

2018年09月28日

製作国:

上映時間:

90分

ジャンル:

3.4

あらすじ

音に反応し人間を襲う“何か”によって人類が滅亡の危機に瀕した世界。そこでは、あるルールを守り、生き延びる一組の家族がいた。「決して、音を立ててはいけない」その“何か”は、呼吸の音も逃さない…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

2018年を考えた時に、絶対に外せないのが本作。極めて秀逸な作品ですが、一方で「あんな時に妊娠するかね」「滝の所に住め…

>>続きを読む

 アメリカで公開され、ホラー映画として記録的な大ヒットを飛ばしている本作。私は去年から「ホラーで怖い目に遭いたい」とい…

>>続きを読む

ゲット・アウト

上映日:

2017年10月27日

製作国:

上映時間:

104分
3.8

あらすじ

ニューヨークに暮らすアフリカ系アメリカ人の写真家クリスは、ある週末に白人の彼女ローズの実家に招待される。若干の不安とは裏腹に、過剰なまでの歓迎を受けるものの、黒人の使用人がいることに妙な違…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

私の好きな「ミステリー(スリラー)」は、ジャンル的には肩身が狭い。アカデミーに係る事は滅多に無く、親戚の「ホラー」は低…

>>続きを読む

皆様の高いレビューから以前よりかなり気になっていた作品 ポスターの見た目からして黒人の青年が追い込まれていくホラー映…

>>続きを読む

メッセージ

上映日:

2017年05月19日

製作国:

上映時間:

116分

ジャンル:

3.8

あらすじ

突如地上に降り立った、巨大な球体型宇宙船。謎の知的生命体と意志の疎通をはかるために軍に雇われた言語学者のルイーズ(エイミー・アダムス)は、“彼ら”が人類に<何>を伝えようとしているのかを探…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

静かだがとても深いSF。 原題はarrivalですが、邦題は〝メッセージ〝に変えられています。いつもならなぜ変えたと失…

>>続きを読む

使う言語で思考が変わる。 この物語の到達点がこんなにも想像の遥か先だとは…! 思っていたよりもずっと静かで淡々とした…

>>続きを読む

エクス・マキナ

上映日:

2016年06月11日

製作国:

上映時間:

108分
3.7

あらすじ

検索エンジンで有名な世界最大のインターネット会社“ブルーブック”でプログラマーとして働くケイレブは、巨万の富を築きながらも普段は滅多に姿を現さない社長のネイサンが所有する山間の別荘に1週間…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

「人間より、より人間らしく」 ✼感想✼ ドーナル・グリーソン主演作。 まさかのロンのお兄ちゃんが主役🧙‍♀️ 今作は…

>>続きを読む

76点 DVD所蔵📀 検索エンジンの大手企業せプログラマーとして働くケイレブ👤 彼は富豪で滅多に姿を現さない社長の…

>>続きを読む

インターステラー

上映日:

2014年11月22日

製作国:

上映時間:

169分
4.2

あらすじ

地球の寿命は尽きかけていた。居住可能な新たな惑星を探すという人類の限界を超えたミッションに選ばれたのは、まだ幼い子供を持つ元エンジニアの男。彼を待っていたのは、未だかつて誰も見たことがない…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

大分前に観た映画ですが、好き過ぎて 感想を書けなかった🎬✨ Amazonプライムで観直したタイミングで やっと感想…

>>続きを読む

【 パイプオルガンが饒舌に語る映画 】    ノーランのこれまで手掛けた映画のなかで、サウンドトラックが本当に素晴らし…

>>続きを読む