TAMA映画賞 最優秀作品賞 受賞映画作品 26作品

TAMA映画賞 最優秀作品賞 受賞作品。これまでに岨手由貴子監督のあのこは貴族や、岡田将生が出演するドライブ・マイ・カー、ラストレターなどが受賞しています。

映画賞で探す

あなたにおすすめの記事

  • おすすめ順

  • List view
  • Grid view

あのこは貴族

上映日:

2021年02月26日

製作国:

上映時間:

124分

ジャンル:

4.0

あらすじ

東京に⽣まれ、箱⼊り娘として何不⾃由なく成⻑し、「結婚=幸せ」と信じて疑わない華⼦。20代後半になり、結婚を考えていた恋⼈に振られ、初めて⼈⽣の岐路に⽴たされる。あらゆる⼿⽴てを使い、お相…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

・階級が異なる男女の日々の生活、感情、夢の違いを読み取れる映画 ブレイディみかこさんの『僕はイエローでホワイトでちょ…

>>続きを読む

「あのこは貴族」なんと秀逸なタイトルだろう…と見終わってしみじみしてしまった。この映画が言いたいことは「あのこは貴族、…

>>続きを読む

ドライブ・マイ・カー

上映日:

2021年08月20日

製作国:

上映時間:

179分
4.1

あらすじ

舞台俳優であり、演出家の家福悠介。彼は、脚本家の妻・音と満ち足りた日々を送っていた。しかし、妻はある秘密を残したまま突然この世からいなくなってしまう――。2年後、演劇祭で演出を任されること…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

原作既読。短編集『女のいない男たち』収録の『ドライブ・マイ・カー』『シェエラザード』『木野』を換骨奪胎し、さらに独自の…

>>続きを読む

179分…??となって迷ってた。配信になってもこの長さは集中して観れなそうだし、やっぱり劇場かな!と思って滑り込み。 …

>>続きを読む

ラストレター

上映日:

2020年01月17日

製作国:

上映時間:

121分
3.7

あらすじ

裕里(松たか子)の姉の未咲が、亡くなった。裕里は葬儀の場で、未咲の面影を残す娘の鮎美(広瀬すず)から、未咲宛ての同窓会の案内と、未咲が鮎美に残した手紙の存在を告げられる。未咲の死を知らせる…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

300作品目!ずっと気になっていた今作を観た。 岩井俊二監督作品が好きだからどうしてもワクワク感を持って観てしまうけど…

>>続きを読む

「ラストレター」を観る。 ずっと観たかったやつ。でも当時前作をまだ観る勇気がなくてなくなくあきらめた。 もうくるのか…

>>続きを読む

海辺の映画館―キネマの玉手箱

上映日:

2020年07月31日

製作国:

上映時間:

179分
3.9

あらすじ

尾道の海辺にある唯一の映画館「瀬戶内キネマ」が閉館を迎えた。最終日は、「日本の戦争映画大特集」のオールナイト興行。そこで映画を観ていた若者3人は、突然劇場を襲った稲妻の閃光に包まれ、スクリ…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

大林宣彦が出身地であり、これまでにもロケ地として拘ってきた尾道が舞台。閉館が決まった映画館で戦争映画のオールナイト上映…

>>続きを読む

中原中也の詩から始まり 以降 導かれ物語る 愛おしい…愛おしい 幻想的な美しい 忘れた遠い昔の唄 皆が映画に入っ…

>>続きを読む

長いお別れ

上映日:

2019年05月31日

製作国:

上映時間:

127分
3.8

あらすじ

父、昇平(山崎努)の70歳の誕生日会。久しぶりに集まった娘たちに母:曜子(松原智恵子)から告げられたのは、中学校校長も務めた厳格な父が認知症になったという事実だった。夢も恋愛もうまくいかず…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

認知症は海外で「ロンググッバイ」とも言われるらしい。 少しずつ少しずつこちらから遠ざかって行く。 蒼井優、竹内結子、…

>>続きを読む

認知症を患い、症状がゆっくりと進行していく父と、それに戸惑いつつも懸命に支えていく妻や、それぞれに人生の岐路に立つ娘た…

>>続きを読む

嵐電

上映日:

2019年05月24日

製作国:

上映時間:

114分

ジャンル:

3.4

あらすじ

鎌倉からやってきたノンフィクション作家の平岡衛星(井浦新)は、嵐電の走る線路のそばに部屋を借り、嵐電にまつわる不思議な話を集める取材を開始する。そこには、衛星と彼の妻・斗麻子(安部聡子)が…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

相当、難解な物語構造を持った映画ではあるものの、全体的にふんわりとしたオブラートに包んであるので誰でも気軽に観れる作品…

>>続きを読む

観てから何日も経つのだけれど、一向にまとまらない。。 色んなメッセージやら、映画の見方、はたまたレビューって何だっけ…

>>続きを読む

寝ても覚めても

上映日:

2018年09月01日

製作国:

上映時間:

119分
3.5

あらすじ

突如姿を消し、朝子が心のどこかで思い続ける運命の人・麦を、掴みどころのない不思議な佇まいで具現化し、一途に朝子を想う・亮平を、やさしさと包容力で体現したのは東出昌大。初の一人二役で新境地を…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

一般人がスマホで動画や写真を撮り、それを共有するのが当たり前になって久しいが、改めてカメラって不思議な道具だ。 何故…

>>続きを読む

 本作は、まるで民話のような手触りの作品でした。物の怪と出会った娘の話、物の怪の呪いを受けた娘と若い男の悲しい話、って…

>>続きを読む

万引き家族

上映日:

2018年06月08日

製作国:

上映時間:

120分

ジャンル:

3.9

あらすじ

高層マンションの谷間にポツンと取り残された今にも壊れそうな平屋に、治と信代の夫婦、息子の祥太、信代の妹の亜紀の4人が転がり込んで暮らしている。彼らの目当ては、この家の持ち主である祖母の初枝…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

カンヌも認めた是枝ワールド! ありきたりな感動作とは一線を画す、 大人の鑑賞に耐え得る、素晴らしい作品。 タイト…

>>続きを読む

何だろう、ラストに向かって物語が進むにつれ、とんでもない秘密がどんどん明かされていく。 是枝監督の「だれもしらない」…

>>続きを読む

映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ

上映日:

2017年05月13日

製作国:

上映時間:

108分
3.6

あらすじ

渋谷、新宿。二人は出会う。優しくてぶっきらぼうな、最高密度の恋愛映画、誕生。 看護師として病院に勤務する傍ら、夜はガールズバーで働き、言葉にできない不安や孤独を抱えながらも、誰かに甘える…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

“ざまあみやがれって言ってやるんだ” 都会の喧騒や人の死などの非日常にも心が動かなくなり、「もう人生どうにでもなれ」…

>>続きを読む

最寄駅から自宅へ夜の帰り道。 時に酔って混濁した意識の中で、 時にいい映画見てクリアになった頭で、 時にやな事があっ…

>>続きを読む

散歩する侵略者

上映日:

2017年09月09日

製作国:

上映時間:

129分

ジャンル:

3.4

あらすじ

数日間の行方不明の後、不仲だった夫がまるで別人のようになって帰ってきた。急に穏やかで優しくなった夫に戸惑う加瀬鳴海(長澤まさみ)。夫・加瀬真治(松田龍平)は毎日散歩に出かけて行く。一体何を…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

「フランス組曲」を観て、改めて自分は  「まとまりのある、フォルムのしっかりした作品が好きなんだな〜」て感じた。 一…

>>続きを読む

黒沢清監督のSF作品ということで鑑賞。あとで知ったが、劇団イキウメの映画化第2彈とのこと。前作の「太陽」も舞台劇の要素…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

<あらすじ> 2年前に息子を亡くし、団地アパートに引っ越してきたヒナ子(藤山直美)と清治(岸部一徳)の山下夫婦。 ある…

>>続きを読む

漢方薬局を廃業して大阪近郊の団地に引っ越してきた夫婦を主人公に、彼らの謎めいた行動が噂好きの住民たちを巻き込み思わぬ騒…

>>続きを読む

オーバー・フェンス

上映日:

2016年09月17日

製作国:

上映時間:

112分

ジャンル:

3.6

あらすじ

家庭をかえりみなかった男・白岩は、故郷の函館に離婚して戻り、職業訓練校に通いながら失業保険で暮らしていた。日々の楽しみもなく、ただ働いて死ぬだけ、そう思っていた。ある日、訓練校仲間の代島に…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

【普通に生きる/死んだように生きる/生きる】 人は知らず知らずのうちに、大切な人も傷つけてしまっているのだ。 仕事…

>>続きを読む

2016年 製作公開の作品 🇯🇵 佐藤泰志 原作の『そこのみにて光輝く』 『きみの鳥はうたえる』に続き三作目の  …

>>続きを読む

きみはいい子

上映日:

2015年06月27日

製作国:

上映時間:

121分

ジャンル:

3.9

あらすじ

抱きしめられたい。子どもだって。おとなだって。 まじめだが優柔不断で、問題に真っ正面から向き合えず肝心なところで一歩を踏み出すことができない新米の小学校教師・岡野。近所のママ友たちとの表面…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

児童虐待、学級崩壊、老人の孤独。 ドキュメンタリーを観ているような、どこにでもありそうな社会問題をテーマに据えつつ、そ…

>>続きを読む

原作は未読だが、これは良い映画を見たという気持ちになれた! もはや現代日本が抱える大きな社会問題の一つである「児童虐…

>>続きを読む

海街diary

上映日:

2015年06月13日

製作国:

上映時間:

126分

ジャンル:

3.7

あらすじ

まぶしい光に包まれた夏の朝、三姉妹に届いた父の訃報。 十五年前、父は女と出て行き、その後、母も再婚して家を去った。 三姉妹を育てた祖母もとうに亡くなり、広くて古い鎌倉の家には、彼女たちだけ…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

元日。いつの間にか年が明けてしまっていた夜勤帰りの家路で、ふと今年の初詣は鎌倉の神社にしようと思い立つ。仮眠もそこそこ…

>>続きを読む

溜まっている好きな邦画レビュー消化! もう何度観たかわかりません笑 2021年再鑑賞。 鎌倉を舞台に紡いでいく4姉…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

普通に面白かったかなって作品。 まずありきたりなほっこり家族系という訳でもなく、かと言ってひたすらに重い系という訳でも…

>>続きを読む

DVD整理中であんまり覚えてない事もあって、改めて観直し。 なんでこんないい映画、私は忘れちゃってるの〜💦やっぱり観る…

>>続きを読む

野のなななのか

上映日:

2014年05月17日

製作国:

上映時間:

171分
3.6

あらすじ

雪の北海道芦別市、現代。風変わりな古物商《星降る文化堂》を営む元病院長、鈴木光男(品川徹)が92歳で他界した。散り散りに暮らしていた鈴木家の面々が葬式のために古里・芦別に戻ってくる。そんな…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

『野のなななのか』 倫理区分G 製作年2014年。上映時間171分。 大林宣彦監督が、北海道芦別市を舞台にしたドラマ。…

>>続きを読む

 私は反戦映画があまり好きではない。    とまあ、あえて煽情的な書き出しから始めてみたものの、この話は後段に譲ること…

>>続きを読む

横道世之介

上映日:

2013年02月23日

製作国:

上映時間:

160分

ジャンル:

3.9

あらすじ

吉田修一の同名小説を『南極料理人』の沖田修一監督が映画化した青春ストーリー。1980年代を舞台に、長崎から上京してきたお人好しの青年・世之介と彼を取り巻く人々のエピソードを、心温まるユーモ…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

そういえば、あいつ元気かな? ふと振り返る学生時代 俺たちはいつも不安で不安定 ハタから見ればあり触れたつまんねぇ人…

>>続きを読む

『 LOOK LOOKこんにちは』9️⃣人目 今回の旅はトムさん✨ この作品、ずっと気になってたんやけど、 c…

>>続きを読む

さよなら渓谷

上映日:

2013年06月22日

製作国:

上映時間:

116分
3.3

あらすじ

尾崎俊介(大西信満)と妻のかなこ(真木よう子)は、緑豊かな渓谷で暮らしている。そんな長閑な町で起こった幼児殺害事件は、その実母が実行犯で逮捕されるというショッキングな結末で収束へ向かってい…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

♪ 出くわせた運命を思うほど   その手の体温が 鼓動が 点っていくんだ 噛み砕くのがとても難しい作品でした。 罪と…

>>続きを読む

罪と罰が抱き合っている どこか陰のある夫婦 寄る辺なき男と女の、逃げられない過去 人生を壊された被害者と取り返しのつか…

>>続きを読む

桐島、部活やめるってよ

上映日:

2012年08月11日

製作国:

上映時間:

103分

ジャンル:

3.5

あらすじ

ありふれた時間が校舎に流れる「金曜日」の放課後。1つだけ昨日までと違ったのは、学校内の誰もが認める“スター”桐島の退部のニュースが校内を駆け巡ったこと…。

おすすめの感想・評価

比較すれば原作の方が面白いとは思うけど、輝いている低ヒエラルキーの少年と悶々とした高ヒエラルキーの少年二人のラストの「…

>>続きを読む

少し変化球のレビューと参ります。 公開当時あまりにも面白さに映画館で二回見ました。その後もレンタルやら放送される度に見…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

19450720 なんであの時皆が 死ななければならなかったのか 知られないまま 忘れられてしまう話 長岡から世界へ向…

>>続きを読む

フィクションと創造力で、ファンタジーにより「クレイジーなファンタジー」を重ねたら「リアルな感情」しか残らなくなって帰結…

>>続きを読む
>|