カンヌ国際映画祭 脚本賞 受賞映画作品 38作品

カンヌ国際映画祭 脚本賞 受賞作品。これまでにリン・ラムジー監督のユー・ワー・ネバー・リアリー・ヒア(原題)や、ニコール・キッドマンが出演する聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア、セールスマンなどが受賞しています。

映画賞で探す

  • おすすめ順

  • List view
  • Grid view

ユー・ワー・ネバー・リアリー・ヒア(原題)

上映日:

2018年06月

製作国:

上映時間:

85分
3.7

おすすめの感想・評価

【記録】es. donostia-san sebastián international film festival.…

>>続きを読む

聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア

上映日:

2018年03月03日

製作国:

上映時間:

121分
3.7

あらすじ

心臓外科医スティーブンは、美しい妻と健康な二人の子供に恵まれ郊外の豪邸に暮らしていた。しかし、彼らの特権的な生活は、ある少年を家に招き入れたときから奇妙なことが起こり始める。子供たちは突然…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

試写会にて。やばい。やばすぎる。 常にヤバそうな雰囲気が漂っている。そんな中でも主人公の背中を追うようなカメラや、天か…

>>続きを読む

『籠の中の乙女』『ロブスター』のヨルゴス・ランティモスの新作。再びコリン・ファレルを主演に据えて、さらに妖艶な妻役には…

>>続きを読む

セールスマン

上映日:

2017年06月10日

製作国:

上映時間:

123分
3.7

あらすじ

作家アーサー・ミラーの戯曲「セールスマンの死」の舞台に出演中の夫婦。夫は教師をしながら、小さなの劇団で妻とともに俳優としても活動している。 ある日、引っ越ししたばかりの自宅で、夫の留守中…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

初のイラン映画! 〜マンシリーズの中でも極めて地味そうなセールスマンというタイトル どんなお話なのかなと見始めました …

>>続きを読む

イラン映画って初めて見たかも。これは心にジワジワと来る作品でしたね。 誰も悪くないんです。誰もが被害者であり加害者で…

>>続きを読む

或る終焉

上映日:

2016年05月28日

製作国:

上映時間:

93分
3.6

あらすじ

終末期の患者をケアする看護師デヴィッド。死を乞う患者を前にしたとき、彼はどう命に向き合うのか。ある看護師の崇高なる献身愛と葛藤を描いたサスベンスフルなヒューマンドラマ。デヴィッド(ティム・…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

使命や愛情を持って、というよりは何かに憑かれたように終末期患者の介護に没頭する訪問看護士のデヴィッド。担当患者が亡くな…

>>続きを読む

. 〖或る終焉〗 . . 心に闇を抱えるひとりの男が、終末期看護の仕事を通して、自分の過去や生き方を見つめ直していく。…

>>続きを読む

裁かれるは善人のみ

上映日:

2015年10月31日

製作国:

上映時間:

140分
3.6

あらすじ

入り江のある小さな町。自動車修理工場を営むコーリャは、若い妻リリア、そして先妻との間に生まれた息子ロマと共に、 住み慣れた家で暮らしている。1年後に選挙を控えた市長のヴァディムは、権力に…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

世の中の不条理を思いっきり見せつける作品。地味にこつこつと生きている人間に光は当たらないのか。 権力を振りかざして横…

>>続きを読む

ロシアは恐ろしいな。なんて不条理な世界。そしてなんて理不尽な世界なんだ。 ロシアの海辺の町。コーリャ(アレクセイ・セ…

>>続きを読む

罪の手ざわり

上映日:

2014年05月31日

製作国:

上映時間:

133分
3.7

あらすじ

村の共同所有だった炭鉱の利益が実業家に独占されたことに怒った山西省の男。 妻と子には出稼ぎだと偽って強盗を繰り返す重慶の男。しつこく迫る客に我慢できず切りつける湖北省の女。 ナイトクラ…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

実際に起こった四つの事件をモチーフにオムニバス形式で繋ぐ犯罪群像劇。非常に寡黙で暴力的な作品で、主人公となる四人に降り…

>>続きを読む

ジャ・ジャンクー監督、5作目の鑑賞。これで、DVD化されている『青の稲妻』以降の作品はすべて見たことになります。その中…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

2005年にルーマニアの修道院で実際に起こった〝悪魔憑き事件〟をもとにした物語。でも監督はフィクションって言ってます。…

>>続きを読む

中世の話を現代風に描いたかと思ったら10年くらい前のヨーロッパで実際に起きた悪魔憑き(あくまつき)事件をベースにした話…

>>続きを読む

フットノート

上映日:

2014年08月16日

製作国:

上映時間:

106分
3.3

あらすじ

共にタルムード学の大学教授であり、ライバルでもある父親と息子の物語。頑固な潔癖主義者の父親エリエゼルはその業績も無名で、息子のウリエルは名声を得ようと、ずっと学会に認めてもらおうと奮闘して…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

 イスラエルの大学で、タルムード(聖典)学という同じ分野の研究をしている親子の確執をシニカルに描いた作品。この作品、大…

>>続きを読む

横川シネマにて。カンヌで脚本賞を獲った作品だそうで、確かに良い出来です。イスラエル映画って点でもあれこれ思う事多し。 …

>>続きを読む

ポエトリー アグネスの詩(うた)

上映日:

2012年02月11日

製作国:

上映時間:

139分
3.9

おすすめの感想・評価

韓流ドラマ。これは凄い💡 老女の日常に潜む、心の闇を描いた社会派ドラマの傑作。切実で重い展開の連続なのに、ドラマツルギ…

>>続きを読む

イ・チャンドン監督はやはり天才。 農村の川辺で遊ぶ子どもたち、川上から流れてくる白い物体。それが少女の死体だと判明する…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

「こんなやるせなく春風に酔うような夜は 私はいつも明け方まで方々歩き回るのだった」 20世紀初頭に性の煩悶を描いた…

>>続きを読む

もしあなたの夫、または彼氏が浮気をしたとして、その相手が男だったらどうでしょうか? もちろん、浮気自体がダメなので、…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

感想川柳「祈りより 狂気の方が しっくりくる」 U-NEXTにあったので観てみました。φ(..) アルバニア人のロ…

>>続きを読む

良くも悪くも相変わらずなダルデンヌ監督の作風なんですけど、今作は一風変わった印象も受けました。 好みは真っ二つに分か…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

ドイツ、ブレーメン、妻を亡くした定年を迎えたアリは、娼婦の女イェテルとお金を渡して一緒に暮らすことになる。一人息子ネ…

>>続きを読む

派手さはありませんが、 素晴らしい作品でした。 本作は3章からなり1、2章で2人の死が描かれ そして3章の題は“天国…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

スペインの情熱のシンボル的強烈な赤色。殺人の血に、血糊、雑巾で拭う血、トマト、ホンでもって車の色!赤色が基調とした、こ…

>>続きを読む

悠久の大地に帰りゆく魂を優しい視点で描いた物語。秀作。 墓の掃除。レストラン。胸の谷間。 川のほとり。シャンプー台。…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

「ダラスバイヤーズクラブ」「最後の追跡」などに続くテキサスの男臭さ全開の今作。 フォローしているきざしさんのレビューで…

>>続きを読む

今やイニャリトゥとのタッグでおなじみとなった脚本家、ギジェルモ・アリアガ。 最近めっきりイニャリトゥ作品には登場し…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

 20歳のロリータはぽっちゃり体系で、父親は有名な作家で、最近若くて美人の女性と再婚しており、コンプレックスの塊である…

>>続きを読む

タイトルだけ見たらアメリカのラブコメみたいですが、フランスの悲しい大人のお話。 こんな大人嫌だなぁ〜って人がたくさんで…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

社会主義に影響されて自由気ままに生きて来た女好きの元大学教授が末期ガンだと宣告された。 そんな父親から「資本主義の申…

>>続きを読む

この作品の公開当時は『アメリ』『グッバイレーニン』といった単館系ヒット作が次々と生まれ、俄かにミニシアターブームが活気…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

『わたしは、ダニエル・ブレイク』を観て以来、今更ですが気になるケン・ローチ監督。その作品の中でも傑作の呼び声高い今作を…

>>続きを読む

「心がヒリヒリしている」 キャチコピーであるこの言葉が重くのしかかってくる。 スコットランドを舞台に、母親への愛を胸に…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

紛争中のボスニアを舞台にユーモアを交えながらも戦争の本質を描いた戦争ドラマ作品。 1993年6月、ボスニア紛争の真っ…

>>続きを読む

1993年6月、ボスニア紛争。 島国日本でこそ馴染みがないが、陸続きのボスニアとセルビアの国境付近の無人地帯、通称"ノ…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

見はじめは、ジェケットの楽しそうな感じと違って、地味でローテンションで盛り上がらない淡白な映画やなーと思ってたんやけど…

>>続きを読む

テレビの医療ドラマに陶酔する女性ベティが、夫の殺害現場を目の当たりにしたことにより、ドラマの世界へと現実逃避を始めてし…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

黄昏の1942年、ベルヒルデ・ガーデン、「クソつまらない」ただの人間のアドルフ・ヒトラーが「クソつまらない」側近たち、…

>>続きを読む

それこそ「ヒトラーの伝記映画」などと紹介するのは勘違いというレベルで、終始「はぁ。」という感想しか出てこないような怪作…

>>続きを読む
>|