日本アカデミー賞 最優秀脚本賞 受賞映画作品 42作品

日本アカデミー賞 最優秀脚本賞 受賞作品。これまでに新海誠監督の君の名は。や、安藤サクラが出演する百円の恋、超高速!参勤交代などが受賞しています。

映画賞で探す

  • おすすめ順

  • List view
  • Grid view

君の名は。

上映日:

2016年08月26日

製作国:

上映時間:

107分

ジャンル:

3.9

あらすじ

千年ぶりとなる彗星の来訪を一か月後に控えた日本。山深い田舎町に暮らす女子高校生・三葉は憂鬱な毎日を過ごしていた。町長である父の選挙運動に、家系の神社の古き風習。小さく狭い町で、周囲の目が余…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

不思議な恋愛の物語を抽象化された美麗な風景画のようなアニメーションで描く新海誠監督作品。現代の文化や価値観、時代性に見…

>>続きを読む

2018.1 新年明けましておめでとうございます🎍✨ 昔もレビューしたんですが、地上波放送で再鑑賞してレビューしな…

>>続きを読む

百円の恋

上映日:

2014年12月20日

製作国:

上映時間:

113分
3.9

あらすじ

32歳の一子(安藤サクラ)は実家にひきこもり、自堕落な日々を送っていた。 ある日離婚し、子連れで実家に帰ってきた妹の二三子と同居をはじめるが折り合いが悪くなり、しょうがなく家…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

【即】ノックアウト!!꒱`౪꒪ ꒱.・;'∴ 「松田優作賞」第1回グランプリ受賞の脚本を映画化。 やー、完全にやら…

>>続きを読む

「ちょっと待て。今度どっか行こ。嫌か?次いつ休みだ?」 なんて…何度か見かけてちょっと気になってたけど、話した事なか…

>>続きを読む

超高速!参勤交代

上映日:

2014年06月21日

製作国:

上映時間:

119分
3.4

あらすじ

江戸期、徳川吉宗の治める時代、お上に無理難題をおしつけられたわずか1万5千石の小藩があった。磐城国(現在の福島県いわき市)の湯長谷(ゆながや)藩である。元文元年(1736年)春、湯長谷藩は…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

「殿はお人好し過ぎるのです。」 八代将軍徳川吉宗の時代、大行列を組んで江戸に出仕させた参勤交代。 これは、全国の大名…

>>続きを読む

自分で勝手にやってる 面白いのに邦題ダサ…間違えた久々の邦画だ。 だから、ただの題だったw ってことで! ハードディ…

>>続きを読む

舟を編む

上映日:

2013年04月13日

製作国:

上映時間:

133分
3.8

おすすめの感想・評価

「感謝という言葉以上の言葉がないか、あの世があるなら用例採集したいと思います」 小説既読。二度目の鑑賞。 この映画を…

>>続きを読む

チョベリグっ!! 長期出張中にやる事ねー!ひまだー! そんな時に観て、とっても豊かな気持ちにさせてくれた思い出の1本…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

内田けんじ監督作品。日本アカデミー賞最優秀脚本賞のほっこり笑える良作サスペンスコメディです!誰1人憎めない登場人物が織…

>>続きを読む

私結婚することにしました。 お相手は? まだ決まっていません。 これ広末涼子が言うんですけど、ビックリし…

>>続きを読む

八日目の蝉

製作国:

上映時間:

147分

ジャンル:

3.6

おすすめの感想・評価

音のない静かな法廷で、母親達の証言から始まる、、 ラストまで観た時、どちらかの言い分に納得することができるのか、、 …

>>続きを読む

愛人の"いつかけじめをつける"という言葉を信じ、一緒に暮らしていた野々宮希和子。しかし、希和子が愛人の子を妊娠すると、…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

「告白」 いやー凄い!なにが凄いってフィルマでキャスト見たらアホ程出てきて爆笑www そないに正直にクラスのモブみん…

>>続きを読む

過去レビューです☆ 久しぶりに邦画を観ました。 一年前に、原作をオススメされていたのですが、 めんどくさく、結…

>>続きを読む

ディア・ドクター

製作国:

上映時間:

127分

ジャンル:

3.6

おすすめの感想・評価

「善悪ではない」、いやいや、悪でしょう。まごうことなく。日本人最高の人の良さを持つ俳優が演じてるからわかんなくなってる…

>>続きを読む

笑福亭鶴瓶さんでないと成立しない作品「ディア・ドクター」 鶴瓶さんはすごいね。すごいを感じさせない演技をするわ! …

>>続きを読む

おくりびと

製作国:

上映時間:

130分

ジャンル:

3.6

おすすめの感想・評価

先日、実家の本棚の整理をしていた際に懐かしい本を見つけた。 「メメントモリ」藤原新也著書 その本の中には、ガンジス…

>>続きを読む

職業に貴賤無し。 オーケストラのチェリストとして輝かしい夢を掴んだ矢先、突然の解散の知らせを受け、勘違いから納棺師と…

>>続きを読む

東京タワー オカンとボクと、時々、オトン

製作国:

上映時間:

142分

ジャンル:

3.5

おすすめの感想・評価

映画は2度目の鑑賞。 先にドラマ版を観たがその時も涙が出まくった。 時間が長い分、息子が東京でダラダラ暮らしている間に…

>>続きを読む

この映画は、普通の親子の日常を描いただけの物語。なのに、1.5リットルほど泣きました。 涙の種類は、忘れていた"母の優…

>>続きを読む

フラガール

製作国:

上映時間:

120分

ジャンル:

3.6

おすすめの感想・評価

昭和40年、規模縮小が行われた福島の炭鉱で町おこし事業として立ち上げた常磐ハワイアンセンターの誕生から成功までの物語……

>>続きを読む

【邦画名作を巡る 2】 また フラガール 観ましたw 2006年!もう10年前か~ 振り返ればキネ旬も1位、読者選出で…

>>続きを読む

ALWAYS 三丁目の夕日

製作国:

上映時間:

133分

ジャンル:

3.7

おすすめの感想・評価

インフル療養中に体調も回復したのでリハビリがてらあまり頭を使わない邦画でも観て暇でも潰そうかと思ったのが大間違い。 …

>>続きを読む

なるほど。こりゃ人気があるわけだ!2005年公開時から大絶賛だったのは知っていたし、日本アカデミー賞総ナメなの観ていた…

>>続きを読む

スウィングガールズ

製作国:

上映時間:

105分
3.6

おすすめの感想・評価

明けましておめでとうございます(•ᵕᴗᵕ•)⁾⁾ぺこ 最近はレビューのペースがグ〜ンと落ちてますね〜 だってなかなかボ…

>>続きを読む

こういうの大好きです。 最初はまとまらないんだけど、しだいにみんなで目標持って力を合わせて何かをやりとげる作品。これと…

>>続きを読む

阿修羅のごとく

製作国:

上映時間:

135分

ジャンル:

3.4

おすすめの感想・評価

2016年 466作目 80点 森田芳光祭り16本目。 向田邦子原作で家族をテーマに描く映画と知って、なんだかテレビ…

>>続きを読む

【30超えたら女は~えすけーとぅー】 妻のいる男と「不倫をする」長女を大竹しのぶ。 夫に「浮気されている」次女を黒木…

>>続きを読む

たそがれ清兵衛

製作国:

上映時間:

129分

ジャンル:

3.7

おすすめの感想・評価

幕末の東北の小藩。城勤めの侍、清兵衛は妻を亡くしたばかり。 幼い娘と老母を抱え、生活は楽ではない。同僚の誘いを毎回断り…

>>続きを読む

この映画はやはり邦画も面白いと思わせてくれた1本 再鑑賞 これを200本目と決めた。 出世など考えずただ質素に真面目…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

良すぎるっ!! 鬱屈したテーマをポップでコミカルに恋愛を主軸に、完璧なアンサーでしめくくった、おしゃれで、どこか泥臭…

>>続きを読む

あらすじ 朝鮮民族学校へ通っていた"在日"の杉原は、広い世界が見たいと日本の普通高校へ。将来、恋愛、アイデンティティ、…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

黒澤明が本来撮る作品でしたが、亡くなられて長年助監督をしてた小泉尭史氏が、黒澤組より懇願されての撮影。 長雨で「川止…

>>続きを読む

【超無難な時代劇】70点 ーーーーーーーーーーーー 監督:小泉堯史 製作国:日本 ジャンル:時代劇 収録時間:91分 …

>>続きを読む

鉄道員(ぽっぽや)

製作国:

上映時間:

112分
3.6

おすすめの感想・評価

健さんの映画、初めて観ました。 乙松さんのような、寡黙で鉄道一筋で、愛情深くて周りに大切にされた…そんな人間が昭和の…

>>続きを読む

【廃線寸前の駅で起こる奇跡】75点 ーーーーーーーーーーーーー 監督:降旗康男 製作国:日本 ジャンル:ドラマ 収録時…

>>続きを読む

愛を乞うひと

製作国:

上映時間:

135分

ジャンル:

3.7

おすすめの感想・評価

私が日本女優で歴代一番好きな女優は、原田美枝子だ。そして、原田美枝子出演作で最も彼女の女優としての凄まじさを感じるのは…

>>続きを読む

「愛を乞うひと」 . ドラマ化されたのを観ました。 映画も観れたら観たいです。 その際はまた更新します。 . 篠原涼子…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

何となく全部の展開を予想してから観た。すごくありありと想像できてしまった、鈴木京香のぶち切れる様。番狂わせのドタバタは…

>>続きを読む

三谷幸喜監督作は基本的に嫌いで、観てない作品も結構ある中、本作は奇跡的に好きな作品。 だったのだが。 今回見直して…

>>続きを読む
>|