セザール賞 作品賞 受賞映画作品 43作品

セザール賞 作品賞 受賞作品。これまでにロバン・カンピヨ監督のBPM ビート・パー・ミニットや、イザベル・ユペールが出演するエル ELLE、Fatima(原題)などが受賞しています。

映画賞で探す

  • おすすめ順

  • List view
  • Grid view

BPM ビート・パー・ミニット

上映日:

2018年03月24日

製作国:

上映時間:

143分
3.8

あらすじ

舞台は1990年代初めのパリ。エイズの感染による差別や不当な扱いに抗議し、政府や製薬会社などへ変革に挑んだ実在の団体「ACT UP」の活動を通して、若者たちの恋と人生の輝きを描く。ACT …

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

男同士のセックスシーンを美しいと思えない。それは個人の好みの問題だ。印象派が響かない人もいれば、アールブリュットに至高…

>>続きを読む

2017年のカンヌ国際映画祭において、見事グランプリを受賞した『BPM』 まさにフランスの精神性が目一杯詰まった作品で…

>>続きを読む

エル ELLE

上映日:

2017年08月25日

製作国:

上映時間:

131分
3.5

あらすじ

ゲーム会社でCEOとして働くミシェル(イザベル・ユペール)は、ある日自宅で覆面を被った男に襲われる。自分のペースを崩さず日常生活を送るミシェルだったが、襲われた記憶がフラッシュバックし彼女…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

冒頭から衝撃のレイプシーン。 主人公のミシェルの半生もまた衝撃的! 父親は連続殺人鬼。子供時代その現場に立っていたイ…

>>続きを読む

最近行った「新宿シネマカリテ」という映画館がとても自分好みの雰囲気でした。地方のライブハウスのような小綺麗で、こじんま…

>>続きを読む

禁じられた歌声

上映日:

2015年12月26日

製作国:

上映時間:

97分
3.4

あらすじ

西アフリカ・マリ共和国のティンブクトゥ。この世界遺産にも登録された美しい古都からほど近いニジェール川のほとりの砂丘地帯で、少女トヤは、父キダン、母のサティマ、牛飼いの孤児イサンとつつましく…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

サハラ砂漠の内陸国マリの古都トンブクトゥは世界遺産にもなっている町。2012年、イスラム過激派が一時ここを支配した。彼…

>>続きを読む

アブデラマン・シサコ監督作品 [禁じられた歌声] 原題 TIMBUKTU アフリカ、マリ共和国の美しい都市 ティンブ…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

人生ベストで好きな映画は「プルートで朝食を」なんですが、何だかそれに似た匂いのする素敵な映画だった。映画館で観てたらプ…

>>続きを読む

ギョーム・ガリエンヌが監督&脚本&一人二役&半自伝映画…というのを鑑賞後Filmarks開いてやっと知った!え?凄すぎ…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

アビニョン橋の上で 踊る 踊る 楽しい時は花を 苦しい時は星を 二人だけの暗号を 大切なあなたにもそっと い…

>>続きを読む

鳩 音楽家夫婦のジョルジュとアンヌは、パリのアパルトマンで悠々自適な老後生活を送っていた そんなある日、突然妻のアン…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

"新鮮さを求める大衆こそ常に正しいー" 椅子は動くし風は吹く、画面は飛び出すし水しぶきも舞う\(^^)/そんな映画館…

>>続きを読む

聞こえないはずの音が聴こえてくる。台詞を感じたくて前のめりになる。モノクロサイレント映画は集中力が試される。いつの間に…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

備忘録 映画館で 昨今のニュースを見ていると、この映画を思い出さずにいられない、そんな映画。 1996年にアルジェリ…

>>続きを読む

「あなた方は神々だろう。 でも、人間として死ぬだろう。」 田舎の修道院。薄暗く静かな映像に鐘の音が響きます。 彼らの…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

この映画はションベン刑でムショにぶち込められたアラブ系の意気ごしのある19歳アンチャン!マリクとコルシカン・マフィア(…

>>続きを読む

映画を観る上で、固定概念や先入観を全く排除して真っさらな視点で観るのは難しい。テレビをつけたらたまたま放送されていた映…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

2008年度のセザール賞では7部門を制したという、フランスの女性画家セラフィーヌ・ルイの生涯を描いた映画。 …

>>続きを読む

偶然にも昨年のポンピドゥセンター展でセラフィーヌルイの『楽園の樹』を見ました。生命を直接焼き付けたかのような剥き出しの…

>>続きを読む

クスクス粒の秘密

製作国:

上映時間:

153分
3.6

おすすめの感想・評価

港町セートの湾岸労働者で、チュニジア移民の60代の無口な男スリマーヌは職場でも疎ましく思われていて、元妻との間には子供…

>>続きを読む

港町で働くチュニジアからの移民であり家族とも距離を置く老人が、古い船を買い取って船上レストランを始めるという話。 監督…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

【3時間の耽美な世界】 Netflixに「レディー・チャタレー」がアップされていた。原作は言わずと知れたD・H・ロレン…

>>続きを読む

2017.11.4(Sat) D.H.ロレンスが原作ってことで見た。 TSUTAYAにこれしかなかったからこれ借りたけ…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

2017年125本目、5月26本目の鑑賞 最近パルムドールを受賞した『ディーパンの戦い』の監督であるジャックオディア…

>>続きを読む

不動産ブローカーのトム(ロマン・デュリス)は物件にネズミを放したり、住人を強制退去させたり、悪徳とも言えるようなやり方…

>>続きを読む

身をかわして

製作国:

上映時間:

123分
4.0

おすすめの感想・評価

これはなんだ…?恋愛観察バラエティか…?男子は馬鹿で後先考えず突っ走るし、女子はずる賢くて変な時だけ連帯感発揮して、っ…

>>続きを読む

団地映画の傑作。執拗な顔面のクローズアップは、キスへの衝動やこぼれる涙へと昇華されるものの、人物の距離感や空間の構造と…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

社会主義に影響されて自由気ままに生きて来た女好きの元大学教授が末期ガンだと宣告された。 そんな父親から「資本主義の申…

>>続きを読む

この作品の公開当時は『アメリ』『グッバイレーニン』といった単館系ヒット作が次々と生まれ、俄かにミニシアターブームが活気…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

実在したひとりのユダヤ系ポーランド人ピアニストの視点を通し、ナチスによるユダヤ狩りの惨状が抑揚を抑えたトーンで描かれる…

>>続きを読む

何度見ても、覚えられないものは、覚えられないのに、一目見て、一生涯、思い出そうとすれば、はっきり思い出せるものも、生き…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

2000年代以降のアート系ヨーロッパ映画のアイコンになった感がある「アメリ」。 それまでエログロ映画しか配給しなかっ…

>>続きを読む

「愛されるキャラクターのアメリと美しく、独特な世界観に魅了されっぱなし」 アメリは変わったキャラクターのいわゆる不思…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

母と出かけた際にふらっと観ることになり、結果大当たりだった映画。 ムッシュ・カステラことカステラ社長、ムッシュ・カス…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

フランスにある「ヴィーナス・ビューティ」という店名のエステサロンで働くオーナーとエステティシャン3人。エステティシャン…

>>続きを読む

ジャンピエールジュネ監督はこのポスターのオドレイ・トトゥを見てアメリにキャスティングしたらしい。 なので主役かと思った…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

かわいい小物とかわいい服に囲まれたイザとマリーの自由気ままなその日暮らし。しかしその場所はどこか空虚だ。 フランス映…

>>続きを読む

渋谷TSUTAYA3/10。再鑑賞。 季節は冬。 好奇心旺盛でまっすぐなイザと、クールでちょっぴりドライなマリー…

>>続きを読む
>|