モントリオール世界映画祭 審査員特別グランプリ 受賞映画作品 5作品

モントリオール世界映画祭 審査員特別グランプリ 受賞作品。これまでに木村大作監督の散り椿や、宮藤官九郎が出演する幼な子われらに生まれ、ふしぎな岬の物語などが受賞しています。

映画賞で探す

  • おすすめ順

  • List view
  • Grid view

散り椿

上映日:

2018年09月28日

製作国:

上映時間:

112分
3.6

あらすじ

享保15年。かつて藩の不正を訴え出たが認められず、故郷・扇野藩を出た瓜生新兵衛(岡田准一)は、連れ添い続けた妻・篠(麻生久美子)が病に倒れた折、彼女から最期の願いを託される。 「采女様を…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

冒頭に、シーンと場違いな、儚く尊大なテーマ曲が流れることはTV時代劇ドラマのように。リフレインして効果を狙っているので…

>>続きを読む

《2018#211》 原作未読。  木村大作監督作品。前作の『追憶』が期待外れだったので今作もスルーしようかと思ってい…

>>続きを読む

幼な子われらに生まれ

上映日:

2017年08月26日

製作国:

上映時間:

127分
3.7

あらすじ

バツイチ子持ちで再婚した中年サラリーマンの主人公・信(浅野忠信)。二度目の妻・奈苗(田中麗奈)とその連れ子の二人の娘と共に、平凡ながらも幸せを感じて生活していた。 仕事への熱意はあまりな…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

浅野忠信さんが普通の役をしている。そんな違和感とともにまとわれる空気。必死で守ろうとする家族って誰のためのものなんだろ…

>>続きを読む

家族の形は色々…実の親子でもこじれた気持ちの持って行きどころは難しい。離婚が珍しくない今はもっと複雑な家族関係がたくさ…

>>続きを読む

ふしぎな岬の物語

上映日:

2014年10月11日

製作国:

上映時間:

117分
3.0

おすすめの感想・評価

非常に違和感を感じる作品でした。 映画のテーマがよく見えてこなかったんですよね。 感動?ほっこり?ファンタジック? …

>>続きを読む

岬の先にあるカフェの女主人と、そこに集う人々が織り成すドラマを描いた作品。里の住人たちが集う“岬カフェ”。店主の悦子が…

>>続きを読む

おやすみなさいを言いたくて

上映日:

2014年12月13日

製作国:

上映時間:

118分
3.8

あらすじ

【「おやすみなさい」のひとことに込められた想い。 それは母として、そして世界中の人たちの幸せを願うものだった。 <家族の絆>が問われたとき、その想いは届くのか―?】 紛争地帯をはじめ、世界…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

最小限の台詞と最大限の音楽効果で感情を思いっきり揺さぶる作品だった。 きっと大きく賛否両論別れる作品であり、人はそれ…

>>続きを読む

日本でも何かと話題の戦場ジャーナリストと、その家族の関係を描いた作品。久々に大きく心を揺さぶられた。 自らも報道写真…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

1959年。小説家の伊上洪作(役所広司)は、父・隼人(三國連太郎)の見舞いに行った湯ヶ島の両親の家から東京の自宅に帰っ…

>>続きを読む

「捨てられた」という、5文字の亡霊・・・ 母親と子(特にここでは息子)の絆を、真摯に綴った自伝的物語 親に捨てられた…

>>続きを読む