モントリオール世界映画祭 審査員特別グランプリ 受賞映画作品 4作品

モントリオール世界映画祭 審査員特別グランプリ 受賞作品。これまでに三島有紀子監督の幼な子われらに生まれや、阿部寛が出演するふしぎな岬の物語、おやすみなさいを言いたくてなどが受賞しています。

映画賞で探す

  • おすすめ順

  • List view
  • Grid view

幼な子われらに生まれ

上映日:

2017年08月26日

製作国:

上映時間:

127分
3.8

あらすじ

バツイチ子持ちで再婚した中年サラリーマンの主人公・信(浅野忠信)。二度目の妻・奈苗(田中麗奈)とその連れ子の二人の娘と共に、平凡ながらも幸せを感じて生活していた。 仕事への熱意はあまりな…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

バツイチ子持ちのおっちゃんが、新しい命の誕生を前に、前の家族や今の家族との関係性に悩み苦しむお話。 この手の話は、観…

>>続きを読む

家族 父と離れて暮らす娘 父と血のつながらない娘 そして妻、元妻 自分らしくあることが相手を傷つける 相手へ…

>>続きを読む

ふしぎな岬の物語

上映日:

2014年10月11日

製作国:

上映時間:

117分
3.0

おすすめの感想・評価

非常に違和感を感じる作品でした。 映画のテーマがよく見えてこなかったんですよね。 感動?ほっこり?ファンタジック? …

>>続きを読む

岬の先にあるカフェの女主人と、そこに集う人々が織り成すドラマを描いた作品。里の住人たちが集う“岬カフェ”。店主の悦子が…

>>続きを読む

おやすみなさいを言いたくて

上映日:

2014年12月13日

製作国:

上映時間:

118分
3.8

あらすじ

【「おやすみなさい」のひとことに込められた想い。 それは母として、そして世界中の人たちの幸せを願うものだった。 <家族の絆>が問われたとき、その想いは届くのか―?】 紛争地帯をはじめ、世界…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

ぬぬぬぬぬぬぬぬぬ。 唸る。 魂がえぐられる。 報道写真家レベッカ(ジュリエット・ビノシュ)は、コンゴの紛争地域で…

>>続きを読む

戦場に向かうフォトジャーナリストの話という前情報も入れぬまま観たもので、冒頭の自爆テロ集団の儀式のシーンで度肝を抜かれ…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

1959年。小説家の伊上洪作(役所広司)は、父・隼人(三國連太郎)の見舞いに行った湯ヶ島の両親の家から東京の自宅に帰っ…

>>続きを読む

「捨てられた」という、5文字の亡霊・・・ 母親と子(特にここでは息子)の絆を、真摯に綴った自伝的物語 親に捨てられた…

>>続きを読む