TAMA映画賞 特別賞 受賞映画作品 15作品

TAMA映画賞 特別賞 受賞作品。これまでに沖田修一監督のモリのいる場所や、濱津隆之が出演するカメラを止めるな!、バンコクナイツなどが受賞しています。

映画賞で探す

  • おすすめ順

  • List view
  • Grid view

モリのいる場所

上映日:

2018年05月19日

製作国:

上映時間:

99分
3.8

あらすじ

自宅の庭には草木が生い茂り、たくさんの虫や猫など、守一の描く絵のモデルとなる生き物たちが住み着いている。守一は30年以上、じっとその庭の生命たちを眺めるのを日課にしていた。普段、守一は妻の…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

《2018#154》 沖田修一監督のティーチイン付で鑑賞しました。 沖田監督は大好きな監督の一人なので直にお話が聞…

>>続きを読む

庭が宇宙につながる。いや、庭こそが宇宙ということか。 草や木に囲まれ、鳥や虫が生きる庭。画家・モリ(熊谷守一)は庭を…

>>続きを読む

カメラを止めるな!

上映日:

2018年06月23日

製作国:

上映時間:

96分
4.2

あらすじ

とある自主映画の撮影隊が山奥の廃墟でゾンビ映画を撮影していた。本物を求める監督は中々OKを出さずテイクは42テイクに達する。そんな中、撮影隊に本物のゾンビが襲いかかる!大喜びで撮影を続ける…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

※内容については一切わからないよう書いてます。 というか、たとえネタバレくらっても、そういう作品としての特異性よりもも…

>>続きを読む

内容の面白さというよりも丸々90分間計算され尽くされた展開と台詞に大拍手という意味での「面白い!」という感覚でした。ま…

>>続きを読む

バンコクナイツ

上映日:

2017年02月25日

製作国:

上映時間:

182分
3.7

あらすじ

タイの首都、バンコク。日本人専門の歓楽街タニヤ通りの人気店、「人魚」でNO.1 のラックは、イサーン(東北地方)からバンコクへ出稼ぎに出て5年が経った。日本人のヒモ、ビンを連れまわし高級マ…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

娼婦・楽園・植民地 をテーマに撮られた、ロードムービーであり男と女を取り巻く群像劇でありドキュメンタリーであり、さらに…

>>続きを読む

パッカパッカーをしていた頃に見たタイがスクリーンにそのまま写っていた。 バンコクには、旅と定住の境目を流れている人がい…

>>続きを読む

夜は短し歩けよ乙女

上映日:

2017年04月07日

製作国:

上映時間:

93分
3.7

あらすじ

クラブの後輩である“黒髪の乙女”に思いを寄せる“先輩”は今日も『なるべく彼女の目にとまる』よう ナカメ作戦を実行する。春の先斗町、夏の古本市、秋の学園祭、そして冬が訪れて...。 …

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

なるべく彼女の目にとまる、通称ナカメ作戦という名前負けの外堀を埋めるだけの行動で、大酒飲みで芸達者、縦横無尽な活躍をみ…

>>続きを読む

上映時間が同じ、メッセージと迷いに迷ったあげく、ちょっぴりメッセージのが観たくありつつも、コンディションてきにポップな…

>>続きを読む

夜明け告げるルーのうた

上映日:

2017年05月19日

製作国:

上映時間:

113分
3.8

あらすじ

寂れた漁港の町・日無町(ひなしちょう)に住む中学生の少年・カイは、父親と日傘職人の祖父との3人で暮らしている。もともとは東京に住んでいたが、両親の離婚によって父と母の故郷である日無町に居を…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

あまり、アニメに詳しくないのですが 立体感とのっぺり感の融合、やりすぎたアニメ表現(僕にはそう見えた)がとても可愛い。…

>>続きを読む

序盤とラストは素晴らしい! 湯浅監督待望の最新作! 湯浅監督の才能はすごすぎる。 彼のアニメーションにかける想いがと…

>>続きを読む

ディストラクション・ベイビーズ

上映日:

2016年05月21日

製作国:

上映時間:

108分
3.4

あらすじ

愛媛県松山市西部の小さな港町・三津浜。海沿いの造船所にふたりきりで暮らす芦原泰良と弟の将太。喧嘩に明け暮れていた泰良は、ある日を境に三津浜から姿を消す―。松山の路地裏、強そうな相手を見つけ…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

柳楽氏、あなたほんとに何者…。まったく娯楽としては見れなくて、そこそこ退屈しちゃったとはいえ心に迫るものがあった。 …

>>続きを読む

人を殴ることでしかエネルギーを発散できないなんて、勿体ないことこの上ない。そんなにエネルギーや体力や時間があり余ってい…

>>続きを読む

ジョギング渡り鳥

上映日:

2016年03月19日

製作国:

上映時間:

157分
3.7

あらすじ

モコモコ星人たちは想った、地球人は我々の創造主かも...? 長い旅を経て地球にたどり着いた途端、母船が壊れ、帰れなくなったモコモコ星人たち。それでも、とある町の人々をカメラとマイクで観察…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

フリーもインプロも本来は好きなわけで、この作品も意味の分からなさの中に面白味ないし愛着を見い出すべき作品なんだろうけど…

>>続きを読む

鈴木卓爾監督作品 [ジョギング渡り鳥] うん、予想の遥か斜め上を、 完璧に突き抜けていました! まったくもって理解不…

>>続きを読む

野火

上映日:

2015年07月25日

製作国:

上映時間:

87分
3.8

あらすじ

第2次世界大戦末期のフィリピン・レイテ島。 日本軍の敗戦が色濃くなった中、田村一等兵(塚本晋也)は結核を患い、部隊を追い出されて野戦病院行きを余儀なくされる。しかし負傷兵だらけで食料も困窮…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

 感想を挙げるのは9月になりましたが、鑑賞したのは8月15日です。鑑賞理由はこの月日から察せられるように、終戦の日だか…

>>続きを読む

【野火】 大岡昇平が自らの戦場での体験をもとにした同名小説が原作。 田村一等兵の視点で物語が展開するレイテ島での地獄め…

>>続きを読む

祖谷物語 -おくのひと-

上映日:

2014年02月15日

製作国:

上映時間:

169分
3.6

あらすじ

東京から来た青年・工藤は自然豊かな山里の「祖谷」で、自給自足生活を始めようとしていた。ところが、一見平和な村では、地元の土建業者と自然保護団体との対立や、鹿や猿から畑を守ろうとする人間と獣…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

これは 長いですよ〜ヽ(´o`; 死国に引き続き四国の映画です! 徳島県の山奥での話。 田舎を舐めんなよ〜って 田舎…

>>続きを読む

武田梨奈目的で鑑賞。 アクションは無いです。 祖谷での暮らしを描いた作品です。 かなり山奥の大自然の情景を期待して…

>>続きを読む

はじまりのみち

上映日:

2013年06月01日

製作国:

上映時間:

96分
3.5

おすすめの感想・評価

この映画大好き!こんなにもいい映画だったなんて。 劇場で見ればよかった。 原恵一は『オトナ帝国』と『百日紅』を観た…

>>続きを読む

🔶 昭和20年あたり(1、2年前になることも) 木下惠介さんが病人である母をリヤカーに乗せ疎開先まで行くストーリー…

>>続きを読む

恋の渦

上映日:

2013年03月30日

製作国:

上映時間:

140分
3.6

あらすじ

部屋コンに集まった男女9人。イケてないオサムに、カノジョを紹介するのが、今夜の隠れテーマだ。しかし、やってきたユウコのルックスに男は全員ドン引き。それでも無理矢理盛り上げようとするが、全て…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

うううおおおお!!! めちゃめちゃ面白かった!!! 誰やったか面白いゆうてたし、タダで観れるし、軽く見れそうやし、と大…

>>続きを読む

これがDQNの生態… もうね、始めの30分は正直苦痛。 日本語のはずなのに何言ってるかよくわからないし、お互いの関係…

>>続きを読む

KOTOKO

製作国:

上映時間:

91分
3.6

おすすめの感想・評価

 人の顔が二つに見えてしまう、まだ幼い息子大二郎を育てるコトコ。歌ってる時だけ世界は一つになり心を保つ事が出来た。強迫…

>>続きを読む

凄い映画を観てしまった。 人それぞれ感じかたは違うと思うけど、 躁鬱病、統合失調症のシングルマザー演じるCoccoが、…

>>続きを読む

SR サイタマノラッパー

製作国:

上映時間:

80分

ジャンル:

3.5

おすすめの感想・評価

「おれたちは…ここから…ソウルを…発信してるんだ」 「発信って…宇宙人かよ?」 今観てきた映画のワンシーンがよみがえ…

>>続きを読む

Microphoneから調子はどうだい? よくない コレ? コレ よくない? よくなく なくなく なくなくない? …

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

WOWOWで原田芳雄特集。これがラスト。 公開直後に原田芳雄が亡くなったことで映画の知名度が上がったイメージ。そして翌…

>>続きを読む

邦画のタスキみたいな作品だと勝手に思っていたので、絶対観たくてようやくタイミングが来ました。71歳で亡くなられた原田芳…

>>続きを読む

キャタピラー

製作国:

上映時間:

84分

ジャンル:

3.1

おすすめの感想・評価

若松孝二監督作品。戦争に行って負傷し四肢を失った男が、妻のもとに芋虫となって帰ってくるというはなし。 わたしは物心つい…

>>続きを読む

四肢を失い顔にも酷い火傷を負った状態で戦地から戻った久蔵は、お国のために戦った証である「勲章」と自分のことを軍神と祀る…

>>続きを読む