ゴールデングローブ賞 外国語映画賞 受賞映画作品 77作品

ゴールデングローブ賞 外国語映画賞 受賞作品。これまでにファティ・アキン監督の女は二度決断するや、イザベル・ユペールが出演するエル ELLE、サウルの息子などが受賞しています。

映画賞で探す

  • おすすめ順

  • List view
  • Grid view

女は二度決断する

上映日:

2018年04月14日

製作国:

上映時間:

106分
3.8

あらすじ

ドイツ、ハンブルク。生粋のドイツ人のカティヤはトルコからの移民であるヌーリと結婚する。ヌーリは麻薬の売買をしていたが、足を洗い、真面目に働き、息子も生まれ、幸せな家庭を築いていた。 ある…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

ダイアン・クルーガーが、普通のまっとうな妻&母親って訳ではないところがミソです。スタイル良いし美人だし、肝腎なときには…

>>続きを読む

愛する夫と息子を突然奪われたカティヤの苦悩に満ちた闘いと決断。もうね〜ずっと苦しい映画やけど凄く良い映画でした! ド…

>>続きを読む

エル ELLE

上映日:

2017年08月25日

製作国:

上映時間:

131分
3.5

あらすじ

ゲーム会社でCEOとして働くミシェル(イザベル・ユペール)は、ある日自宅で覆面を被った男に襲われる。自分のペースを崩さず日常生活を送るミシェルだったが、襲われた記憶がフラッシュバックし彼女…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

えっめちゃくちゃ面白い🤯これ最高じゃん!!! 主人公や周りの人はある種ヨーロッパ的な価値観を持った人。セックスしたか…

>>続きを読む

突如自宅で襲われた1人の女性 その事件は彼女にとってどんな影響を及ぼすのか? その事件をきっかけに滲みでる彼女の本性 …

>>続きを読む

サウルの息子

上映日:

2016年01月23日

製作国:

上映時間:

107分
3.7

あらすじ

1944年10月、アウシュヴィッツ=ビルケナウ収容所。サウルは、ハンガリー系のユダヤ人で、ゾンダーコマンドとして働いている。ゾンダーコマンドとは、ナチスが選抜した、同胞であるユダヤ人の屍体…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

アウシュヴィッツ強制収容所にて同胞の死体処理に従事している男が、ナチスに処刑された息子の遺体を秘密裏に土葬するための工…

>>続きを読む

久々に、このウルトラ能天気かつ、冷酷無比なバロッち君が、ディープに鬱入りました。 絶望しか描いてない。人間の狂気の果…

>>続きを読む

裁かれるは善人のみ

上映日:

2015年10月31日

製作国:

上映時間:

140分
3.6

あらすじ

入り江のある小さな町。自動車修理工場を営むコーリャは、若い妻リリア、そして先妻との間に生まれた息子ロマと共に、 住み慣れた家で暮らしている。1年後に選挙を控えた市長のヴァディムは、権力に…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

キェシロフスキが映画を撮るにつれてどんどん映像に凝り出していったのと対照的に、ズビャギンツェフは段々と映像よりドラマを…

>>続きを読む

どうしてこうなった。例え裕福でなくても、慎ましく暮らしていた普通の人々が、何故こんな凶悪な怪物に呑み込まれなくてはなら…

>>続きを読む

グレート・ビューティー/追憶のローマ

上映日:

2014年08月23日

製作国:

上映時間:

141分

ジャンル:

3.5

あらすじ

偉大なる美が集う永遠の都ローマ。 美の探求者が人生の最後に追い求めたものとは…? 真夏の夜の眠らないローマ。ジャーナリストのジェップは俳優、アーティスト、実業家、貴族、モデルなどが集うロー…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

壁にぶつかる不可解なアートや大人たちに搾取される少女の怒りと悲しみのアートなど、 理解できるものとできないものを含めて…

>>続きを読む

冒頭の華やかな且つ、卑猥さのあるディスコシーンで幕開けたストーリーから、一体どんなぶっ飛んだ話が始まるのかと想像した。…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

評点定まらずなのは、他にもこの監督の作品を観てみたいからだが、もしつけるとするなら、現状では、1点から2点の間。胸糞映…

>>続きを読む

久々のミヒャエル・ハネケ作品。 夫婦の愛に涙が止まりませんでした。ある日突然、病に倒れた妻を介護する夫、そして離れて暮…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

 11歳の娘の教育のため海外へ移民することを考えている妻だが、認知症の父親の看病のため夫は母国に残るという。そんな父親…

>>続きを読む

イラン映画...。というより自分は中東社会に馴染みないですが、言葉のトーンも英語のようだし、顔だけは別として描かれる日…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

映像:⭐️⭐️⭐️⭐️ 音楽:⭐️⭐️⭐️ ストーリー:⭐️⭐️⭐️⭐️ 泣ける:⭐️⭐️ 笑える: 怖い: ためにな…

>>続きを読む

2010年(デンマーク)スサンネ・ビア監督(女性) 原題: デンマーク語「Hævnen」=復讐、英題は「In a Be…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

 舞台は第二次世界大戦直前の北ドイツの小さな村で始まる。年老いた男の独白、1913年〜14年までの僅かな期間、診察帰り…

>>続きを読む

初めて劇場で観たハネケ作品で、審査員イザベル・ユペールの身内贔屓が確実にあったろうと思ったもののハネケが遂にパルムドー…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

アリ・フォルマン監督の失われた記憶を辿る戦争ドキュメンタリー。 レバノン戦争、パレスチナ難民キャンプ虐殺事件。 知識…

>>続きを読む

戦争アニメドキュメンタリー 主人公が経験したレバノン戦争の事をどういうわけか思い出せず 当時の戦友を訪ね歩き記憶を取…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

昏睡状態から目覚めたものの、左目以外を動かすことができない雑誌編集長ジャン=ドミニク・ボビー意識はハッキリしているにも…

>>続きを読む

全身麻痺、しかし僕は瞬きで何処へでも羽ばたいていける。 何不自由なく雑誌編集者として人生を謳歌していた彼は前触れもな…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

先日とあるネット番組で、硫黄島で3月24日19回目の日米合同慰霊祭が行われたこと、米軍兵士の遺骨は全て本国へ帰国し埋葬…

>>続きを読む

我々がこの島を守る1日には意味があるんです! クリント・イーストウッド監督 2006年製作 主演 二宮和也、渡辺謙…

>>続きを読む

パラダイス・ナウ

製作国:

上映時間:

90分

ジャンル:

3.7

あらすじ

パレスチナで自爆攻撃に向かう二人の幼馴染みの若者の友情の物語。イスラエル人プロデューサーと手を組んだパレスチナ人監督ハニ・アブ・アサドが、ヨーロッパ各国と共同で制作を行い、これまで語られる…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

サイードとハーレドは占領下で苦しんでいるパレスチナの若者だ。 ヨルダン川西岸地区のナブルスに住む。 自動車整備工場で働…

>>続きを読む

「パラダイスなう」  いわゆるパレスチナ問題。パレスチナに住み、常にイスラエル占領に不満を感じている若者の自爆テロを…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

パッケージから甘い爽やかなラブストーリーを想像したが全く違った。テーマは「尊厳死」であり、冒頭のシーンから終始重苦しい…

>>続きを読む

【飛行夢】 生存権。人は生きる権利を有している。 ならば逆に『死を選ぶ権利』はどうだろう。 尊厳死が騒がれてから数…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

アフガニスタンでは、タリバン政権前は女性の公務員や教職者も多かったが、タリバン政権時代には極端なイスラム原理主義により…

>>続きを読む

タリバン政権崩壊後のアフガニスタンで初めて製作された映画。 舞台は、タリバン支配下のカブール。主人公は、女性に対する…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

感想川柳「観た後の 虚脱感が ハンパない」 オール・アバウト・マイ・マザーが面白かったので、同監督の作品ということで…

>>続きを読む

かたやバレリーナ、かたや女闘牛士。 その神々しさに一方的に惹かれる男。 母親の面倒だけ見てきた世間知らずの若者、ベニグ…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

ダニス・ダノヴィッチ監督によるボスニア紛争を舞台にした反戦映画 セルビアとボスニアの中間地帯の塹壕で繰り広げられる敵…

>>続きを読む

紛争中のボスニアを舞台にユーモアを交えながらも戦争の本質を描いた戦争ドラマ作品。 1993年6月、ボスニア紛争の真っ…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

カンフー映画が好きな私にとってこの作品はちょっと異質な感じでしたね まず監督がカンフーとは結び付かないアン・リーです…

>>続きを読む

原題は「臥虎蔵龍」 これほど美しいカンフー映画もない。 それくらいストーリー、映像、アクション、音楽全てが美麗に流れる…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

1998年スペイン映画。 3回目。公開当時の初見は、設定にリアリティーがなくて共感出来ないと思って評価は低かった。でも…

>>続きを読む

WOWOWでペドロ・アルモドバル監督作品を立て続けに見た。まず1本目が世界の映画賞を総ナメにしたこの作品。かなり昔に見…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

「リオ・デ・ジャネイロオリンピック」が始まり、17年前に劇場で観た大好きなブラジル映画を想い出しましたのでご紹介します…

>>続きを読む

何となくパッケージの印象から、ありがちな御涙頂戴モノだと決めつけ、いままで避けていてゴメンナサイ。見た感じのキラキラし…

>>続きを読む
>|