放送映画批評家協会賞 オリジナル脚本賞 受賞映画作品 2作品

放送映画批評家協会賞 オリジナル脚本賞 受賞作品。これまでにトーマス・マッカーシー監督のスポットライト 世紀のスクープや、エマ・ストーンが出演するバードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)などが受賞しています。

映画賞で探す

  • おすすめ順

  • List view
  • Grid view

スポットライト 世紀のスクープ

上映日:

2016年04月15日

製作国:

上映時間:

128分
3.8

あらすじ

2002年1月、米国の新聞「ボストン・グローブ紙」が、カトリック教会の信じがたい実態を報じた。数十人もの神父による性的虐待を、教会が組織ぐるみで隠蔽してきた衝撃のスキャンダル。その許されざ…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

アカデミー賞受賞作。カトリック教会が児童にいたづらをしていたことを隠蔽していた事実を追求していくジャーナリストの話。し…

>>続きを読む

洒落にならない聖職者の犯罪。 犯罪シーンの描写はなく、また実際に犯罪を犯した神父も登場しない。嫌なシーンが無いのはあ…

>>続きを読む

バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)

上映日:

2015年04月10日

製作国:

上映時間:

119分
3.6

あらすじ

かつてスーパーヒーロー映画『バードマン』で世界的な人気を博しながらも、現在は失意の日々を送る俳優リーガン・トムソン(マイケル・キートン)は、復活をかけてブロードウェイの舞台に立とうとしてい…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

カメラワーク。 ドラム音。 自虐と幻想からなる 極度のブラックジョーク。 「バードマンあるいは (無知がもたらす予期…

>>続きを読む

擬似的なワンカット撮影が時間、舞台上と舞台裏、登場人物各々の主観、妄想と現実、映画自体のジャンル、その他様々な境界を越…

>>続きを読む