カンヌ国際映画祭 パルム・ドール 受賞映画作品 90作品

カンヌ国際映画祭 パルム・ドール 受賞作品。これまでに是枝裕和監督の万引き家族や、エリザベス・モスが出演するザ・スクエア 思いやりの聖域、わたしは、ダニエル・ブレイクなどが受賞しています。

映画賞で探す

  • おすすめ順

  • List view
  • Grid view

万引き家族

上映日:

2018年06月08日

製作国:

上映時間:

120分

ジャンル:

4.0

あらすじ

高層マンションの谷間にポツンと取り残された今にも壊れそうな平屋に、治と信代の夫婦、息子の祥太、信代の妹の亜紀の4人が転がり込んで暮らしている。彼らの目当ては、この家の持ち主である初枝の年金…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

映画館で観るべきかなぁーと思いつつ、なかなか足が向かなかった作品。 だって、是枝監督 作品は毎度、容赦なくメンタルをえ…

>>続きを読む

超ハイクオリティ邦画 都内荒川区の古びた昭和の雰囲気漂う平屋が舞台。貧乏家族がおばあちゃんの年金と、母親のクリーニン…

>>続きを読む

ザ・スクエア 思いやりの聖域

上映日:

2018年04月28日

製作国:

上映時間:

151分
3.5

あらすじ

周囲から信頼と尊敬を集める有名美術館の名キュレーターが発表した美術作品「ザ・スクエア」が、世間に思わぬ反響を生み、とんでもない大騒動へと発展していく、皮肉な運命の悲喜劇。主演は本作でブレイ…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

美術館の展示作品を鑑賞するタイプかと思ったら、映画そのものが「ザ・スクエア」という作品だった。 映画の中の登場人物は…

>>続きを読む

現代社会の人間と人間の関係を的確に描写しているのと映画セブンで提唱されていた無関心で波を立てずに乗り過ごすのが楽という…

>>続きを読む

わたしは、ダニエル・ブレイク

上映日:

2017年03月18日

製作国:

上映時間:

100分
4.0

あらすじ

イギリス北東部ニューカッスルで大工として働く59歳のダニエル・ブレイクは、心臓の病を患い医者から仕事を止められる。国の援助を受けようとするダニエルだったが、複雑な制度が立ちふさがり必要な援…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

国の給付制度は困ってる人を助ける為にあるはずなのに、なぜここまで苦しめられなければならないのか、疑問を通り越して怒りす…

>>続きを読む

私はケン・ローチの作品をどういうわけか沢山みてきた。『天使の分け前』、『この自由な世界で』などの社会的弱者への暖かいま…

>>続きを読む

ディーパンの闘い

上映日:

2016年02月12日

製作国:

上映時間:

115分
3.6

あらすじ

内戦下のスリランカを逃れ、フランスに入国するため、赤の他人の女と少女とともに“家族”を装う元兵士ディーパン。辛うじて難民審査を通り抜けた3人は、パリ郊外の集合団地の1室に腰を落ち着…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

スリランカの戦火から逃れてフランスで生きて行く三人家族。いや生きていく為に家族のふりをする家族を失った三人。 これは…

>>続きを読む

今日はカンヌ国際映画祭パルムドールの「ディーパンの闘い」を見てきました。 難民申請に有利だからと、見知らぬ女性と両親…

>>続きを読む

雪の轍

上映日:

2015年06月27日

製作国:

上映時間:

196分
3.7

あらすじ

カッパドキアに佇むホテル・オセロ。若く美しい妻と、離婚で戻ってきた妹と暮らす元舞台役者のアイドゥン。オーナーとして悠々自適に暮らす毎日だが、冬の訪れによって閉ざされいくホテルの中で、それぞ…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

カッパドキアに立つ霧 突然割られる窓 そこから始まる3時間16分のがちんこディベート大会 トルコなのにロシア文学がテ…

>>続きを読む

カンヌ国際映画祭パルム・ドール大賞の今作は、チェーホフの著作を元にした人間ドラマ、会話劇でした。 カッパドキアに佇…

>>続きを読む

アデル、ブルーは熱い色

上映日:

2014年04月05日

製作国:

上映時間:

179分

ジャンル:

3.8

あらすじ

運命の相手は、ひと目でわかる──それは本当だった。高校生のアデルは、道ですれ違ったブルーの髪の女に、一瞬で心を奪われる。夢に見るほど彼女を追い求めていたその時、偶然バーでの再会を果たす。彼…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

同性愛に気づいた少女の恋愛や成長を濃密に描いている作品です。 この作品、3時間弱の結構長い作品です。でも、その長い…

>>続きを読む

主演のレア・セドゥとアデル・エグザルポプロスが2度とこの監督の映画に出たくないと言ったほどにハードで監督の狂気に満ちた…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

《過去に観たハネケ作品をもう一度観直そう!ひとり企画》 久しぶり過ぎて↑↑↑こんな事を書くのが恥ずかしい。 『愛、…

>>続きを読む

「老い」に直面した夫婦の姿を描いた傑作だと思います。タイトルの「愛、アムール」以外に的確に当てはまるものは思いつきませ…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

マインドフルネス映画。 ショーン・ペンが「出来あがった映画観たら何の映画かさっぱりわかんなかったんだけど!(笑)」 …

>>続きを読む

2018年3月15日 『ツリー・オブ・ライフ』 2011年制作 監督、テレンス・マリック。 この監督さんの作品の『天国…

>>続きを読む

ブンミおじさんの森

上映日:

2016年01月09日

製作国:

上映時間:

114分

ジャンル:

3.6

あらすじ

腎臓の病に冒され、死を間近にしたブンミは、妻の妹ジェンをタイ東北部の自分の農園に呼び寄せる。そこに19年 前に亡くなった妻が現れ、数年前に行方不明になった息子も姿を変えて現れる。やがて、…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

暗がりと薄暗がりの撮り方・闇の撮り入れ方が、観やすさに配慮してある。それだけを褒めたい。 幽霊・精霊とかがあからさま…

>>続きを読む

静謐で美しい自然に囲まれたブンミおじさんの生活の中に突然現れる亡くなった妻の亡霊、猿の精霊・・・ と、想像していたより…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

パルム・ドールを受賞したミヒャエル・ハネケ監督作品。 薄々感づいてはいたけど犯人わからないんかい!っていうね笑 …

>>続きを読む

2019年1月3日 『白いリボン』2009年ドイツ・オーストリア・フランス・イタリア制作 監督、ミヒャエル・ハネケ。…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

移民が多いフランスが凝縮されている、ドキュメンタリーの様な映画。 どこの国も教育の現場は大変なのだと思う。 実際…

>>続きを読む

カンヌの季節ですね⛱ ってことで、10年前の受賞作を。 タイトルから、もっとハートフルな映画かと思ってたよ。 …

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

『エリザのために』がとても良かったので同監督のパルムドール受賞作であるこちらも鑑賞。いや〜さらに息の詰まる重さ、女子大…

>>続きを読む

ルーマニア映画。ある女子大生の人工妊娠中絶と、それを手伝う友人の一日を描いた物語。 とにかく出てくる人間が、老若男女…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

上映当時キリアン・マーフィ目当てで足を運び、ストーリーの重さにぐったり疲れて劇場を出た。 再度鑑賞してもやはり心にず…

>>続きを読む

グレートブリテン及び北アイルランド連合王国って、これ国の名前?!…めっちゃ長い〜(テストで正しく書けるかな) としか…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

ブルーノというダメ男くんの数日を、ただひたすら追いかける。 さてさて、この放置映画をどう処理すれば良いのだろう。 …

>>続きを読む

まんま子供の様なダメ男が主人公で、とにかくお金が一番であり、しかもまともに働かずに窃盗等でダラダラと過ごす日々・・・そ…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

ブッシュが大統領に当選した際のフロリダでの選挙疑惑や、同時多発テロ前後の彼の行動、ブッシュ家とビンラディン一族の意外な…

>>続きを読む

当時リアルタイムにニュースで観ていた戦争だったし始まりも結末も知ってるし沢山人が死んだのも知ってたけど、実際TVでは流…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

戦後…日本国憲法には国民の財産と命を守るために護身用武器の所持を認める一文が明記された… 銃刀法により未成年の武器所…

>>続きを読む

ガス・ヴァン・サントがタル・ベーラの影響で長回しに凝っていた頃に撮った、彼の最高傑作。 ある高校で起こる悲劇を多角的…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

 ロマン・ポランスキー監督作品。 第二次世界大戦下のワルシャワを舞台としたあるピアニストとホロコースト、戦争についての…

>>続きを読む

私の職場には 元ミュージシャンがいる 音楽だけでは 食べていけず 40歳を機に 郷里で派遣社員になった …

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

大事な息子を海の事故で失い後に残された家族たちが後悔や無念さ空虚感など色んな心情に苛まれながらも自分の心の中にその想い…

>>続きを読む

2001年 伊 ナンニ・モレッティ脚本/監督/主演 カンヌ国際映画祭パルム・ドール受賞 精神科医のジョバンニ(ナンニ…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

ミュージカルはひと通りレビューを書いておきたいな〜と久々の鑑賞。 既にセルマを待ち受ける数々の困難を知っているだけ、落…

>>続きを読む

史上最高の鬱映画とのことで、覚悟はしていたがこれは..... なんて気分の悪い映画なんだ 鬱というかひたすらイライラが…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

多分、今年最後の1本はダルデンヌ兄弟の『ロゼッタ』で鑑賞納め。 最後の最後で悲しい少女の物語をダルデンヌ兄弟の独特の…

>>続きを読む

 映画は冒頭、いままさに職を失わんとする主人公の姿がリアリティを持って描かれる。彼女は彼女なりに一生懸命働いたが、雇用…

>>続きを読む