カンヌ国際映画祭 パルム・ドール 受賞映画作品 90作品

カンヌ国際映画祭 パルム・ドール 受賞作品。これまでに是枝裕和監督の万引き家族や、エリザベス・モスが出演するザ・スクエア 思いやりの聖域、わたしは、ダニエル・ブレイクなどが受賞しています。

映画賞で探す

  • おすすめ順

  • List view
  • Grid view

万引き家族

上映日:

2018年06月08日

製作国:

上映時間:

120分

ジャンル:

4.1

あらすじ

高層マンションの谷間にポツンと取り残された今にも壊れそうな平屋に、治と信代の夫婦、息子の祥太、信代の妹の亜紀の4人が転がり込んで暮らしている。彼らの目当ては、この家の持ち主である初枝の年金…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

りんには"転んだんじゃなくてアイロンで火傷したんだ"ってことを言える人がまた現れるのかな 寝る前にお塩を舐めればお…

>>続きを読む

第71回カンヌ国際映画祭 パルムドール受賞作 映画を観た帰り道に大雨なのに傘もささない男の子が歩いていてふと この子…

>>続きを読む

ザ・スクエア 思いやりの聖域

上映日:

2018年04月28日

製作国:

上映時間:

151分
3.7

あらすじ

周囲から信頼と尊敬を集める有名美術館の名キュレーターが発表した美術作品「ザ・スクエア」が、世間に思わぬ反響を生み、とんでもない大騒動へと発展していく、皮肉な運命の悲喜劇。主演は本作でブレイ…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

『フレンチアルプスで起きたこと』が大好きなので楽しみにしてたけど、ホントこの監督は突かれたくないとこを突いてくるのがの…

>>続きを読む

皮肉たっぷりコメディ。 結構引き込まれてしまって、2時間半が全然長く感じませんでした。 まずタイトルからして、どんな話…

>>続きを読む

わたしは、ダニエル・ブレイク

上映日:

2017年03月18日

製作国:

上映時間:

100分
4.0

あらすじ

イギリス北東部ニューカッスルで大工として働く59歳のダニエル・ブレイクは、心臓の病を患い医者から仕事を止められる。国の援助を受けようとするダニエルだったが、複雑な制度が立ちふさがり必要な援…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

ケン・ローチ監督作品。大学の授業では何度もその名前を聞いていたものの、映画をちゃんと見るのははじめて。 去年ゼミの三…

>>続きを読む

これはあんまりだ。予想は出来た結末ではあるけれど、これでは幸も不幸も関係ないよ。 鑑賞前、「ダニエルブレイク?トニエ…

>>続きを読む

ディーパンの闘い

上映日:

2016年02月12日

製作国:

上映時間:

115分
3.7

あらすじ

内戦下のスリランカを逃れ、フランスに入国するため、赤の他人の女と少女とともに“家族”を装う元兵士ディーパン。辛うじて難民審査を通り抜けた3人は、パリ郊外の集合団地の1室に腰を落ち着…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

戦う管理人 2015年のパルムドール受賞作。 内戦下のスリランカから逃れるため、まったくの他人である女性と女の子を…

>>続きを読む

1983年から2009年まで続いたというスリランカ内戦について恥ずかしながら何も知らない。でも本作は内戦については余り…

>>続きを読む

雪の轍

上映日:

2015年06月27日

製作国:

上映時間:

196分
3.7

あらすじ

カッパドキアに佇むホテル・オセロ。若く美しい妻と、離婚で戻ってきた妹と暮らす元舞台役者のアイドゥン。オーナーとして悠々自適に暮らす毎日だが、冬の訪れによって閉ざされいくホテルの中で、それぞ…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

パルムドール受賞作品。面白かったー メイン登場人物達が住んでる家が資産家で、一生食うのに困らないという前提において…

>>続きを読む

2017年200本目、9月13本目の鑑賞 パルムドール受賞作品 180分以上ある長編作品 ヌリビルゲジェイラン監督 …

>>続きを読む

アデル、ブルーは熱い色

上映日:

2014年04月05日

製作国:

上映時間:

179分

ジャンル:

3.8

あらすじ

運命の相手は、ひと目でわかる──それは本当だった。高校生のアデルは、道ですれ違ったブルーの髪の女に、一瞬で心を奪われる。夢に見るほど彼女を追い求めていたその時、偶然バーでの再会を果たす。彼…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

誰だ青は寒色って決めたのは!全然熱いじゃねーか!! どこまでも青を着る! とりあえず思ったのは、日本っていつ…

>>続きを読む

炎は、外側の赤い部分が熱いように見えて、真ん中の青い部分が1番熱い… 冴えない人生を送る”はずだった”アデルが、本気…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

ミヒャエル・ハネケが描く愛の物語です。傑作。 ハネケが愛の物語?って思う方もいらっしゃると思いますが、安心してくださ…

>>続きを読む

評点定まらずなのは、他にもこの監督の作品を観てみたいからだが、もしつけるとするなら、現状では、1点から2点の間。胸糞映…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

マインドフルネス映画。 ショーン・ペンが「出来あがった映画観たら何の映画かさっぱりわかんなかったんだけど!(笑)」 …

>>続きを読む

2018年3月15日 『ツリー・オブ・ライフ』 2011年制作 監督、テレンス・マリック。 この監督さんの作品の『天国…

>>続きを読む

ブンミおじさんの森

上映日:

2016年01月09日

製作国:

上映時間:

114分

ジャンル:

3.5

あらすじ

腎臓の病に冒され、死を間近にしたブンミは、妻の妹ジェンをタイ東北部の自分の農園に呼び寄せる。そこに19年 前に亡くなった妻が現れ、数年前に行方不明になった息子も姿を変えて現れる。やがて、…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

夏の夜はずるい。懐かしくも切ないにおいが漂っているから。となりのトトロのような夏の森に、山月記のような切なさを添えた世…

>>続きを読む

そこにあるのは神秘の世界。フラッシュバックする輪廻転生、聖霊の森。この映画は切り取られたアートの連続。まるで名匠が描い…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

 舞台は第二次世界大戦直前の北ドイツの小さな村で始まる。年老いた男の独白、1913年〜14年までの僅かな期間、診察帰り…

>>続きを読む

初めて劇場で観たハネケ作品で、審査員イザベル・ユペールの身内贔屓が確実にあったろうと思ったもののハネケが遂にパルムドー…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

カンヌの季節ですね⛱ ってことで、10年前の受賞作を。 タイトルから、もっとハートフルな映画かと思ってたよ。 …

>>続きを読む

移民の多い地区の中学校の国語(フランス語)の授業の教室を中心に描かれたドキュメンタリータッチの作品。この映画では何かが…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

『エリザのために』がとても良かったので同監督のパルムドール受賞作であるこちらも鑑賞。いや〜さらに息の詰まる重さ、女子大…

>>続きを読む

ルーマニア映画。ある女子大生の人工妊娠中絶と、それを手伝う友人の一日を描いた物語。 とにかく出てくる人間が、老若男女…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

ケン・ローチ監督作品2本目の鑑賞。「わたしは、ダニエル・ブレイク」が凄く響いたので観てみた。この作品も凄く響くし刺さる…

>>続きを読む

ケンローチが描くアイルランド独立に関わる映画という事で、それなりの覚悟を持って観たが予想以上だった。 映画を観て泣き…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

ダルデンヌ兄弟作『ある子供』。初見。 なるほど、そう来たか。 タイトルは作中の赤ん坊ではなく、主人公の若い男を指すの…

>>続きを読む

【"ある子供"とは誰か】 ベルギーのとある町。ブリュノとソニアのカップルに子供が産まれた。しかし彼らは定職を持っておら…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

2000年代前半以降のPOVには 猫も杓子も あのゾンビ映画界のゴッド・ファーザー ジョージ・A・ロメロでさえ 「…

>>続きを読む

9.11の映画に興味があり、鑑賞。 2001年9月11日。 その時、大統領"ブッシュ"は何をしていたのか? テロの首…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

とても静かな作品…だけど… 内に秘めていたものが一気に爆発する… 17歳…多感で繊細で、危うくて、危なくて、儚くて……

>>続きを読む

Filmarks900本目に再鑑賞。昔は変わった映画だな、としか思わなかったけど今観ると撮影方法が天才的すぎて口が塞が…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

ポーランド人ピアニストのシュピルマンが、ドイツ軍の迫害から逃れて必死に生き延びたお話。 第二次世界大戦真っ只中のワル…

>>続きを読む

実在したひとりのユダヤ系ポーランド人ピアニストの視点を通し、ナチスによるユダヤ狩りの惨状が抑揚を抑えたトーンで描かれる…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

またまた来ました、地味ながら大傑作。息子の死というテーマだからといって、ドラマティックでベタベタでセンチメンタルな感動…

>>続きを読む

海の事故で息子を亡くした家族の物語。 事故の当日、約束通り二人でジョギングに行っていたらよかった‥。急用の電話を断り…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

この映画の世界観は理解出来ない人もいるでしょう。自分も苦手な分野です。 随所に出てくるミュージカルのシーン。 なんで工…

>>続きを読む

ラースフォントリアー監督作品 これは難しい映画でした。まず、その結末を受け入れるだけでも、相当心の準備が必要かと…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

突然 仕事をクビになったロゼッタ。職を探し始めるも、どこも彼女を相手にしてくれない。その苛つきに、アルコールとセックス…

>>続きを読む

 少女ロゼッタの貧しい生活を描く就活ムービー。しかし、一言で「就活」と言ってもロゼッタにとっての「労働」「仕事」は、あ…

>>続きを読む