アカデミー賞 脚本賞 受賞映画作品 80作品

アカデミー賞 脚本賞 受賞作品。これまでにジョーダン・ピール監督のゲット・アウトや、ミシェル・ウィリアムズが出演するマンチェスター・バイ・ザ・シー、スポットライト 世紀のスクープなどが受賞しています。

映画賞で探す

  • おすすめ順

  • List view
  • Grid view

ゲット・アウト

上映日:

2017年10月27日

製作国:

上映時間:

104分
3.9

あらすじ

ニューヨークに暮らすアフリカ系アメリカ人の写真家クリスは、ある週末に白人の彼女ローズの実家に招待される。若干の不安とは裏腹に、過剰なまでの歓迎を受けるものの、黒人の使用人がいることに妙な違…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

六義園です( ゚д゚) ジャケの顔が怖いww これ楽しみにしてたんですよねぇ♪ 「映画の常識を覆す…サプライズス…

>>続きを読む

アフリカ系アメリカ人の男性が 白人の彼女の実家に訪問する 心配してたよりも過剰に歓迎されて 面食らう彼氏 しかし、使…

>>続きを読む

マンチェスター・バイ・ザ・シー

上映日:

2017年05月13日

製作国:

上映時間:

137分
3.9

あらすじ

ボストン郊外で便利屋として生計を立てている主人公が、兄の死をきっかけに故郷のマンチェスター・バイ・ザ・シーへと戻り、16歳の甥の面倒を見ながら過去の悲劇と向き合っていく―。

おすすめの感想・評価

監督:ケネス・ロナーガン 公開:2017年 鑑賞:動画配信 「それは 壊れたわけじゃなく  きっと何かが通り過ぎただ…

>>続きを読む

アカデミー賞で脚本賞と主演男優賞の2部門を受賞している本作。作品賞としてもノミネートされ、『ララランド』と『ムーンライ…

>>続きを読む

スポットライト 世紀のスクープ

上映日:

2016年04月15日

製作国:

上映時間:

128分
3.8

あらすじ

2002年1月、米国の新聞「ボストン・グローブ紙」が、カトリック教会の信じがたい実態を報じた。数十人もの神父による性的虐待を、教会が組織ぐるみで隠蔽してきた衝撃のスキャンダル。その許されざ…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

アカデミー賞受賞作。カトリック教会が児童にいたづらをしていたことを隠蔽していた事実を追求していくジャーナリストの話。し…

>>続きを読む

洒落にならない聖職者の犯罪。 犯罪シーンの描写はなく、また実際に犯罪を犯した神父も登場しない。嫌なシーンが無いのはあ…

>>続きを読む

バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)

上映日:

2015年04月10日

製作国:

上映時間:

119分
3.6

あらすじ

かつてスーパーヒーロー映画『バードマン』で世界的な人気を博しながらも、現在は失意の日々を送る俳優リーガン・トムソン(マイケル・キートン)は、復活をかけてブロードウェイの舞台に立とうとしてい…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

カメラワーク。 ドラム音。 自虐と幻想からなる 極度のブラックジョーク。 「バードマンあるいは (無知がもたらす予期…

>>続きを読む

擬似的なワンカット撮影が時間、舞台上と舞台裏、登場人物各々の主観、妄想と現実、映画自体のジャンル、その他様々な境界を越…

>>続きを読む

her/世界でひとつの彼女

上映日:

2014年06月28日

製作国:

上映時間:

120分
3.6

あらすじ

近未来のロサンゼルス。セオドア(ホアキン・フェニックス)は、他人の代わりに想いを伝える手紙を書く“代筆ライター”。長年一緒に暮らした妻キャサリン(ルーニー・マーラ)に別れを告げられるも、想…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

愛する妻に去られて失意中の男(ホアキン・フェニックス)が、献身的に接してくれる自律したOS(オペレーティング・システム…

>>続きを読む

AIと人間の恋愛について斬新な切り口が話題を呼んだ本作。 2018年現在、再鑑賞してみるとそのリアリティ具合に強度が増…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

2017年記念すべき映画初めに選んだ一本! タランティーノ節が炸裂しまくったDは発音しないジャンゴ! 去年はヘイトフ…

>>続きを読む

クエンティン・タランティーノは多くの逸材を発掘してきましたよね。サタデー・ナイト・フィーバーで一斉を風靡しながらパッと…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

パリに行ってみたくなったなぁ、、、 そのときは雨が降ってほしい。 全体的なストーリーがロマンチック。 サルバドール…

>>続きを読む

"現在って不満なものなんだ。それが人生だから" 美しく、おもしろおかしい物語。 義理の親の出張に便乗し、婚約者のイ…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

以前にAmazonプライムで吹替版を見て 大失敗した作品。 字幕でちゃんと見なくては…と ずっと心に引っかかっていま…

>>続きを読む

何度観ても良い作品がある…意図的では無い、再放送でさえも つい見入ってしまう、手元にソフトを持っていたとしてもだ 本…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

【偉大な破壊に飢えて】 戦争映画のあるべき姿って色々あると思うんだけど、自分の口で戦争は悲惨だ定義するのではなく、あ…

>>続きを読む

爆弾処理班にスポットを当てた映画。 アカデミー賞を結構とってるだけあって面白かった いつ爆発するかわからない爆弾にグ…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

実在したゲイの活動家であり、アメリカで初めてゲイであることをカミングアウトしながら選挙に当選した政治家であるハーヴェイ…

>>続きを読む

まずミルク本人を画像検索をすると、似てる!ショーンペンて、怖〜い顔してるヤクザなイメージが強いけど、同性愛者で優しさが…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

16歳の子の妊娠の話だなんてどんなに重いのかと思ったけど、ジュノがあっさりしていて潔く賢く明るい子で、観ていておもしろ…

>>続きを読む

大学の図書館で鑑賞。 みたい映画が結構置いてある〜! 空き時間をうまく活用したい! 16歳で妊娠しちゃったジュノの話…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

家族の愛ってのは理屈じゃないんだな。例え財産を注ぎ込んで出版しようとした本が契約できなくなっても、例え思い描いた夢を色…

>>続きを読む

あれ、こんなに響く映画だったっけ。 この前、まだ二十歳そこそこの大学生の男とちょっと喋ってたら他愛無い話の流れから…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

この映画は、人種の坩堝アメリカ、ホンでもってとりわけその顕著なロスアンジエルスの底辺での人種の衝突(クラッシュ)を、追…

>>続きを読む

この映画に主人公はいない! 差別主義の警察官、無差別主義の夫婦、人身売買の中国人、アラブ系と勘違いされ迫害されるペル…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

は〜〜〜〜これは凝った脚本、唸らざるを得ないですね。 まずね、自分の中で顔芸☆コメディアンで確立されているジム・キャ…

>>続きを読む

Bjorkが昔から好きで彼女のMVもたまに見るんだけど、その中でも1996年リリースの「Hyperballad」は特に…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

ここまで酷いか?と思うレベルの日本の描写がそこかしこにあって多少ぐさっときたりはしたけれど、思い直してみたら、日本はや…

>>続きを読む

同じホテルに滞在する男女が出会い、そして別れまでが描かれている。 2人とも結婚をして愛する人や家族がいるのに心にポッ…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

感想川柳「観た後の 虚脱感が ハンパない」 オール・アバウト・マイ・マザーが面白かったので、同監督の作品ということで…

>>続きを読む

かたやバレリーナ、かたや女闘牛士。 その神々しさに一方的に惹かれる男。 母親の面倒だけ見てきた世間知らずの若者、ベニグ…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

これ、頭使うわー。『裏切りのサーカス』より難しい。登場人物多すぎな上に複雑過ぎる。 観る人を選びます。これはも…

>>続きを読む

【世界大恐慌】 ・時は1932年、イギリスではラムゼイ・マクドナルド(英首56)が『ブロック経済』を形成していた。…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

1/2の神話 15歳にして音楽雑誌ローリング・ストーン誌のライターとなり、ロックバンドのツアーに同行することになった…

>>続きを読む

『超私的音楽映画特集2018〜夏④』 15歳で「ローリング・ストーン」誌の記者として数々の伝説的なロックスターの取材…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

一言で言うと、アメリカのドロドロのドラマ。w という感じですが、 見終わった後、なんか悶々と考えてしまう映画でした。…

>>続きを読む

【理想と幸福における現代の贅沢な葛藤】 タイトルが 「アメリカン・ビューティー」だし ジャケットもなんかお洒落だし …

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

「これ20年前の映画なのか」って、観終わって静かに驚いてしまった。 時代不問のラブストーリー、絶世の美男美女、時代格差…

>>続きを読む

言葉の魔術師ウィリアム・シェイクスピアを主人公に、英米文学史に燦然と輝く「ロミオとジュリエット」の誕生秘話をドラマチッ…

>>続きを読む
>|