アカデミー賞 脚本賞 受賞映画作品 80作品

アカデミー賞 脚本賞 受賞作品。これまでにジョーダン・ピール監督のゲット・アウトや、ミシェル・ウィリアムズが出演するマンチェスター・バイ・ザ・シー、スポットライト 世紀のスクープなどが受賞しています。

映画賞で探す

  • おすすめ順

  • List view
  • Grid view

ゲット・アウト

上映日:

2017年10月27日

製作国:

上映時間:

104分
3.8

あらすじ

ニューヨークに暮らすアフリカ系アメリカ人の写真家クリスは、ある週末に白人の彼女ローズの実家に招待される。若干の不安とは裏腹に、過剰なまでの歓迎を受けるものの、黒人の使用人がいることに妙な違…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

「見応えあるスリラーの仮面の奥に潜む強烈なブラックユーモア」 人種差別というものは、自分たちより劣っている(と思っ…

>>続きを読む

「ブラック」ジョーク 比喩表現をそのまま具体化してしまった映画群というか…結局当事者でなければ解らない「感覚」を共有…

>>続きを読む

マンチェスター・バイ・ザ・シー

上映日:

2017年05月13日

製作国:

上映時間:

137分

ジャンル:

3.9

あらすじ

ボストン郊外で便利屋として生計を立てている主人公が、兄の死をきっかけに故郷のマンチェスター・バイ・ザ・シーへと戻り、16歳の甥の面倒を見ながら過去の悲劇と向き合っていく―。

おすすめの感想・評価

決して物語に派手さは無いが、素晴らしい俳優陣と日常を切り取るようなリアリティのある脚本で、人生の糧となる心に残る作品だ…

>>続きを読む

なんとなく、映画の終わりにはどれだけ腐った話でも絶望でも解決策を見つけて欲しいと思ってしまいます。 多分、無意識にオ…

>>続きを読む

スポットライト 世紀のスクープ

上映日:

2016年04月15日

製作国:

上映時間:

128分
3.8

あらすじ

2002年1月、米国の新聞「ボストン・グローブ紙」が、カトリック教会の信じがたい実態を報じた。数十人もの神父による性的虐待を、教会が組織ぐるみで隠蔽してきた衝撃のスキャンダル。その許されざ…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

なんだろう、観終えた後に適当な言葉が思いつかなかった、、 事件の概要や結末だけを見聞きしてもきっとこれほどまでにはピ…

>>続きを読む

おぞましい実話を、地元新聞社のチームの奮闘を通じて丹念に描き出した秀作。 2002年、アメリカの新聞『ボストン・グ…

>>続きを読む

バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)

上映日:

2015年04月10日

製作国:

上映時間:

119分
3.6

あらすじ

かつてスーパーヒーロー映画『バードマン』で世界的な人気を博しながらも、現在は失意の日々を送る俳優リーガン・トムソン(マイケル・キートン)は、復活をかけてブロードウェイの舞台に立とうとしてい…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

誤解を恐れずに言えば、「分からなくてもいい」映画だ。世界中の人たちすべてを救おうとするような親切な作品じゃない。ただ、…

>>続きを読む

ミニマルとマキシマムの対比が、そこかしこに見られる、ポストモダンな作品。 ラフマニノフや、チャイコフスキーの大編成オ…

>>続きを読む

her/世界でひとつの彼女

上映日:

2014年06月28日

製作国:

上映時間:

120分
3.6

あらすじ

近未来のロサンゼルス。セオドア(ホアキン・フェニックス)は、他人の代わりに想いを伝える手紙を書く“代筆ライター”。長年一緒に暮らした妻キャサリン(ルーニー・マーラ)に別れを告げられるも、想…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

2018年8月4日 『her/世界でひとつの彼女』2013年製作 監督、スパイク・ジョーンズ。 ロサンゼルス。近未来…

>>続きを読む

コンピュータがさらなる進化を遂げた近未来を舞台に、 傷心の作家が女性の人格を有した人工知能(AI)型オペレーティング・…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

なんだこの映画は!!! 凄いの一言です。 妻を取り戻すために復讐する様を描いた作品。 オープニングからエンディング…

>>続きを読む

目を覆いたくなるような 虐待シーンを見せつけて 見る側に不快感を植え付けてからの 爽快な復讐劇。 不謹慎だけど、 人を…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

自分の職業と趣味的にこの作品はかなり興味深いと思ってました。 12時の鐘が鳴ると1920年代のパリにタイムスリップ…

>>続きを読む

ルソーを描いた(楽園のカンヴァス) ドガ、マティス、セザンヌ、モネを描いた (ジヴェルニーの食卓) ピカソを描いた(暗…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

【英国は期待する、各員がその義務を果たすことを】 ドイツ軍のポーランド侵攻に伴いイギリスは宣戦布告。 ジョージ6世は家…

>>続きを読む

はぁ〜こういうの大好きだなぁ〜。 フィルマ人の皆さんはほとんど見ているので説明不要ですが・・ 吃音症に苦しみ内気な性格…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

満足度100%、緊張度200%! 戦場の爆弾処理班を題材にした映画は初めてで楽しみでした。 「ブラックホークダウン…

>>続きを読む

【英雄か、被害者か】 2004年 イラク 爆弾処理班の過酷さを描いた作品 爆弾処理班はかなり危険な任務であり 常に…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

2018年は同性愛者の権利運動家ハーヴィ・ミルクの40周忌。本作が公開されたのは、亡くなってから30年後の2008年だ…

>>続きを読む

実在したゲイの活動家であり、アメリカで初めてゲイであることをカミングアウトしながら選挙に当選した政治家であるハーヴェイ…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

興味本位な気持ちが招いた 16歳の妊娠…というあらすじ。 だけど重くないし、何より主人公である変わり者ジュノがとびきり…

>>続きを読む

16歳の子の妊娠の話だなんてどんなに重いのかと思ったけど、ジュノがあっさりしていて潔く賢く明るい子で、観ていておもしろ…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

設定はマイナス要素に溢れている。ダメダメな家族で全然イケてない。しかし、世界を包む空気には寒々しさはなく、軽やかでほん…

>>続きを読む

『カメラを止めるな』の劇場を後にしながら、ふっとこの映画が浮かんだ。 ぜんぜん内容違うけどw、私にとってはどちらも、転…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

「クラッシュ」 原題「Crash」 2006/2/11公開 アメリカ作品 2018-176 アカデミー賞作品賞再鑑賞シ…

>>続きを読む

ロサンゼルスで起きたある交通事故を起点とした、人と人との心の衝突を描いた群像劇。 様々な人種が暮らすアメリカ合衆国。…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

【“さよなら”の代わりに記憶を消した】 恋人同士が喧嘩して、お互いに思い出を消す手術を受けるお話。 DVDを誰に貸…

>>続きを読む

この映画みたいに記憶を消せるとしたら…恥ずかしい失敗や、うまくいかなかった人間関係とか真っ先に消去したい😨 カッコ悪…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

スカーレット・ヨハンソンは 昔から知っているのに、 毎回、作品のたびに、初めて出会った ような気持ちになる。主演ではな…

>>続きを読む

女流監督として独特なセンスを発揮するソフィア・コッポラ監督が、東京都心を舞台にして撮影した作品。 「コッポラ」という演…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

スペインの名匠ペドロ・アルモドバル監督による異色作。 静かな映画、と思いきや、うかうかしてると置いてかれる。 病室…

>>続きを読む

「言葉じゃ全ては伝わらない。 だけど、言葉じゃなければ分からない」 そうなのですよねえ。 「以心伝心」とか「目は口程…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

これ、頭使うわー。『裏切りのサーカス』より難しい。登場人物多すぎな上に複雑過ぎる。 観る人を選びます。これはも…

>>続きを読む

【世界大恐慌】 時は1932年、 英国ではラムゼイ・マクドナルド(英首56) がブロック経済を形成していた。 …

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

1/2の神話 15歳にして音楽雑誌ローリング・ストーン誌のライターとなり、ロックバンドのツアーに同行することになった…

>>続きを読む

『超私的音楽映画特集2018〜夏④』 15歳で「ローリング・ストーン」誌の記者として数々の伝説的なロックスターの取材…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

なんだか、とても癒された映画。 気になったシーンなと、ある「感覚」 ・静的な映像 青年リッキーは映像を撮る。ただ…

>>続きを読む

DVDの説明書きには、”ある家庭が崩壊していく様をシニカルに描いた傑作ドラマ!”とあるが(この方が説明しやすいんだけど…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

「恋におちたシェイクスピア」 原題「Shakespeare in Love」 1999/5/1公開 アメリカ作品 20…

>>続きを読む

女神の見えざる手の監督 ジョン・マッデンさん (男性) の恋におちたシェイクスピア。 脚本 : トム・ストッパード…

>>続きを読む
>|